FC2ブログ

つたの滝

つたの滝03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差10m 段瀑
長野県下伊那郡根羽村取手

国道153号線の森の駅ネバーランドから約3km南の砦橋近くに滝があり、その前後のどこかで153号線の旧道(?)のような道に入ります。
ヘアピンカーブ近くの小さな橋の横に入口があり、路肩の草むらに1~2台駐車可能です。

つたの滝01

滝見道を下りて行く途中で幅広で勢いのある滝が見えてきました。

つたの滝02

そこから更に下りると滝前に出ますが、手前の岩が大きすぎて滝が半分隠れてしまいます。
長靴があれば対岸に渡れますが、それでもまだ岩が邪魔をして…。
これも1つの個性かな?

つたの滝03

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



平谷大滝

平谷大滝04

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差41m 段瀑
長野県下伊那郡平谷村靱

国道418号線の平谷交差点から国道153号線を北に2kmほど走ると水色の欄干の橋が見えてくるので、すぐ手前の分岐を左に下ります。
その辺りからは滝の案内板が所々にあるので、それに従って林道を進むと、やがて右側に滝への入口と駐車場があります。

平谷大滝01

しっかり整備された平坦な遊歩道を5分ほどで観瀑台があり、下流を含めた長い滝が見えてきました。

平谷大滝02

そこから更に右岸を滝前まで進めますが、水の流れのあるガレ場なのでスパイク長靴がベストです。

平谷大滝03

メイン部分の滝は落差10mぐらい…。
入口の案内板には落差41mとあり、まだ上流側にも何段かありそうなので、観瀑台付近までの下流の流れも入れると41mぐらいあるのかな?

平谷大滝04

普段はあまり水量が多くないそうですが、今日ぐらいの流れで左岸側に渡るのは、イチかバチかのジャンプをしないと無理そうでした。

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

日照の滝

日照の滝03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差15m 分岐瀑
長野県下伊那郡売木村長下

瀬戸の滝駐車場から向かいを見ると、もう1つ滝の案内があります。

日照の滝01

入口には藪が生い茂っていましたが、グイっと分けて入ると、すぐに滝見道が現れました。
案内図では距離があるようにも見えますが、2~3分で滝前に到着し、恐らく“沢登りコース”のほうが歩き易いと思います。

日照の滝02

いやぁ~♪なかなかの美瀑です♪
自分は豪快な直瀑よりも、こういった優しく繊細な流れの滝のほうが好みのようです。

日照の滝03

こういうタイプの滝のほとんどが滝壺や釜を持っていないので、下段の流れの中に入る事が出来て、しかもミスト状の優しい水飛沫を全身で感じられます。

日照の滝04

びしょ濡れにならない優しい水飛沫が俺は好きだ~!!

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

瀬戸の滝(丸畑渓谷)

瀬戸の滝02

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差15m 渓流瀑
長野県下伊那郡売木村長下

今回の遠征は愛知・静岡・長野・岐阜の4県が隣接した地域で、次は国道151号線で長野県入りしました。
道の駅信州新野千石平の角を西へ曲がって国道418号線を約4km走り、売木からは県道46号線を北に向かうと丸畑渓谷に着きます。
まずはポットホールの案内板があり、その少し先に滝の案内板と駐車スペースがあります。

瀬戸の滝01

そこから滝見道を降りるとすぐに売木川の激しい流れが見えてきて、フェンスの下に滝らしき姿があります。
フェンスから先に進めないのが残念ですが、もし無理して越えて行って落ちたりしたら、激流に飲み込まれて全身打撲&骨折では済まないぐらい激しい地形です(汗)

瀬戸の滝02

さらに下にもう1段あって、こちらが瀬戸の滝の主瀑かも知れません。

瀬戸の滝03

この先に滝壺があるようで、ここからも僅かに見えていました。
下流側から遡行出来るかは未確認ですが、もし滝下から観る事が可能なら、かなりの迫力だと思います。

来訪日 2020年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

竜神の滝(乗鞍)

竜神の滝02

迫力 
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 潜流瀑
長野県松本市安曇沢渡

国道158号線と県道84号線との間を繋ぐ県道300号線の中ほどに白骨温泉があり、そのすぐ近くの道路脇にある滝です。
158号線側からアクセスする場合は走りやすい快適な道ですが、乗鞍高原方面から向かうと多少舗装が傷んでいます。
白骨温泉が見えてくるとすぐ、道路脇の斜面にいくつかの滝が流れています。

竜神の滝01

水が多い時だと、斜面のあちこちから複数の滝が流れていますが、実質滝と呼べるものは2つ3つだと思います。
石灰質の岩を浸食して流れ出る潜流瀑で、落差や迫力には欠けますが、個性的で周囲の緑とマッチした美しい滝です。

竜神の滝02

竜神の滝03

これらの滝の中で一番右のものが一番落差がありますが、形状が段瀑や渓流瀑の類いなので、竜神の滝には含まれないかも知れません。

竜神の滝04

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ