FC2ブログ

滝又の滝

滝又07

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差20m 分岐瀑
京都府京都市右京区京北細野町北谷

国道162号線の笠トンネルと京北トンネルの間の信号を北東へ曲がります。
すぐに集落内で道が細くなっている箇所があり、ハイエースとかだと民家の屋根に当たるんじゃないか?と一瞬思うぐらいですが、恐らく実際には通れると思います。
でもハマーは無理かな?(笑)
そこから300mほど進むと、右手の橋に滝の案内板があり、その反対側には広い駐車スペースがあります。

滝又01

ここから渓流沿いの滝見道を何度か渡渉しながら進んで行きます。
川の水量は少ないので楽に渡れますが、簡易的な木の板も一応設置されていました。

滝又02

前半はいかにも「滝を見に行くぞ~」という感じの自然に包まれた歩き易い道だったのですが、いきなり足元が石畳になったかと思うと、目の前に大きな石門が現れました。

滝又03

そこから先の山肌には最近作られたであろう石仏が次々と並んでいて、ちょっと違和感があります。

滝又04

石仏を見ながら少し進んだ辺りには真新しい案内板がありました。
どうやらこの石仏群は、山の上に向かってまだまだ続いているようです。

滝又05

しかし滝へはここで逸れて右に進みます。

滝又06

ここからまた川沿いの道に戻ると、割とすぐに滝が見えてきました。
京都市内にある滝の中では大きな部類です。

滝又07

ただ、普段から水量は豊かではないようで、この日も左半分しか流れていませんでした。
右側にも水の流れが現れると、なかなか見栄えのいい分岐瀑になりそうですが、今のような状態では段瀑っぽく見えます。

滝又08

水量が多そうな日に近くに来た際には、また寄ってみようと思います。

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



無明の滝

無明02

迫力 
癒し 
アクセス ★★★★★

落差40m 分岐瀑
京都府京丹後市久美浜町市野々

国道482号線又は府道706号線から府道671号線へと進みます。
久美浜町市野々の集落に入り、案内板に従って川上谷川に沿って走ると、間もなく獣除けゲートがあります。

無明01

ゲートを越えると舗装林道でそれほど距離もありませんが、道幅が狭く少し荒れているので大型車には向いていないと思います。
また、滝を越えて少し進んだ所まで転回スペースはありません。
ジムニーなので苦も無く滝まで到着しましたが…
なんと!水がありません(泣)

無明02

京丹後ではトップクラスの落差を誇る滝ですが、大雨の後でないとその雄姿を見る事は難しいのかも知れません。
ちゃぴおリベンジリストに滝がまた1つ追加されました。

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

不動の滝(網野)

網野不動03

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差8m 分岐瀑
京都府京丹後市網野町木津

国道178号線から府道666号線を南に入って1kmほど行くと、大きな右カーブの所に案内板とお堂が見えます。
お堂前は駐車禁止ですが、広い路肩に数台分のスペースがあります。

網野不動01

そこから歩いて1分足らずで、滝と下流の流れが見えてきます。

網野不動02

他の滝への移動のついでに寄った滝でしたが、ついででは失礼なぐらい美しい流れの滝でした。

網野不動03

網野不動04

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

霧降りの滝

霧降り02

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差21m 分岐瀑
京都府京丹後市網野町新庄

去年の秋に始めた滝巡りも、約1年で無事に100滝クリアしました♪
たまに日帰りで遠出はするものの、少しでも多くの滝を見たくてお手軽滝ばかりで、「頑張った」と言えるのは迷滝ぐらいのものです。
基本的に単独行動なので、人気の無い山奥でもし何かあったら…というのも理由の1つです。
でもせっかく名瀑の宝庫である紀伊半島も近いので、これからは少し難易度の高い滝にもチャレンジしていこうと思います。
↓とは言うものの、これも当然のようにお手軽滝です(笑)

網野駅から国道178号線を南西に約500mのY字路を左に入り、案内板に従い道なりに進むと終点の駐車場に着きます。
この日は途中から工事のため通行止めだったので、横を並走している迂回路(農道?)からのアクセスでした。
終点には4~5台分の駐車場とトイレがあり、そこから遊歩道を5分ほど歩くと滝が見えてきます。

霧降り01

水量はそれ程多くはありませんが、綺麗な流れで見栄えの良い滝でした。
台風後などで増水すると、逆にこの滝の良さが消えてしまうのかも知れません。

霧降り02

霧降り03

手軽に期待以上の滝を見られて大満足です♪

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

千丈ヶ滝

千丈ヶ滝05

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差25m 段瀑
京都府福知山市大江町佛性寺

府道9号線を走り宮津市から福知山市に入ってすぐ、「酒呑童子の里」の案内に従って西へ入ります。
この辺りは鬼のテーマパークのような施設がいくつかあり、それを過ぎると滝の案内板があるので、分岐を右に降りると駐車スペースです。

千丈ヶ滝01

千丈ヶ滝02

駐車場の奥から河原に出ると、川の流れに対して横向きに落ちるメインの滝が見えました。

千丈ヶ滝03

ここから下流の小滝を巻いて上がるのですが、右岸の藪の中を抜けるのが一般的なルートだと思います。
岩伝いに左岸側に渡渉してから、崩落した赤土の斜面からも上がれそうに見えます。(実際、降りる時にはこちら側を通りました。)

小滝の上に到達すると開けたナメ状のスペースに出て、相変わらず斜め横向きの滝が流れていました。
横からだとかなり細く見えますが、水量も豊富で勢いのある長い滝です。
先程から「下流の小滝」と表現している部分も含めて千丈ヶ滝で、以前は段瀑と分岐瀑がミックスされたような個性的な流れの大きな滝でしたが、数年前の土砂災害で完全に形が変わってしまったそうです。
入口の案内板にある「入」という漢字に似ているのが本来の形なのでしょう。

千丈ヶ滝04

滝の正面側に廻ると、ちょうど日差しが滝の流れを直撃しており、肉眼で見ていても白飛びするほどです。
色んな角度から撮ってみましたが、なんとか写真になったのはこのアングルのみでした。

千丈ヶ滝05

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ