FC2ブログ

母衣暮露滝

母衣暮露滝10

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差30m 段瀑
徳島県吉野川市美郷

あまり有名な滝ではないようですが、「ひっそりした山奥に神秘的な美瀑がある!」との事なので向かってみました。
地図を見ると県道250号線を経由してから林道へ入るルートが一般的なようですが、これがかなりの酷道なようです。
ジムニーなら問題無さそうですが、この日は国道193号線で落石もチラホラ有ったので、無難にお勧めの別ルートで向かいました。

吉野川市山川町から県道248号線を通り船窪つつじ公園を目指します。
ここも急勾配で細いクネクネ道が続きますが、普通車でも問題なく走れます。
やがて船窪つつじ公園の大きな駐車場に到着するので、一旦この駐車場に入って奥へ進むと南に下って行く林道があり、アスファルトではないコンクリート舗装ですが、走りやすくまずまず綺麗な道でした。
2kmほど走ると右手に小滝が見え、案内板と駐車場スペースがあります。

母衣暮露滝01

母衣暮露滝と書いてぼろぼろ滝と読み、昔から僧侶の行場であったそうで、滝の飛沫をうけ衣服がぼろぼろになりながらも一心不乱に修行を行った事から名前が付いたとされています。

母衣暮露滝02

ここから整備された滝見道を5分ほど歩くと、幻想的な景色が目に飛び込んできました。
切り立つ結晶片岩の大岩とその下には不動明王が安置され、美しい木々の合間からは光芒が差し、ゴルジュ状の谷奥に優しい滝の流れ…、とても幻想的で神秘的な空間です♪

母衣暮露滝04

大岩の上部はオーバーハングしていて迫力満点で、岩壁と木々に囲まれ閉ざされた場所にしては意外と圧迫感はありませんでした。

母衣暮露滝05

母衣暮露滝06

滝そのものも冬には氷瀑になるような優しく繊細な流れで、水の透明度も非常に高く、周囲の景観も含めたトータルで見るとかなりの高得点マークです。

母衣暮露滝08

母衣暮露滝09

新緑と紅葉、そして氷瀑の季節がベストですが、冬はちょっと物寂しい感じかも?

母衣暮露滝10

母衣暮露滝11

今回の日帰り徳島遠征で、ここが一番良かったです♪

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



新居田の滝

新居田の滝02

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差15m 直瀑
徳島県那賀郡那賀町横谷

大轟の滝の少し南から県道295号線に入って西に向かいます。
この道は国道193号線よりも広くて快適です。
途中にある嫁ヶ滝は防護柵に覆われていて水もチョロチョロなのでスルー(笑)
やがて水色の欄干の小さな橋があり、左手に四季美谷温泉の建物、右手の谷に滝があります。
橋の脇に駐車スペースがあり、そこから滝見道を歩くとすぐに滝が見えてきました。

新居田の滝01

細身のシンプルな直瀑で、落ち口の屋根状の岩がカッコ良く、日本庭園のような趣があります。
滝前に出ることも出来るそうですが、強者の方なら滝壺も一気に突破して裏見するのかな?

いっちょやってみたいぜ裏見~♪
でも死んだら募るぜ恨み~♪
だから守るぜ我が身~♪

ラップってこんなんでいいんですか?(笑)

新居田の滝02

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

大轟の滝

大轟の滝02

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差25m 段瀑
徳島県那賀郡那賀町沢谷

大釜の滝から国道193号線を南に約3km走った右カーブの下に滝があり、すぐ手前右側のスペースに駐車できます。

大轟の滝01

基本的に国道からの遠望になりますが、独特の形をしたスケールの大きな段瀑で、全体像を掴むにはこの位置がベストかも?
滝前の砂浜のような場所から観ても気持ち良さそうです♪

大轟の滝02

見た感じでは下に降りる事も出来そうでしたが、実際に降りる方はあまりいないようです。

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

大釜の滝《日本の滝百選》

大釜の滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 直瀑
徳島県那賀郡那賀町沢谷

神山町から那賀町へ国道193号線を南に進むと、県道16号線との分岐の少し北に素掘りの隧道があります。

大釜の滝01

そのすぐ手前の右側に滝の案内板と左側の路肩に2~3台分の駐車スペースがありますが、オーバーハングした断崖が屋根の様に被さっており、水滴がポタポタと…。
岩が崩れそうな怖さもありますが、実際に滝を観て戻って来たら、車の後ろに道路を半分塞ぐぐらい大きな木の枝が落ちて来ました(汗)

大釜の滝02

案内板横の滝見台からもチラっと滝を見下ろせますが、滝までは鉄製の急階段を降りて行きます。
観瀑ポイントから滝までの距離は少しあるものの、複雑な形をした岩壁の合間を豪快に落ちる水の迫力が伝わってきました。

大釜の滝03

水量は少なめだったのか中州が出来ていましたが、そこまで水に浸かると大きな釜になります。
無理をすればもう少し近くまで行けそうな気もしますが、他にもちらほら観光客が訪れる場所なので自重したほうが良さそうでした。

大釜の滝04

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

出会い滝(神山)

神山出会い滝02

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差10m 段瀑
徳島県名西郡神山町上分

まだコロナが完全に収束した訳ではありませんが、県外移動自粛も段階的に解除されたので、早速徳島へ日帰り遠征♪
平日なので滝前は独占状態で、食事・トイレ・給油時も人と接すること無く帰って来れました。

雨乞の滝の滝などがある国道438号線方面から国道193号線に入って南に向かいます。
国道とは言ってもよく整備された林道クラスなので、走行には注意が必要です。
この日も行きには無かった大きめの落石が、帰りに通ると転がってたりもしました(汗)
国道438号線との分岐から約8km走ると右手に滝があり、その前の橋の脇に1台駐車できます。
案内板にはほっこりする文言が…♪
「人との出会い、動物との出会い、自然との出会い、ここで良い出会いをして下さい」

神山出会い滝01

名前のとおり幾つかの流れが出会い1つの流れになっていて、小さな滝ですがとても良い形をしています。

神山出会い滝02

前情報では「2つの流れが1つに…」だったのですが、この時は3つの流れが出会っていました。
ややこしい関係にならなければいいけど、揉め事は起こさず3人仲良くやってくださいな(笑)

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ