fc2ブログ

天神滝

天神滝黒部沢09

迫力 ★★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

落差50m 段瀑

静岡県静岡市葵区平野
滝の地図はこちら→ Google Map

鎌沢大滝入口の橋から今度は左岸側の杣道に入ります。
鎌沢大滝01

黒部沢左岸の道を20分ほど歩くとモノレールがあるので、レールに沿って少し進みます。
天神滝黒部沢02

やがて左下にワサビ田跡が見え、そちらに向かう踏み跡に入ってしまいましたが、これは間違い。
その先で行き詰まり、やや強引に復帰する事になりました。
天神滝黒部沢01

正解は、もう少しレール沿いを進むとモノレールが急に右上に向かうポイントがあり、そこから左手に杣道が続いていました。
天神滝黒部沢03

やがて沢の出合いに到着し、滝はこの右側の本流の先にあるので、ここで徒渉して本流の右岸斜面を登ります。
天神滝黒部沢04

この辺りには水色のマーキングがあり、それを辿りながら踏み跡を進むと…これもワサビ田跡?
天神滝黒部沢05

倒壊した小屋もあり…。
特に難所はありませんが、微妙に昔の人工物や杣道が点在して残っているせいか?少し道迷いし易い印象でした。
天神滝黒部沢06

そしてロス込み45分で滝前に到着。
スムーズに来られれば30分ぐらいかも知れません。
そして写真では伝わり難いのですが、とにかくデカい~!
落差は50mらしいのですが、見た印象では70~80mに感じました。
でも冷静になって今思えば50mなのかも?(笑)
天神滝黒部沢07

なんとか上段に近づこうと右岸のガレを登ってみましたが、ここまでで行き詰まりました。
どうやらこのガレ場は滝右岸が崩れ落ちたもので、比較的新しい崩落のようでした。
天神滝黒部沢08

安部川水系では安倍の大滝と同等かむしろそれ以上とも言われており、その評判通りの力強く美しい滝です。
天神滝黒部沢09

下流にワサビ田跡があり、滝直前にも石階段が残っていたので、昔は多くの人が訪れていたのかも知れません。
天神滝黒部沢10

これにて2日間の静岡遠征も終了です。
帰りたくな~い(泣)

来訪日 2023年12月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

鎌沢大滝

鎌沢大滝03

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差12m 直瀑

静岡県静岡市葵区平野
滝の地図はこちら→ Google Map

樋口不動の滝から県道29号線の平野橋を渡ってすぐを左折。
この辺り、道なのか民家の入口なのか分かり難いのでゆっくり走って下さい。
あとは道なりに林道平野線に入って、黒部沢を左岸から右岸に渡る最初の橋が滝への入口で、その手前の路肩に駐車スペースがあります。
鎌沢大滝01

滝があるのは黒部沢の右岸支流なので、橋を渡った所からも見えている支流の堰堤を左から越えます。
鎌沢大滝02

すると橋から5分ほどで滝前に到着しました。
鎌沢大滝03

雰囲気はいいけど大滝と呼ぶにはちょっと小ぶりかなぁ?
鎌沢大滝04

そして撮るのが難しい~!
と言うのも…
落口のすぐ上が堰堤なんです(笑)
鎌沢大滝05

来訪日 2023年12月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

樋口不動の滝

樋口不動の滝05

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差40m 段瀑

静岡県静岡市葵区平野
滝の地図はこちら→ Google Map

安倍の大滝方面から今度は県道29号線を南下します。
平野橋を渡る手前右側の大河内小中学校の裏手に滝があります。
道の先には不動堂があって、その奥が滝位置なのですが…。
刑務所の壁の様なものが左右に延びています(笑)
これも一種の砂防堤でしょうか?
樋口不動の滝01

ここは右手の作業道(?)から壁の裏に回り込みます。
樋口不動の滝02

そこから滝までのトラバース道は、藪に覆われて踏み跡も薄く崩落気味で少し難儀しました。
滝前も荒れていたのでちょっとお掃除~♪
樋口不動の滝05

近づくと上段が見えなくなる滝アルアル(笑)
樋口不動の滝06

この隣りにも朝日の滝という大きな滝があり、頑張れば滝前にも行けるようですが、葉隠れと水も少ないのか?遠望で確認出来なかったのでパスしました。

来訪日 2023年12月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

三段の滝(梅ヶ島)

三段の滝梅ヶ島04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差30m 段瀑

静岡県静岡市葵区梅ヶ島
滝の地図はこちら→ Google Map

安倍の大滝から少し北上すると温泉街に分岐があり、県道表記はここで終わります。
右は山梨県に抜ける林道豊岡梅ヶ島線(2023現在通行止め)で、安倍川沿いを直進した道の砂防堰堤の先に滝があり、周辺路肩に2~3台駐車可能です。
三段の滝梅ヶ島01

そこから滝が見えますが、見にくい~(泣)
下段は崩落して形が変わってしまったそうです。
三段の滝梅ヶ島03

では行きますよ~(笑)
看板右手から斜面を降り、大岩伝いに徒渉して、崩れた下段を登って中段前です♪
三段の滝梅ヶ島04

やっぱり上から遠望するのとは印象が違うなぁ…。
三段の滝梅ヶ島05

この滝の下の出合いの本流側にも5mぐらいの滝がありました。
三段の滝梅ヶ島06

来訪日 2023年12月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

安倍の大滝《日本の滝百選》

安倍の大滝05

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差50m 直瀑

静岡県静岡市葵区梅ヶ島
滝の地図はこちら→ Google Map

赤水の滝から県道を約4km北上します。
百選滝ですが入口付近に専用駐車場は無く、温泉旅館のよしとみか湯の華に駐車(有料)する事になるので、この日は湯の華をチョイス。
休日は係りの方がおられるのかも知れませんが、無人の場合も多いそうです。
駐車料金は500円で、無人であってもちゃんと支払いましょう(笑)
1000円札の場合はお釣りの500円玉がドアに貼り付けてあり、なんと電子マネー決済も出来ます♪
普段の滝巡りでは圏外が多いので、電子マネーはちょっと意外でした。
安倍の大滝01

駐車場の先から吊橋を渡って遊歩道に入ります。
高所恐怖症の人だと厳しいかも?
安倍の大滝02

橋上で闘う2人(笑)
安倍の大滝08

少し進んだ次の吊橋は構造も華奢でかなり揺れます。
しかも定員が1名なので、紅葉シーズンなどの混雑時には大渋滞になるそうです。
安倍の大滝03

その先はしっかりと道が整備されており、入口から30分ほどで滝前に到着します。
公称落差は80mだそうですが、見た感じ40~50mぐらいかなぁ?
安倍の大滝04

それでも百選の貫禄があり、水量少なめの今回でも物凄い風と水飛沫で、涙と鼻水ダラダラになりました(笑)
安倍の大滝05

滝壺も綺麗です。
安倍の大滝06

訪れる人の多い有名百選滝ですが、この日は道中も含めずっと貸切りでした♪
安倍の大滝07

来訪日 2023年12月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

赤水の滝

赤水の滝06

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差40m 段瀑

静岡県静岡市葵区梅ヶ島
滝の地図はこちら→ Google Map

伊豆に遠征して日帰りでは勿体ない!という事で、翌日も安倍川周辺の滝巡りをしました♪
新東名の新静岡ICから県道29号線を31.5km北上すると赤水の滝の駐車場に到着します。
赤水の滝01

そこから遊歩道で展望所まですぐなのですが、これでは滝まで遠い~!
赤水の滝02

という訳でもちろん滝前へ~♪
展望所付近からは降りられないので、駐車場の南端にあるガレガレの支流に入ります。
赤水の滝03

出合いまで下り安倍川左岸の護岸の上を歩いて上流に向かうと滝が見えてきました。
赤水の滝04

豪快な滝+綺麗な水+青空+虹+紅葉という最強のコラボです♪
無いのは光芒と雪ぐらいかな?
ここからだと上段が見えなくなるのも全く気にならない(笑)
赤水の滝05

滝前でここまで強烈な虹は初めて見ました。
時間が経つと滝は右岸の岩陰になってしまうので、虹狙いなら早い時間帯が良いでしょう。
赤水の滝06

水が青いけど赤水の滝です(笑)

来訪日 2023年12月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

三階滝 -再訪-

中ノ沢三階滝沢23

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差10m 直瀑

静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里
滝の地図はこちら→ Google Map

三方滝を右岸から巻いて上流へ~♪
中ノ沢三階滝沢17

すぐ隣りの中ノ沢と違って岩肌が赤いような…?
中ノ沢三階滝沢18

滝が現れるとみんなそれぞれ撮影タイム~♪
中ノ沢三階滝沢19

中ノ沢三階滝沢20

中ノ沢三階滝沢21

そして県道が近くなった頃、最後に三階滝が現れました。
中ノ沢三階滝沢22

3段でもなく何故三階なのかは不明ですが三階滝です(笑)
中ノ沢三階滝沢23

この滝も一応再訪ですが、前回は県道から滝見道を下り薮越しに見下ろしただけでした。
中ノ沢三階滝沢24

どの滝だったか?10人全員での集合写真。
インスタで輪が広がり、こうして今回は関東の皆さんとご一緒する事が出来ました。
元々は平日に1人でお手軽滝を回っていた自分にはとても有難い事で、最近は単独では決して行く事がなかったであろう滝にも行けて、周りの皆さんには感謝しています♪
中ノ沢三階滝沢25

そして全員で熱海まで移動して花火大会♪
中ノ沢三階滝沢26

花火を見るなんて何年ぶりかな?
中ノ沢三階滝沢27

来訪日 2023年12月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

三方滝 -再訪-

中ノ沢三階滝沢13

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

落差30m 分岐瀑

静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里
滝の地図はこちら→ Google Map

この日はレジェンド滝屋あっきーさんの企画で、これまたレジェンドのサモハンさん・はんぺんさん・プラリネさんとははじめまして。
更にはじめましてのあいさん・かっぱさん、そして何度もご一緒しているあらいさん・ピピさんも参加との事で、そこに関西から私とめぐちゃんの滝ラー(滝屋になり切れない緩いレベル)2人がお邪魔し、総勢10人の賑やかな滝巡りとなりました♪
当初は何処にあるのかイマイチ分からない伊豆市の長野の滝を目指そう!という案でしたが、発見出来ずに彷徨うだけの可能性もあるので、西伊豆の大滝川支流の遡行に変更になりました(笑)
中ノ沢三階滝沢01

まずは県道59号線と大滝林道の分岐から県道を350m東に歩いたカーブから中ノ沢を下流に向けて逆遡行。
駐車場所から中ノ沢に向かう途中の防護フェンスに貼ってあった意味不明なステッカーです(笑)
中ノ沢三階滝沢02

ここから中ノ沢の右岸を降ります。
中ノ沢三階滝沢03

まずは最初に現れた滝。
中ノ沢三階滝沢04

その下流にも次々と5~15mクラスの滝が現れ、中には個性的な形の美瀑もあったりしました♪
全て巻き降りでキャニオニングではありません(笑)
中ノ沢三階滝沢05

中ノ沢三階滝沢06

中ノ沢三階滝沢07

中ノ沢三階滝沢08

中ノ沢三階滝沢09

中ノ沢三階滝沢10

そして何だか見覚えのあるレールがあり…。
中ノ沢三階滝沢11

出合いの隣りの三階滝沢に伊豆屈指の名瀑の三方滝が見えました。
この滝には2年前にも訪れており、その時大滝経由で下流側からアプローチしていました。
中ノ沢三階滝沢12

この右岸の岩で跳ね返される流れがいいんですよねぇ♪
中ノ沢三階滝沢14

中ノ沢三階滝沢13

跳ね返りを上から見てみようと右岸をよじ登ってみましたが、意外と普通でした…(笑)
中ノ沢三階滝沢16

あっきーさんとプラリネさんは晴れ男と晴れ女と聞いた事がありますが、それにしても太陽強すぎないかい?(笑)
中ノ沢三階滝沢15

ではこの滝を越えて、次は三階滝沢を遡行します。

来訪日 2023年12月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

福養の滝

福養の滝05

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差130m 段瀑

静岡県静岡市葵区大間
滝の地図はこちら→ Google Map

新東名の静岡スマートICから国道362号線を北西に進み、八幡交差点を右折して県道60号線を北上します。
ここから駐車場まで約24km、特に後半は山深く細いクネクネ道に突入します。
自分はこういう道を走るのが嫌いではありませんが、苦手な方にはかなり苦痛な道程だと思います(汗)
そしてようやく駐車場に到着~♪
その奥から遊歩道に進みます。

福養の滝01

そして10分ほど歩くと滝見台に到着しました。
そこが最下段になるのかどうなのか…、まだ下流側も滝っぽくも見えました。

福養の滝02

そして上を見上げると…デカい!
落差100m越えの巨瀑です♪
木の陰にチラっと見えるのが最上段だと思いますが、上の方すぎてよく分かりません(笑)

福養の滝03

普通はここまでですが、せっかくなので行ける所まで行ってみる事にしました。
1段また1段と、大岩や倒木を乗り越えてガシガシと登ります。
万人向けではなく危険も伴うので無理はしないで下さい。
岩によっては氷のように滑る事もあるので、特に素手とスニーカーなどでは危険です。
この時はスパイク長靴だったので、それはそれで危険なのですが…(汗)

福養の滝04

こういう時ってカメラの三脚が邪魔なんですよねぇ…。
しかしここまで難無く登って来るめぐちゃんもたくましい女性です(笑)

福養の滝05

そしてここから先は直接登るのは難しそうでした。
恐らく上から2段目か3段目の下だと思います。

福養の滝06

ではここで引き返すとします。
登る時よりも降りる時のほうが怖いんですよねぇ…(汗)

これにて神奈川・山梨・静岡の滝巡りも無事に終了♪
この翌週はいつもの関西メンバーと、紀伊半島の某有名滝から更に上流へと遡行します。

来訪日 2021年11月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

伊佐布北滝

伊佐布北滝04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差10m 直瀑

静岡県静岡市清水区伊佐布
滝の地図はこちら→ Google Map

めぐちゃんとの神奈川遠征も無事に終了しましたが、お互いに翌日もオフなのでもう1日滝巡りをします♪
いや、一緒に寝たわけじゃないですよ…別々です(汗)

清水いはらIC付近から県道75号線を北上し、新清水ジャンクション手前の案内を西に進みます。
やがて滝の入口があり駐車場っぽい空き地も見えますが、入口横の会社の敷地のようなので、広い路肩に駐車して歩いて向かいます。

伊佐布北滝01

高速の下をくぐり滝見道を北に向かうと、5分ほどで滝が見えてきました。
思いのほか美しくて立派な段瀑です。

伊佐布北滝03

上段前まで進むと看板があり、高さ10mとのこと…。

伊佐布北滝02

看板の位置と高さから察するに、伊佐布北滝は落差10mの分岐気味の直瀑で、下段と思っていた部分は前衛滝になりそうです。

伊佐布北滝04

直瀑好きの方は上の段を楽しむ、段瀑好きの方は下の段も含めて楽しむ、という2通りの楽しみ方ができるハイブリッド滝でした♪

来訪日 2021年11月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

三方滝

伊豆三方03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

落差30m 分岐瀑

静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里
滝の地図はこちら→ Google Map

大滝から廃林道に戻ってさらに上流へと歩きます。
崩壊した橋が洗い越しの状態になっており、その先にも以前は車が入っていたであろう痕跡が随所に見えます。

伊豆三方01

ここからは川の右岸側を15分ほど歩くと、何やら作業小屋跡のような場所に出てトロッコのレールも有りました。
ちょうどそこで川は二股になっており、作業小屋の裏手に簡単な階段やロープが設置されています。
滝は右手に見える前衛滝のすぐ上なので、ここで渡渉してハシゴを登ります。

伊豆三方02

するとすぐ目の前に三方滝が現れました。

伊豆三方03

中央のモッコリ岩が流れを二分し、向かって左の流れは岩に当たって折れ曲がっています。
意外と有りそうで無い珍しい流れですね♪

伊豆三方04

滝壺から下流の前衛滝までは滑床になっているので、それもまた楽しめるポイントだと思います。

伊豆三方05

これにてYukikoさんとご一緒した遠征初日は無事に終了~♪
翌日からは1人ぼっちの滝巡りなので、まずは河口湖まで移動して車中泊します。

来訪日 2021年10月




話題の車中泊グッズなら車中泊専門店におまかせ!


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

大滝川大滝

大滝川大滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差30m 直瀑

静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里
滝の地図はこちら→ Google Map

恵の滝から県道59号線を南西に3.3km進んだ分岐を鋭角に右に曲がります。
旧大滝ランドへの分岐があるので右に進み、橋の前後辺りの広いスペースに駐車します。
そこからは「ジムニーだとどこまで進めたかなぁ?」というような荒れた廃林道をテクテク歩くと、20分ほどで滝見道入口が見えてきました。

大滝川大滝01

滝見道を下って5分で滝前に到着です。
水飛沫と天気良すぎで写真撮りにく~っ(汗)

大滝川大滝03

水量豊かで水も綺麗、迫力も備えた良瀑です。

大滝川大滝04

自分には魔人の石像っぽく見えて少し怖かったです(笑)

来訪日 2021年10月




SUNDAY MOUNTAIN 【アウトドアSHOP】


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

恵の滝

恵の滝01

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差32m 分岐瀑

静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里
滝の地図はこちら→ Google Map

三階滝から県道59号線を南に4km進んだ右カーブ路肩に駐車、すぐ前に大きな滝が見えています。
水量に難がある滝のようですが、幸運にもしっかりと水が流れていました。

恵の滝01

どこがどうなのか…頭で理解出来ませんが、とにかく直感的にいい滝でした(笑)

来訪日 2021年10月




洗練されたソロキャンパー向けギアブランド【ZEN Camps】


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

三階滝

伊豆三階02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差10m 直瀑

静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里
滝の地図はこちら→ Google Map

県道59号線で伊豆市から西伊豆町に入ってどんどん南へ走ります。
西天城高原の県道410号線との分岐から3kmで、右手に小さな看板があり路肩が広くなっているので駐車します。

伊豆三階01

そこから滝見道を上流側へ10分ほど歩くと遠望ポイントに到着しました。

伊豆三階02

ん~…、ちょっとここからでは見え辛いですねぇ…。
少し手前の急斜面から川に降りられそうですが、同行のYukikoさんはスニーカーしか無く、ここまでの崩落気味の滝見道やぬかるみで苦労していたので今回はここまでとします。
…って、次回はあるのか~?(笑)

来訪日 2021年10月




日本発のオリジナルアウトドアブランド【JOYVACK】


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

上の滝(浄蓮の滝)

浄蓮上03

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差10m 直瀑

静岡県伊豆市湯ケ島
滝の地図はこちら→ Google Map

浄蓮の滝駐車場から国道414号線を南へ300~400m進んだ角を右に曲がります。
すると橋と広い空き地があるのでそこに駐車し、橋を渡った左岸側から川に向かいます。
明確な踏み跡を進んで鉄ハシゴを降りると大岩だらけの河原に出ました。

浄蓮上01

そして上流側を見ると…
うぉぉ~っ!なんだこの神々しい景観は~!

浄蓮上02

舞い上がった水煙が木漏れ日に輝き、海外で言うところの“天使の梯子”♪

浄蓮上03

またこの倒木がいい味を出してるんです♪
そして水の色も美しい~♪

浄蓮上04

浄蓮の滝のすぐ上の滝になりますが、百選の浄蓮よりもこちらの方が印象に強く残っています。

浄蓮上05

なんとか右岸側にも行こうと試みますが、ちょっと難しそうでした。

来訪日 2021年10月




スポーツ用品・アウトドアPYKES PEAK


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

浄蓮の滝《日本の滝百選》

浄蓮の滝04

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差25m 直瀑

静岡県伊豆市湯ケ島
滝の地図はこちら→ Google Map

月ヶ瀬ICから国道414号線を南へ7.2km、国道沿いの百選滝でしっかりとした案内板と広い無料駐車場があります。

浄蓮の滝01

そこから遊歩道を進み滝まで5分ほどです。

浄蓮の滝02

想像していたよりは小さいかな?
でも左岸の扇型の節理が鎧のようでカッコいい~♪

浄蓮の滝03

しかし滝に近付けないのは観光百選あるあるです。
この日は土曜日で来訪者も多く、団体さんの記念撮影会開催中だったので早々に滝を後にしました。

浄蓮の滝04

来訪日 2021年10月




日本製レザーブランド正規店【Mens Lether Store】


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

萬城の滝

萬城の滝04

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差20m 直瀑

静岡県伊豆市地蔵堂
滝の地図はこちら→ Google Map

確か滝の案内は出ていなかったと思うのですが、県道59号線の原保地区に原保温泉と書かれた小さな建物と伊豆市消防団のある信号があります。
その交差点から地蔵堂川に沿うように南に進むと、やがて案内板が現れて終点の萬城の滝キャンプ場に到着します。
カブトムシ型のトイレが目を引く広い駐車場で、恐らく滝見の場合もこのキャンプ場に駐車して大丈夫だと思います。

萬城の滝01

そこから道路向かいの遊歩道を進むとすぐに滝前に到着します。

萬城の滝02

手前にあるのはハート岩だそう。

萬城の滝03

一応は光芒でしょうか?
現地では光芒と言うような幻想的なものでもなく、ただただ太陽ガンガンでした(笑)

萬城の滝04

萬城の滝05

滝脇の岩盤が特徴的な滝ですが、よく見ると人の手によって補強されています。
景観を損ねないように最小限の処置に留められているのは好感が持てますし、事故防止や景観を維持する為にはそれも必要な事でしょう。
そして裏見スペースへの立入りは禁止されているのでご注意を。

来訪日 2021年10月




FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

旭滝(伊豆)

伊豆旭滝04

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差105m 段瀑

静岡県伊豆市大平
滝の地図はこちら→ Google Map

伊豆縦貫道の大平ICから国道414号線を南へ、ミニストップ手前の旭滝入口交差点を右折して大平神社へ向かいます。
もうすでに国道から大きな滝が見えていました。

伊豆旭滝01

神社に駐車して、すぐ横の遊歩道を進むと滝前です。

伊豆旭滝02

確かにデカい~♪でも105m??
現地の案内板には“全長105m”と記されているので、落差だと目測でせいぜい60mぐらいでしょうか?
だとしても大きい滝です。

伊豆旭滝03

一見すると積み石のように見える岩盤は横倒しになった柱状節理の断面だそうです。
右岸を中段付近まで登ってみましたが、それでも上段が隠れて全貌を撮りにくい滝でした。

伊豆旭滝04

お昼前ですが落口上に三日月が出ていました。

伊豆旭滝05

来訪日 2021年10月




あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

雄飛滝

伊豆雄飛滝03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 段瀑

静岡県伊豆市堀切
滝の地図はこちら→ Google Map

春には四国・九州へ滝遠征しましたが、まだ紅葉には少し早い10月上旬、今度は東に向かって1週間弱の遠征に出ました。
深夜に新東名をひた走り、まずは伊豆方面からのスタート。
初日はインスタのフォロワーさんYukikoさんと合流しての滝巡りです。

修善寺道路の大仁南ICから国道414号線を南に少し走って狩野川記念公園前を右折、さらにセブンイレブンがある信号も右折して県道129号線に入ります。
山田川の橋を渡ったT字路を左折して道なりに西へ3.5km進むと滝の入口に到着します。
私はナビ任せで向かったので、長岡ICで降りて内浦湾に出てから南東に向かう逆からのルートでしたが、確かに距離的にはそちらのほうが近いのかも知れません。

伊豆雄飛滝01

道路脇のスペースに駐車して滝見道を降りるとすぐに滝前です。

伊豆雄飛滝02

斜めになった節理の上を段々に流れる優雅な段瀑です。

伊豆雄飛滝03

下段よりも幅広な上段には簡単に上がる事ができ、私は行きませんでしたが落口にも上がれそうでした。

伊豆雄飛滝04

遠征のスタートにはもってこいの、お手軽で美しい滝でした♪

来訪日 2021年10月




月額968円からの高性能クラウド型レンタルサーバー


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

大下滝

大下滝03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差18m 直瀑

静岡県浜松市天竜区佐久間町浦川
滝の地図はこちら→ Google Map

愛知県側から国道151号線と県道1号線で静岡県に入ります。
JR出馬駅近くまで行くと"せせらぎ荘"の案内があるので、それに従い相川と踏切りを渡って林道に入ると、せせらぎ荘を越えて1km進んだ右側に滝への入口があります。
狭い道ですが入口手前の路肩に寄せて駐車できました。

大下滝01

そこから階段を降りるとすぐに滝見台に到着。
ネジネジの木に少し隠れ気味ですが、水量豊かな滝を斜め上から見下ろせます。

大下滝02

更に下まで行くことが出来ますが、90度曲がった本流の下流側なので横からの眺めとなり、泳ぐぐらいの覚悟でないと正面には行けそうにありません。

大下滝03

それでも雰囲気の良い場所で、期待以上のお手軽滝でした♪

来訪日 2020年6月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

熊久保朝日滝

朝日滝03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 分岐瀑

静岡県富士宮市半野
滝の地図はこちら→ Google Map

まだ時間も早いので、山梨へ向かう前にもう1箇所寄ってみます。

白糸の滝から一旦西へ向かい県道184号線を南下、案内に従ってスロープ状の坂を下ると小さな公園のような場所があり、その奥に滝が見えていました。

朝日滝01

「ついで」ぐらいの気持ちで寄りましたが、「ついで」と言うには申し訳ないほど、落差も水量もある見事な滝です。
初めは理由は分かりませんが、見た瞬間に直感で「いい♪」と感じます。

朝日滝04

よくよく見てみると、直瀑・分岐瀑・段瀑・渓流瀑の要素がミックスされている、有りそうでなかなか無いタイプの滝でした。
それらが上手く調和している、隠れた名瀑だと思います。

朝日滝03

白糸の滝から10分ほどなので、こちらにも是非立ち寄ってみてください。

来訪日 2019年12月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

白糸の滝・音止の滝《日本の滝百選》

白糸音止04

迫力 ★★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

白糸の滝・落差20m 潜流瀑
音止の滝・落差25m 直瀑

静岡県富士宮市上井出
滝の地図はこちら→ Google Map

国道139号線及び県道414号線で富士宮市上井出へ向かいます。
立派に観光地化された有名滝で案内も随所にあるので、迷いはしないと思います。
今の時代、ナビがあれば大抵の場所に行けますしね♪

周辺には公営や民営の駐車場があちこちに有り、値段は200~500円ぐらいです。
言ってしまえばどの駐車場でもいいのですが、滝に近くて安い所に越した事はないでしょう。
私は一番大きなメインらしき駐車場に停めたので、土産物屋の間を歩いて5分足らずで、まずは音止の滝の展望所に到着しました。
そこは滝を見下ろす感じの位置で、金属の柵と更にその1mぐらい手前にも柵があり二重になっているので、正直あまりよく見えません。

白糸音止01

滝自体は勢いのある直瀑で、周囲の岩壁も迫力があり、正面から見ればかなり見応えがあると思います。
ルートを逸れて滝前のベストポジションに行けなくもないようですが、よく分からないので展望所からの観瀑に留めました。

お隣りの白糸の滝へは歩いて数分で到着します。
周辺には綺麗な遊歩道が設置され、立派に観光地化されています。
そして肝心の滝のほうは…これまた素晴らしい!
はるばる大阪から来た甲斐がありました♪

白糸音止02

長い年月をかけ富士山麓を流れて来た伏流水が、異なる地層の合わせ目から湧き出しています。
潜流瀑自体はそれほど珍しいものでもありませんが、このスケールの大きさには驚きです。
雲の切れ間から日が差し込むと、大きな虹も姿を見せました。

白糸音止03

ここから遊歩道を少し登ると、白糸の滝全体を見下ろす事ができ、これもまた絶景♪
こうして見ると南の島の楽園のようです。

白糸音止04

新緑や紅葉の季節なら、更に素晴らしい景観でしょう。
晴れていればバックに富士山もくっきりと見る事ができます。

白糸音止05

来訪日 2019年12月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

陣馬の滝

陣馬の滝06

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差5m 潜流瀑

静岡県富士宮市猪之頭
滝の地図はこちら→ Google Map

奈良県十津川村で2019年の滝巡りは終了~!のはずでしたが…。
訳もなく突然富士山を見たくなり、勢いで静岡・山梨方面へ日帰り遠征してしまいました(笑)
初ルートとなる新名神~新東名はとても走り易く、同じくらいの距離の長野や広島に行くよりもかなり楽でした。
名神や中国道は設計が古い為か、微妙にアップダウンやカーブが多いので、じわじわと疲れが蓄積されます。
それに比べ新しい高速道路は快適で、何気ないところで道路建設技術の進歩を感じました。

前日の夜に大阪を出発して深夜2時半に富士宮市に到着、朝霧高原のパーキングで車中泊(仮眠レベル?)しました。
日の出の頃に自然と目が覚め、美しい早朝の富士山を眺める事ができました。

陣馬の滝00

国道139号線から県道414号線に入って猪之頭地区を走ると、滝の案内板があるので西へ曲がります。
民家の間を走るとすぐに駐車場と滝入り口に到着します。

陣馬の滝01

そこから歩いて1~2分で滝が見えてきました。
滝前を自在に移動するには長靴がベストで、夏場ならビーチサンダルやマリンシューズでも良さそうです。

陣馬の滝02

富士山周辺ならではの潜流瀑です。
溶岩で出来た地層の隙間からいくつもの湧水が流れ出しており、一番右の大きいものは芝川本流の滝です。

陣馬の滝03

こういったタイプの滝は新緑の頃が一番綺麗に見えますが、12月中旬ともなると寂しい冬の装いでした。
思い付きでこの季節に遠征してしまったので仕方ないなぁ(笑)

陣馬の滝04

陣馬の滝05

週末には多くの人で賑わうようですが、さすがに平日の早朝だと貸し切りでした。

陣馬の滝06

来訪日 2019年12月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
         
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: