FC2ブログ
“滝”初心者ですが、身近な関西から徐々にエリアを広げ、各地の名瀑を堪能したい!
三本滝《日本の滝百選》
三本滝10

迫力 ★★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

本沢の滝・落差50m 直瀑
黒い沢の滝・落差40m 分岐瀑
無名沢の滝・落差50m 直瀑
長野県松本市安曇鈴蘭

善五郎の滝から更に県道を上がって行くと、標高3026mの剣ヶ峰へと続くこの道は途中からマイカー乗入れ不可になります。
一般車で行けるその最終地点に大きな三本滝駐車場があり、冬季はスキー場として稼働しているようです。

三本滝01

駐車場からは案内に従って進みます。
「←兎待ちコース・林間コース→」とありましたが、どうやらこれはゲレンデのコース案内のようで、ひとまず兎待ちコースに入って少し先で、冬には雪で埋もれてしまいそうな小さな案内板に従い左へと曲がります。

三本滝02

途中ルートは2通りありますが、どちらも滝まで25分だそうで、今回訪れた乗鞍三滝全てが滝まで下り道のアクセスでした。
この日は何人かの方とすれ違いましたが、話し掛けて来たのは全て関西弁の方で、何か私に同じ関西の匂いを感じたのでしょうか?(笑)
しかし滝前での約30分は、誰とも会わずに独占状態でした。

日本の滝百選でもあるこの滝は、異なる別沢から落ちるそれぞれ違うタイプの3つの滝が1つの流れへと集束し、しかもその3つの滝が横並びで同時に見られるという珍しい滝です。
下流の白滝と吊り橋を過ぎると案内板があり、乗鞍高原の主役の登場です。

三本滝03

3つ並びの中央の滝は本沢の滝と呼ばれ、文字通り小大野川の本流の滝で、左右の2つは支流の滝という事になります。
正面のやや奥まった位置にあり、赤茶けた岩肌の上を落ちる直瀑です。

三本滝04

三本滝05

向かって左側の滝は無名沢の滝と呼ばれ、いつも水量が少ないそうです。
この滝単独で見ると、なんとも寂しい姿です。

三本滝08

向かって右側が黒い沢の滝と呼ばれ、黒い岩の上を分岐しながら落ちる美しい滝です。
この滝はすぐ近くにあり流れも緩やかなので、水を浴びるくらい近寄ることが可能です。

三本滝06

三本滝07

肉眼だと3つの滝を同時に眺められますが、カメラではかなりの広角レンズかパノラマでないと、1枚に収めるのは難しそうでした。
もしかすると、黒い沢の滝の右側に回り込めば3つ同時に写せたかも?と…帰ってから気付いても後の祭りです(泣)
なので、2つづつペアで。

三本滝09

三本滝10

本沢の滝と無名沢の滝も滝壺まで行けなくもなさそうですが、この時は独占状態とは言え百選滝、他にも滝見客が来られるような場所でマナー違反をする訳にはいきません。
とは言うものの、我慢できず少しだけ河原に降りてみました(笑)

三本滝11

本沢の滝と黒い沢の滝最下部のコラボです。

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

布引の滝(熊野)《日本の滝百選》
熊野布引04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差52m 段瀑
三重県熊野市紀和町小栗須

荒滝から林道をさらに進んで行くと、左手に布引の滝遠望台が現れます。
ナメ状の大きな岩の上を流れ落ちる4段の段瀑で、ここからは下の3段を遠望できます。

熊野布引01

そこから数十m走ると「きらずの森」の案内板があり、さらに200mほど進んだ所に大きな駐車場がありました。
駐車場からは下流側へ向かう道と、さらに山を登っていく道がありますが、どちらも滝へは行けそうにありません。
先程の遠望台に来るまでの間にあった「布引の滝」の案内板も、もうこの辺りでは見られなくなっています。
ここは違うのか?と思い引き返すと、「きらずの森」の案内板の横に滝への道がありましたが、滝の事は書いてないので少々分かりにくいと思います。
ここには1台駐車するのがやっとなので、先客があると先程の駐車場に停めて、ここまで歩いて降りて来ることになるかも知れません。

熊野布引02

入口からは滝に向かって長い階段を下りますが、災害の影響か所々崩れかけていました。
10分足らずで観瀑台まで到着しますが、何故か滝との間に邪魔な木があるので、さらに少し河原のほうへ進まないといけません。
入口の看板の件といい、100選滝にしては少し不親切なようにも感じました。

熊野布引03

滝自体は大きなナメ岩の上を滑らかに流れ、100選らしい見事なものです。
日差しの問題で暗く写っていますが、水も青く透き通っていて綺麗でした。

熊野布引04

熊野布引05

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

阿弥陀ヶ滝《日本の滝百選》
阿弥陀07

迫力 ★★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差60m 直瀑
岐阜県郡上市白鳥町前谷

長良川沿いの国道158号線から県道314号線に入りウイングヒルズ白鳥リゾート方面に向かうのが一般的なルートですが、この日は福井県側(仏御前の滝の前を通りましたが、滝へは立入禁止でした)から向かったので、九頭竜湖の手前で県道127号線に入り石徹白経由で逆向きにアクセスしました。
以前スノーボードに行く時にもよく利用したルートですが、白鳥中心街を通るよりも断然早く、石徹白川の美しい景観も楽しめます。

阿弥陀ヶ滝周辺に近づくと、案内板が多数出てくるので分かりやすいと思います。
滝入口には数台分の無料駐車場があり、満車の場合は下の民営駐車場(有料)に停める事になります。

滝までのルートは3通りあり、いきなり登りになる一番右のルートが後半なだらかで楽なようです。

阿弥陀01

阿弥陀02

整備された遊歩道を15分ほどで滝前に到着します。
迫力のある岩壁から勢い良く真っ直ぐ落ちる壮大な滝です。

駐車場に車も多かったのですが、平日でも数十組の方が訪れていました。
平日の滝巡りでは貸し切りになる事がほとんどだったのですが、ここは観光名所としてしっかり機能しているようです。

阿弥陀03

阿弥陀04

滝壺に近づきある一定のエリア内に入ると、雨が降っているような水飛沫が舞っています。
そんな水飛沫の中に突っ込んで行くと裏見ができますが、戻ってきた時にはもちろんびしょ濡れになっていました。
真夏なので逆に気持ち良かったです♪

阿弥陀05

阿弥陀06

阿弥陀07

そろそろ帰ろうと思い少し進んだ所で振り返った時に現れた光芒です。

阿弥陀08

B'zで“光芒”という曲があるので口ずさもうかと思いましたが、どんな歌だったか全く浮かんできませんでした(笑)

帰りは右岸側のルートを通り下って行きます。
どうやら反時計回りが一般的なルートのようでした。

駐車場周辺では流しそうめんの店が有名なようでしたが、タイ料理を扱う洒落たカフェも出来ていました。
この日は相方と一緒だったので、水出しコーヒーとカフェオレを注文。
夏場なのでもちろんアイスです。
冷たくて風味も良くて美味しかった~♪

阿弥陀10

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

龍双ヶ滝《日本の滝百選》
龍双ヶ滝02

迫力 ★★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差60m 分岐瀑
福井県今立郡池田町東青

国道476号線から案内に従って県道34号線を東へ向かいます。
広くて走りやすい道ですが、滝の手前から道は細くなっていきます。
滝はこの県道沿いにあるので車からも見る事ができますが、滝の前後に駐車場があるので、滝前の道には駐車しないようにしましょう。

ガードレール代わりの柵に掛かるチープな看板に反し、その奥には百選に相応しい見事な滝が流れていました。

龍双ヶ滝01

龍双ヶ滝02

どことなく富士山を連想させるような形状です。

龍双ヶ滝03

龍双ヶ滝04

滝前はあまり奥行きが無いので全容をカメラに収めるのは難しいのですが、上下左右に綺麗な分岐が広がっており、一部分を切り取って見ても美しい滝です。

龍双ヶ滝06

龍双ヶ滝05

龍双ヶ滝07

滝巡りを始めてもうすぐ1年、まだそんなに多くの滝を見ていませんが、自分の中では迷滝・天滝と共にベスト3に入るお気に入りの滝となりました。
落差のある大きな分岐瀑が好きなのかも?

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

桑ノ木の滝《日本の滝百選》
桑の木04

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差21m 直瀑
和歌山県新宮市相賀

国道168号線の新宮市街地寄り、相賀橋北詰の交差点から県道230号線を西に向かいます。
2kmほど進むと左手に桑ノ木滝の看板があるので、反対車線側の路側帯に駐車します。
駐車場になりそうな空き地はありますが、現在封鎖されているようでした。

看板横から小さな橋を渡って遊歩道へ向かいますが、看板には手書きで「五月中頃マムシあり ふめばかまれる」の脅し文句が…。
ちょうど今日、5月中頃なんですけど(笑)

桑の木01

そこからは綺麗で緩やかな流れの渓流に沿った遊歩道を進みます。
苔生した緑豊かな場所で、森林浴気分も味わえました。
若干狭い箇所はありますが、アップダウンがあまり無く歩きやすいです。
結局マムシは見掛けませんでしたが、真っ赤なサワガニが沢山歩いているので、気を付けないと踏んでしまいそうでした。

桑の木03

そして15分ほど歩くと滝前に到着しました。
木々に囲まれてやや薄暗いので、それが逆にこの滝の魅力を引き立てているようです。
夕方の訪問でしたが、朝の光芒や木漏れ日の時間帯も良さそうです。
百選の滝にしては小さいですが、滝下の流れや周囲の緑なども含めたトータルポイントは高く“和”を感じられる滝です。

桑の木04

桑の木05

滝の下部は段瀑や分岐瀑の要素も含んだ複雑な流れをしていました。

桑の木06

来訪日 2019年5月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用