FC2ブログ
“滝”初心者ですが、身近な関西から徐々にエリアを広げ、各地の名瀑を堪能したい!
桑ノ木の滝《日本の滝百選》
桑の木04

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差21m 直瀑
和歌山県新宮市相賀

国道168号線の新宮市街地寄り、相賀橋北詰の交差点から県道230号線を西に向かいます。
2kmほど進むと左手に桑ノ木滝の看板があるので、反対車線側の路側帯に駐車します。
駐車場になりそうな空き地はありますが、現在封鎖されているようでした。

看板横から小さな橋を渡って遊歩道へ向かいますが、看板には手書きで「五月中頃マムシあり ふめばかまれる」の脅し文句が…。
ちょうど今日、5月中頃なんですけど(笑)

桑の木01

そこからは綺麗で緩やかな流れの渓流に沿った遊歩道を進みます。
苔生した緑豊かな場所で、森林浴気分も味わえました。
若干狭い箇所はありますが、アップダウンがあまり無く歩きやすいです。
結局マムシは見掛けませんでしたが、真っ赤なサワガニが沢山歩いているので、気を付けないと踏んでしまいそうでした。

桑の木03

そして15分ほど歩くと滝前に到着しました。
木々に囲まれてやや薄暗いので、それが逆にこの滝の魅力を引き立てているようです。
夕方の訪問でしたが、朝の光芒や木漏れ日の時間帯も良さそうです。
百選の滝にしては小さいですが、滝下の流れや周囲の緑なども含めたトータルポイントは高く“和”を感じられる滝です。

桑の木04

桑の木05

滝の下部は段瀑や分岐瀑の要素も含んだ複雑な流れをしていました。

桑の木06

来訪日 2019年5月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

次の滝
次の滝12

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差46m 直瀑
和歌山県有田郡有田川町延坂

虚空蔵の滝の少し西、県道183号線沿いに製材所が何軒かある辺りに滝の看板が出てきます。
そこから案内に従って北へ上がると、右手に延坂第1中継所という建物があり、その前が4~5台ほどの駐車場になっています。

次の滝01

そこから徒歩で向かいますが、この看板の横は民家の入り口で、もう1筋先の角を右へ入ると滝への道です。

次の滝02

次の滝03

5分ほど歩くと視界が開け、正面に滝が遠望できます。
和歌山県では那智の滝に次ぐ落差があるという意味でこう名付けられたそうですが、実際には他にもっと落差のある滝が和歌山には存在しています。
とは言え、水量は少ないもののなかなか見応えがあります。

次の滝04

せっかくなので桜も入れてみました。

次の滝05

ここから更に左へ進むと、滝壺まで行くことが出来ます。

次の滝06

次の滝07

1年前の記事で、滝壺への道は崩壊していて通れないというのを見かけましたが、すでに復旧しているようです。
想像よりは距離も短く、意外にあっさりと滝前に到着しました。
そして、滝の裏側に入り裏見も出来ます。

次の滝08

この場所から更に下へ降りると滝壺へ行くことが出来ます。
下の写真の口を開けているような所が、先程いた裏見の地点です。

次の滝09

若葉と枯れ草が混在してゴチャっとして見えますが、滝の上部です。
水の流れが岩を丸く削り、ボブスレーのコースのようになっていました。

次の滝11

今まで雨男っぷりを如何なく発揮してきたのに、今日は超が付くほどの晴天です。
滝の上と下で明暗差がありすぎ、思うように写真が撮れませんでした。
カメラは防水のアウトドア仕様FinePixとスマホ(AQUOS)を使っていますが、シャッタースピードを調節できるAQUOSのほうがまだ少しマシです。
訪問した時間帯も悪いのですが、元々写真の腕が無いうえにこの晴天と落差ではお手上げでした。
帰ったら楽天市場で次のカメラ探しをします。

次の滝12

来訪日 2019年4月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

虚空蔵の滝
虚空蔵04

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★

落差35m 段瀑
和歌山県有田郡有田川町生石

有田川町内の県道183号線、はやつき農園の建物の分岐を北へ入り生石高原方面へ向かって細い山道を上がります。
しばらく走ると集落内の右手に専用駐車場があります。
滝の上流(北側)にも道がありますが、東側からアプローチするのが正解なようです。

虚空蔵01

駐車場の正面に滝へと向かう入り口があります。

虚空蔵02

下の写真の辺りは綺麗で歩きやすいのですが、竹が倒れて道を塞いでいたり、草木が茂って所々ルートが不鮮明だったりで少々荒れ気味です。
夏場に藪が生い茂ると手こずりそうな道でした。

虚空蔵03

斜面を下って谷に出ると、間もなく滝が見えてきます。
あまり人が訪れないのか、滝前も少し荒れていました。

虚空蔵04

虚空蔵05

落差35mの2段の段瀑ですが、この位置からでは上段は見えません。
上段へ行けない事もないようですが、藪が生い茂った急斜面で、ちょっと大変そうなのでパスしました。
ちなみに、駐車場の少し北側の道から、木々の隙間にチラっと姿が見える事もあるようです。

虚空蔵06

虚空蔵07

来訪日 2019年4月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

金剛の滝
花園金剛02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差15m 分岐瀑
和歌山県伊都郡かつらぎ町花園新子

高野山から有田川沿いの国道480号線を南西に向かうと金剛緑地オートキャンプ場があり、その敷地内に滝があります。
車を停めてすぐ滝に行けますが、滝前には吊り橋と野猿、滝横には恐竜のオブジェ?と水車、上流には建造物があるので、滝だけを撮るのは少し苦労します。

花園金剛01

花園金剛02

かつてこの地域では大規模の土砂災害があり多数の死者が出たそうです。
その時の土砂崩れにより有田川が埋まり堰き止められました。
水の流れを作る為に土砂を取り除いた際に生まれたのがこの滝だそうです。
人の手が加わっているので人口滝という分類にはなりますが、ある意味自然が作ったものと言えるかも知れません。

最後に、滝と桜とドラゴンを…。

花園金剛03

来訪日 2019年4月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

文蔵の滝

文蔵1

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差10m 直瀑
和歌山県伊都郡かつらぎ町東谷

大阪と和歌山を結ぶ国道480号線。
つい最近まで細く険しい林道で、できれば避けたい道でしたが、長く立派なトンネルが開通して非常に走りやすい道になりました。
大阪側からだと2つ目のトンネルを抜けてすぐ左折、少し坂を登ると10台ほど停めれそうな無料駐車場があります。
そこから歩くこと2~3分、こじんまりとした神社らしきものが見えてきます。

文蔵2

鳥居の上にわずか見える白いものが滝ですが、この先に道は無い?どうやって行くの?
どうやら鳥居の左側を流れる小川に入るしか道は無さそうです。

文蔵3

画像ではトリックアートのように中央の岩が一番手前に見えなくもないですが、左右の岩が手前で中央の岩が奥です。
滝自体はこの場所からは見えませんが、簡単に言うと上から見るとC型になった筒に滝が流れ込み、Cの切れ目の部分から外に流れ出てるイメージです。
どうしても「足が濡れるのがイヤ!」という方はここまでで終わりですが、せっかくなので奥に進んでみましょう。
左の岩にロープが打ち付けてあり、それを伝って奥に入ることができます。

文蔵1

文蔵4

中は意外と狭く、ものすごい水しぶきです。
狭くて滝が近い為、広角レンズでもないと滝全体を捉えるのが難しそうなので、少し戻った川の中から撮ってみました。
規模は大きくないですが、特徴的でなかなか面白い滝でした。

文蔵5

この日は国道を挟んだ反対側にある三重の滝にも行きたかったのですが、台風災害により道路が通行止めだったので、またいつかリベンジします。

※話は変わりますが…
最近林道を走る機会が多くなったせいか、衝動で中古のジムニーを買ってしまいました。
マフラー替えて…足回り替えて車高を上げて…バンパー切って…あれもして…これもして…全て自力でイジっていきます。
ある意味「大人のおもちゃ」です(笑)

来訪日 2018年9月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用