FC2ブログ

神水瀑

神水瀑02

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差15m 直瀑
和歌山県東牟婁郡古座川町一雨

国道371号線と県道38号線の共用区間から明神小中学校方面へ東に曲がり、小学校の手前から林道に入ります。
林道入口に案内板はありますが、この周辺地域の滝の案内板には独特の古印体のフォントが使われており、パッっと見ただけでは"神水瀑"とは読みづらいです。
林道を進むとやがて滝への入口がありますが、周辺に駐車スペースが無いので、少し先の橋の辺りに停めました。
歩いて林道を下ってくると、入口の下に滝が見えています。

神水瀑01

ここから降りていくとすぐに滝の前に到着します。

神水瀑03

滝壺がとても綺麗で、周辺の苔や落ち口の岩の感じも幻想的です。

神水瀑02

"神水瀑"というネーミングはナイスですね♪
本当に神様が現れそうな神秘的な空間でした。

来訪日 2020年1月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



雫の滝

雫の滝03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差30m 段瀑
和歌山県西牟婁郡すさみ町小河内

琴の滝から県道38号線を東に約5km進むと滝への入口があり、やや広くなった周辺の路肩に数台駐車できます。
ここから階段を降りて河原まで数分ですが、帰りの登り階段は結構疲れます。

雫の滝01

訪れるまでは大きめの渓流瀑ぐらいのイメージだったのですが、実際に目にすると落差30mは伊達ではなく、横幅もある大きな滝です。
さらに水量も豊富で、水飛沫を上げながら豪快に流れています。
写真のイメージと“雫”というワードから優雅な滝をイメージしてしまいますが、実はパワータイプの滝でした。

雫の滝03

滝の前の河原はそれなりに動き回れますが、見えるアングルはほぼ同じで、滝に近いか遠いかだけで同じような写真になってしまいました。

来訪日 2020年1月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

琴の滝

すさみ琴の滝04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 直瀑
和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見

紀勢自動車道のすさみICから県道38号線を東へ3km走り、琴の滝荘への分岐を左へと下ります。
琴の滝荘に駐車した場合、そこから上流まで渓谷沿いの遊歩道があります。
最上流の琴の滝まで数々の小滝が連続していますが、落差1m前後の本当に小滝です。
琴の滝だけが目当てであれば、遊歩道のさらに左の林道から車で一気に上がる事もでき、滝入口の橋の先に1~2台駐車可能です。

すさみ琴の滝01

橋の脇にある入口から入ると、すぐに滝が見えてきます。

すさみ琴の滝02

すさみ琴の滝03

落差は20m、岩に沿って滑らかに落ちるタイプの直瀑で、ストーンと落ちる直下型ではなく、やや斜瀑気味の滝です。

すさみ琴の滝04

雨上がりの空はまだ雲に覆われていましたが、陽が差すと綺麗な色に輝く滝壺が見られそうです。

来訪日 2020年1月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

鍋津呂谷の滝

鍋津呂谷04

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★

落差5m 直瀑
和歌山県西牟婁郡白浜町久木

八草の滝から引き返して日置川沿いを歩きます。
それにしても綺麗な色だこと♪

鍋津呂谷01

素堀りの隧道手前の分岐まで戻ると、今度は真ん中の道に入ります。
道とは言っても、古い水路跡の上を歩く感じです。
左上に見えているのが庄川まで続く道で、右下には行きに渡った倒木の橋がある沢が流れています。
この水路跡は足場が悪い箇所もあるので、思い切って沢を遡行するほうがスムーズだったかも知れません。

鍋津呂谷02

分岐から15分ほど歩くと、何とも言いようのない異空間に辿り着きました。

鍋津呂谷03

青く透き通った水と周りを板状節理に囲まれたスペースで、右岸の階段状になった節理は本当に階段のように昇り降りできます。
そしてこの右奥に滝が落ちていました。

鍋津呂谷04

まるで古代建造物のようにも思える水の回廊です。
滝のある部分の岩は、一見すると堰堤かのように見事な平面になっています。
落差はそれほどではありませんが、下流部も含めて見飽きる事のない滝でした。

鍋津呂谷05

カメラが傾いている様にも見えますが、ここも八草の滝と同じく左下がりの節理です。
水面だけが水平位置を示しているはずなのですが…。

鍋津呂谷06

周囲を斜めになった節理に囲まれていると、平衡感覚がどんどんおかしくなり、どれが水平なのか分からなくなりました(笑)

来訪日 2020年1月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

鼻白の滝

鼻白の滝

迫力 ★★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差83m 段瀑
和歌山県新宮市熊野川町能城山本

国道168号線から田長川沿いの林道を西へ曲がります。
以前はこの角に有名な食堂があったそうですが、今では更地になり護岸工事が行われていました。
そこから10分ほど走ると鼻白滝入口で、路肩に2台ぐらい駐車可能です。

鼻白01

遊歩道を進むとすぐに下段の滝が見えてきますが、滝の直前ぐらいで大きく崩落していて立入禁止の看板がありました。
崩落地はしっかりした岩場のようになっているので、さらに進むことは出来そうです。
但しあくまでも自己責任という事で…。

鼻白02

下流の大きな岩を乗り越え進むと、やがて下段の滝壺に到着。
水量も多く水飛沫を上げながら豪快に流れる滝です。
この位置からでは上段はチラっとしか見えませんが、むしろ上段のほうが落差もあり見応えがあるようです。

鼻白の滝

下段の滝の左岸の岩場を登って上段にも行けそうですが、この日はここまでにして遠望ポイントに移動しました。

鼻白04

遊歩道入口から林道をさらに進み途中にある立派な無名滝を過ぎると、数分で遠望ポイントに到着しました。
上下段共に雄大で貫禄のある滝です。

鼻白05

紀伊半島中南部にはこんな滝がゴロゴロと…、さすがは滝天国です♪
ここからさらに林道を進んで行くと、上段の滝口にも行けるそうです。

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ