FC2ブログ

綿ヶ滝

綿ヶ滝04

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差32m 直瀑
石川県白山市下吉谷町

白山白川郷ホワイトロードを下っていくと中宮温泉などの温泉地がいくつかあり、その上流では透き通っていた川の色が、急に緑がかった白濁色に変わりました。
決して汚れている訳ではなさそうなので、温泉成分の影響なのでしょう。

そこからは手取峡谷へと向かいました。
国道360号線から手取川対岸側の県道178号線に入り、案内に従って“綿ヶ滝いこいの森”を目指します。
国道近くのお手軽アクセスなので、平日の午後ですが数台の車が停まっていました。
駐車場から左に進むと遠望できる観瀑台もありますが、もちろんここは右へ進みます。

綿ヶ滝01

階段と言うより、手すりの付いた急な石段を降りて行くと、すぐ右横に豪快な水飛沫が見えてきます。

綿ヶ滝02

幹線道路のすぐ下とは思えない、見事な滝と渓谷が続いています。
もう少し水が透き通っていればいいのですが、これが自然の色なので欲をかいても仕方ありません。

綿ヶ滝03

綿ヶ滝04

滝の向こう側へは行けませんが、滝前の岩場から色んな角度で見る事ができました。
綿ヶ滝のすぐ対岸にも2つの細い滝があり、どちらかが「垂水滝」というそうです。

綿ヶ滝05

滝の下流側の渓谷も見事な景観です。
この辺りではほぼ平地のような所をゆったり流れている手取川ですが、岩をも削る水の力の凄さを感じました。

綿ヶ滝06

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



しりたか滝

しりたか

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差100m 段瀑
石川県白山市中宮

石川県側から白山白川郷ホワイトロードに入った場合、最初に見ることが出来る滝で、数台分の駐車スペースもあります。
かなり落差のある3段の段瀑ですが、遠望で上段はあまりよく見えませんでした。
水量もちょっと少ないかな?

しりたか

この滝から少し上流側にある「赤石の滝」も車から見えましたが、駐車場所が無く水量も僅かだったので撮影はしませんでした。

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

岩底の滝

岩底の滝02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差15m 段瀑
石川県白山市中宮

かもしか滝から石川県側に少し下った所にある滝で、駐車場から対岸の谷底に遠望できます。

岩底の滝01

水量はまずまずで滝上の底なし釜も見えますが、距離があるのでどうしても迫力には欠けます。

岩底の滝02

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

かもしか滝

かもしか03

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差40m 段瀑
石川県白山市中宮

白山白川郷ホワイトロードの蛇谷大橋の少し東にある、道路から見られる滝です。
この辺りは駐車スペースがほとんど無いので、混雑時には注意が必要です。

かもしか01

滝が5段になって流れ落ちることから、以前は「五重の滝」や「五色の滝」と呼ばれていましたが、ニホンカモシカの生息密度が高いことから、この名前で呼ばれるようになったそうです。

かもしか02

かもしか03

カモシカは…いませんでした。

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

姥ヶ滝《日本の滝百選》

姥ヶ滝05

迫力 ★★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差76m 分岐瀑
石川県白山市中宮

白山白川郷ホワイトロードのメインでもある百選滝です。
蛇谷園地駐車場に車を停め、そこから徒歩で20~30分の所にあります。

姥ヶ滝01

いきなり鬼の下り階段が続きますので、「帰りはここを登るのかぁ…」なんて事は考えずに進みましょう(笑)
谷まで降りてしまえば、あとは美しい渓谷沿いの遊歩道になります。

姥ヶ滝03

やがて支流の斜面から流れ落ちる滝の姿が見えてきます。
ここは足湯や温泉に浸かりながら見れる滝としても有名です。
まずは温泉の脱衣所上の滝見台へ行きましたが、逆光が強くて思うように撮れませんでした。

姥ヶ滝04

今度は足湯の横から河原へと降りてみました。
老婆の髪のように見える事から名付けられたこの滝は、幾重にもハラハラと分岐しながら優雅に流れ、テーブル状の岩場から川へと注ぎ落ちており、この下段の部分が良いアクセントになっています。
分岐瀑好きですが、もしこの下段が無かったら、よくあるただの分岐瀑に過ぎなかったようにも感じました。

姥ヶ滝05

姥ヶ滝08

他に訪問客が無ければ全裸になって温泉に入ろうかと思っていましたが、2組の夫婦がおられたので自粛します(笑)
足湯には外国の年配の夫婦が入っておられました。
後ろ姿なので勝手に掲載しましたが、もし不倫カップルだったらすみません(汗)

姥ヶ滝07

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ふくべの大滝・水法の滝

ふくべ03

迫力 ★★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

ふくべの大滝・落差86m 直瀑
水法の滝・落差80m 分岐瀑
石川県白山市中宮

大阪在住なので、名瀑揃いの紀伊半島には比較的アクセスしやすいのですが、どうもこのところ信州や飛騨方面に気持ちが向きがちです。
あまり知らない地域を車で走るのが元々好きだったのも1つの要因ですが…。
そして今回は前々から気になっていた白山白川郷ホワイトロードへ日帰りで向かう事にしました。
10~11月には紅葉が素晴らしいようですが、あえて空いていそうな9月に決行です。

名神から北陸道に入り石川方面へ…のはずが、いつも岐阜方面に向かう調子で軽快に走っているうちに、北陸道に入るのを忘れてしまうという大失態!(笑)
なので、東海北陸道で岐阜県側から当初の予定とは逆回りに行くことにしました。

せっかくなので白水の滝にも寄りたかったのですが、白水湖までの道が翌年の春まで工事で通行止めとの事で、ひとまず世界遺産でもある白川郷に立ち寄りました。
白川郷と言えば“一面の銀世界と合掌造り”のイメージでしたが、実った稲穂が黄金に輝いているこの時期も綺麗でした。
それにしても外人さんだらけです。

白川郷

白川郷から国道156号線を横切るように進むと、白山白川郷ホワイトロードの岐阜県側入り口です。
隣接している石川県と岐阜県ですが、両県を直接結ぶのはこの道しか無く、あとは富山県や福井県を経由するルートになるようです。
歩行者と2輪車は常に通行禁止で、冬季には自動車も含め完全閉鎖されます。
以前は“白山スーパー林道”の名称で通行料金もやたらと高かったのですが、名称変更と共に料金も約半額となりました。

岐阜県側には見て回るような滝は無いので、遠くに白山を眺めながら大自然の中を快適ドライブになります。
道中で大きく切り立つ岩壁に“太平洋”という案内板がありました。
大雨の時にはこの岩壁一面から水が滝のように流れ落ちるそうですが、そこまでの雨量時にはこの道は通行止めになるので、基本的にその様子を見る事は出来ないそうです。

県境を越え石川県に入った頃からは下りが続き、やがて最初の滝「ふくべの大滝」に到着します。
駐車場すぐ横の断崖から落ちる非常に大きな滝で、水量が少ない時もありますが、この日はまずまずだったようです。
滝の写真はなかなかスケール感を表現出来ない事が多いのですが、下の写真のように道路や標識が比較対象になれば、規模も伝わるかと思います。

ふくべ01

この周辺の渓谷は岩壁に囲まれた秘境感のある場所で、もしこの道が無ければ訪れる事は不可能に近いでしょう。

ふくべ03

ふくべ04

この滝のさらに上にも同じような滝が存在するそうです。
まず肉眼で見る事は不可能ですが、Googleの航空写真で確かに確認できました。

駐車場に戻り車で下って行くと、2つめのトンネル手前の斜面に大きな滝があります、「水法の滝」です。
落差80mの大滝なのですが、ちょうど中段辺りをこの道が横切る形になっていて、道路脇の防護柵の奥に滝の上部を、道路下に下部を見る事ができます。

水法の滝

1つの大滝が道路によって寸断され犠牲になってしまった訳ですが、この周辺の滝を見る為の車道建設には、ここを通るしか仕方なかったのかも知れません。

来訪日 2019年9月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ