fc2ブログ

石澄滝 -再訪-

石澄滝23

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差25m 段瀑

大阪府池田市畑
滝の地図はこちら→ Google Map

この滝は再訪になりますので、アクセスなど詳細は前回記事をご覧ください。

滝への入口が住宅地なので駐車場所に困る滝ですが、もう少し登った先の長楽寺前の駐車場がベストだと思います。
このすぐ横は墓地なのですが、週末の夜には夜景スポットとなりカップルの車がやって来ます♪
入口から滝までの道は手入れされて以前よりも歩き易くなっている印象です。
後半の洞穴から先も右側だけではなく、直進方向にもいくつか明確な踏み跡がありました。
そして入口から約20分で滝前に到着。
こんな滝だったのかぁ♪
3年半ぶりに訪れると、以前より1回り大きくなったように見えました(笑)

石澄滝21

細長い下段に控えめな上段…に見えますが、今回は左岸から上にも登ってみます。
すると滝下からでは見えない中段とも言える部分がありました。

石澄滝22

微妙な段や折れがある斜瀑になっており、ここから落口までの高さは15mぐらい。
最下段は10m程度なので、こちらのほうが大きいですね。

石澄滝23

大阪の滝もちゃんと見ればまだまだ楽しめる部分もあり、魅力再発見の滝見となりました♪

来訪日 2022年3月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

乙女の滝(山吹渓谷)

島本乙女04

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

乙女の滝・落差30m 分岐瀑
大滝・落差4m 段瀑

大阪府三島郡島本町尺代
滝の地図はこちら→ Google Map

地元大阪の滝シリーズ、続いては北摂エリアの滝です。
JRの山崎駅や島本駅方面から府道734号線を北西に走り尺代地区に向かいます。
山吹渓谷やアマゴ・マス釣りの案内の方向に進んで水無瀬川左岸の林道に入ると、やがてゲートがあり車両進入禁止になります。
周辺に駐車は微妙なので、かなり手前に停めて歩くほうがいいのかも?

島本乙女01

そこから渓谷沿いの道を歩いて10分足らずで滝の案内がありました。
水無瀬川の対岸に大きな滝がありますが、木に遮られてほとんど見えません。

島本乙女02

ここから急斜面を降りられなくもないですが、数10m戻って傾斜の緩い箇所から降りると水車の残骸が有りました。
意外と長い~!
大型船のエンジンのクランクシャフトみたいですね。
見たことないですけど…(笑)

島本乙女03

水車脇は深い淵になっているので、少し先から川原に降りて渡渉すると滝前に到着しました。

島本乙女04

現地の案内に落差50mと書いてありますが、どう見てもそんなには無く、せいぜい25~30mといったところです。
しかし大阪府民としては、なかなか立派な滝と豊かな緑に少し嬉しく感じました♪

島本乙女05

水量はこれくらいで安定しているようで、水も意外と綺麗です。
滝の真上がゴルフ場なのは気になりますが…。

島本乙女06

本流のすぐ先には小さな段瀑が見えています。
小さくても名前は大滝だそうです。

島本乙女07

滝は大岩の裏に落ちており、手前は深い淵で両岸は切り立った崖なので、腰ぐらいまで水に浸からないと滝前には行けなさそうでした。

来訪日 2022年3月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

法蔵寺裏の滝

法蔵寺裏05

迫力 ★★
癒し 
アクセス ★★★★★

落差10m 分岐瀑

大阪府八尾市服部川
滝の地図はこちら→ Google Map

国道170号線を平田川交差点から南下し、コーナン外環八尾山本店のすぐ南の角を東に曲がります。
郡川交差点を過ぎて400mの分岐に法蔵寺の案内板があるので左折。
古い住宅街の細い道を法蔵寺の案内板に従い踏切を越えて東進すると、やがて左手に法蔵寺と霊園が現れました。

法蔵寺裏01

法蔵寺の駐車場に車を停めて、そこから見下ろした大阪市内です。
左の一番高いビルがあべのハルカス、その向こうに見える山並みは兵庫県の六甲山ですね。
電柱と林に隠れた辺りが儚い青春時代を過ごした実家のあるエリアかな?(笑)

法蔵寺裏02

駐車場前の道を奥へ進むとハイキングコースになり、下の写真のすぐ手前の分岐を左の沢方向に進みます。

法蔵寺裏03

薄暗い竹林に沿って数分歩くと、堰堤の先に滝が見えました。
他の方のブログにあったテント(宗教施設?)は撤去されたようです。

法蔵寺裏04

分岐瀑・渓流瀑・斜瀑がミックスされたような珍しい形の滝ですが、普段ならスルーするクラスの滝と言えるかも知れません。
それでも私の生まれ故郷にある数少ない滝の1つなのでお許し下さい(笑)

法蔵寺裏05

来訪日 2022年3月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

虎ノ滝

虎ノ滝02

迫力 ★★
癒し 
アクセス ★★★★★

落差5m 段瀑

大阪府河内長野市滝畑
滝の地図はこちら→ Google Map

アクセス的には前後しますが、布引の滝入口から東に800m戻ったカーブに滝があり、冬場なので道からもその姿が見えていました。
布引の滝方面からだと左カーブの右側に滝があり、左手には駐車可能な空き地があります。

虎ノ滝01

左岸から降りるとすぐに滝前です。

虎ノ滝02

前を通ったならついでにどうぞ~♪ぐらいの滝ですが、滝貧乏の大阪ではこれも貴重な存在です(笑)

来訪日 2022年3月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

布引の滝・金山滝(滝畑)

布引の滝滝畑05

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

布引の滝・落差10m 直瀑
金山滝・落差4m 段瀑

大阪府河内長野市滝畑
滝の地図はこちら→ Google Map

行者の滝などがある岩湧の森から林道を更に西へ登ります。
途中から道は下りに転じ、岩湧の森の駐車場から2.7kmのカーブミラーがある左カーブが滝入口になるので、若干広くなった路肩に寄せて駐車します。
カーブミラー近くの木に巻かれたテープには布引の滝と書いてありますが、運転しながらでは見つけ難いでしょう。
この滝は滝畑四十八滝の1つでもあり、西側の滝畑ダム方面から来る事も出来ます。

布引の滝滝畑01

入口からは明確な踏み跡が続いており、途中に何となくの分岐もありますが、尾根を真っ直ぐ進みます。
2~3分で急な下りとなり滝の案内があるので、そこから右に降りていきます。

布引の滝滝畑02

沢が見えてくると分岐になり、道は右方向の上流へも続いていますが、ここで左に進むと落口が見えました。

布引の滝滝畑03

そのまま左岸の斜面を下ると滝前に到着します。
赤茶けた岩と緑の苔が鮮やかで、冬場でもカラフルでした。

布引の滝滝畑04

いかにも典型的な“布引の滝”らしい流れの滝です。

布引の滝滝畑05

意外だったのは滝壺の美しさ~♪
大阪とは思えない綺麗な水の色です。

布引の滝滝畑06

この滝の下流には金山滝があり、左岸の踏み跡を降りるとすぐに滝前に到着しました。
しかし上段が瓦礫で埋まっていて流れが見えない状態だったので、再度登り返して上段を大掃除♪
でもこの巨大な倒木だけはどうしようもありませんでした。

滝畑金山滝

来訪日 2022年3月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

千手の滝・不動の滝(岩湧寺)

岩湧の森04

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

千手の滝・落差37m 段瀑
不動の滝・落差18m 段瀑

大阪府河内長野市加賀田
滝の地図はこちら→ Google Map

行者の滝から遊歩道を更に数分登ると、岩湧寺が見えてきた辺りに滝の案内板があります。

岩湧の森03

そこから左の沢方向に進むとすぐに滝前です。
向かって左側に落ちているのが不動の滝で、前日にしっかり雨が降ったと言うのにこの水量…(泣)
右岸にはロープが設置されており上の滝にも行けるようですが、この水量なので行きませんでした。

岩湧の森04

そして右側に見えるのは千手の滝で、こちらはもっとチョロチョロ…(泣)

岩湧の森05

滝から少し離れると、上にもかなりの落差の上段があるのが見えました。
これで水量がたっぷり有れば、相当の迫力だと思います。

岩湧の森06

上段前に出るには、刑務所の壁の様に垂直にそびえ立つ、左岸の10mほどの岩壁を越えなければいけません。
刑務所に入ったことは無いですけども…(笑)
しばらくウロチョロしてみて、ここしか無いかなぁ?というポイントが1箇所ありましたが、なかなか危険な登攀になりそうです。
さすがにこの水量なので、そんな危険を冒す気にはなりませんでした。

来訪日 2022年3月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

行者の滝(岩湧寺)

岩湧の森02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差7m 段瀑

大阪府河内長野市加賀田
滝の地図はこちら→ Google Map

2022年は長距離遠征は程々にして関西の滝をもっと見直そう♪
※東は岐阜、西は岡山ぐらいまでは遠征にはならない※
という自分の中の勝手なテーマがあるので、ここから少しの間は大阪の滝にお付き合い下さい(笑)

南海三日市町駅方面から府道221号線を南下して岩湧の森を目指します。
第1or第2駐車場に駐車して、向かいに見える堰堤の左岸側の遊歩道を進みます。
岩湧寺や四季彩館からも向かえますが、駐車場からだとこのルートがベストでしょう。

岩湧の森01

沢沿いに石畳の遊歩道を10分ほど登ると左手に滝が見え、その少し先から滝前に降りられました。
落差の割りには、なかなか大きく感じさせる段瀑です。

岩湧の森02

休日なので岩湧山の登山者で駐車場は一杯でしたが、滝周辺では誰とも会いませんでした。

来訪日 2022年3月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

箕面大滝《日本の滝百選》-再訪-

箕面102

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差33m 直瀑

大阪府箕面市箕面公園
滝の地図はこちら→ Google Map

自宅から一番近い百選滝にブラっと訪れてみました。
前回記事はこちら

2年半ぶりの訪問ですが、以前は無料で駐車出来たトイレ横の駐車場が閉鎖され有料駐車場のみになっていました。
もちろん滝姿は以前と何ら変わりません♪

箕面100

でもこんなに水の透明感あったっけ?

箕面101

左岸側はこんな岩山だったっけ?

箕面102

前回とは違った目線で見られましたが、人馴れしたサルは相変わらずでした(笑)

箕面103

来訪日 2021年9月




車種別専用設計!ブラインドシェード


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

人智開明の滝

清水10

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差8m 直瀑

大阪府和泉市槇尾山町
滝の地図はこちら→ Google Map

清水の滝から下流の人智開明の滝へと向かいます。
またまたロープが設置された右岸側の斜面を降りて行くと、20分ぐらいで滝のやや下流に出ました。

清水10

岩に当たって弾けるような躍動感のある滝ですが、思っていたよりは小さいかな?

清水11

さて、ここから清水の滝に引き返すルートですが、滝の向かって右側の急斜面にもロープが設置されています。
でも下から見る感じでは崩落もあって危険そう。
結局来たルートと同じく左側(右岸)から巻いて上がりました。
滝壺から20mほど下流で対岸に渡渉した正面の斜面です。

《結論》この2つの滝に行くなら、素直に側川から歩く方が楽なように思います。

来訪日 2021年5月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

清水の滝

清水06

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

落差40m 段瀑

大阪府和泉市槇尾山町
滝の地図はこちら→ Google Map

側川にある人智開明の滝と清水の滝。
そこへと続く林道が前回と今回通行止めで、その地点からだと3km以上歩かないといけません。
しかし満願の滝がある槙尾川からも登山道が続いているようで、直線距離も短いので(あくまでも直線距離…)そちらから山越えで向かってみました。

清水01

満願寺から400m下った所に大きなトイレのある駐車場があり、その右手から登山道が延びています。

清水02

初めは車でも走れそうな道でしたが、いつの間にか階段になり登りが長らく続きます。

清水03

30分登り続けて五つ辻に到着すると、すでに脚はヘロヘロでした(笑)
五つ辻と言うだけあって確かに5方向に分岐しており、「清水の滝 危険」の案内板の左に行くと清水の滝へ、右は人智開明の滝の下流に出そうですが、右は藪が茂って見えたので左のルートに進みました。
清水の滝へのルートは以前死亡事故があったようなので慎重に…。

清水04

いやぁ…大阪の低山でこんなにハードなルートとは!
後半のほとんどがロープ場です(写真は降りてから撮りました)。
でもダラダラと歩き続けるよりは変化があって楽しいんですけどね♪

清水05

そしてまずは上流側の清水の滝に到着です。

清水06

なかなかいい滝じゃないかぁ~♪水飛沫も気持ちいい~♪

清水08

ただこの位置からでは上段はほとんど見えません。

清水07

帰りにやや高い位置から見下ろすと、まだ上にも3段ぐらいある大きな滝でした。

清水09

来訪日 2021年5月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

満願の滝

満願滝04

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差90m 段瀑

大阪府和泉市槇尾山町
滝の地図はこちら→ Google Map

府道20号線(国道170号線旧道)から府道228号線を南に、満願寺や施福寺を目指して走ります。
左上を見ると立派な道路が!
まだ建設中かと思ったら、目的地手前で合流していました。(帰りはこちらを走行。)
終点にはいくつか駐車場があり、ここが槙尾山の登山口になっています。

満願滝01

その手前右側の弁財天に入るとすぐ奥に滝があります。

満願滝02

普段は水量が少なく涸れ滝に近いそうですが、落差は100mクラスとのこと。
この数日は雨が続いたので期待して向かってみると…。

満願滝03

す…少ない!
でもこれだけ流れていれば充分かぁ♪
落差も50mぐらいしか無いような…?
ここから見えない上段がありそうでした。

満願滝04

来訪日 2021年5月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

行者の滝・千手の滝

犬鳴15

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

行者の滝・落差15m 段瀑
千手の滝・落差20m? 段瀑

大阪府泉佐野市大木
滝の地図はこちら→ Google Map

固津喜の滝から少し進むと七宝瀧寺の本堂があり、その中を通り抜けた先がメインの行者の滝です。
手前の箱に滝の管理費として50円入れて進みます。
べつに100円でもいいのになぁ、意外と財布の中に50円って無いものです(笑)

犬鳴13

これはこれは!立派な滝だこと♪
下流で見てきた滝とはスケールがまるで違います。

犬鳴14

この滝では滝行が行われるので、鎖が何本か垂れ下がっていました。
一般人も参加できるようですね。
気になる方はコチラをご覧ください♪

犬鳴15

向かって右から小さく流れ込んでいるのが千手の滝です。
かなり上の方から続いており、落差は20~30mぐらいには見えますが定かではありません。

犬鳴16

来訪日 2021年5月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

両界の滝・塔の滝・固津喜の滝

犬鳴07

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

両界の滝・落差5m 直瀑
塔の滝・落差3m 分岐瀑
固津喜の滝・落差6m 分岐瀑

大阪府泉佐野市大木
滝の地図はこちら→ Google Map

泉佐野市街から府道62号線を南へ、犬鳴山温泉を目指します。
温泉入口周辺の駐車場に停めるのが無難ですが、東に進んだ最奥にも有料駐車場とトイレがあります。

犬鳴01

この渓谷のメインはラスボス的に最後に現れるので、下流からその他の滝も見ながら進んで行きたいと思います。

犬鳴02

犬鳴03

歩き出して10分もせずに善女ヶ淵と2段の滝が見えますが、ちょっと奥まっていて写真は撮り辛いのでパスし、そこから少し進むと両界の滝に到着しました。
この前後にも小滝が連続していますが、この部分だけが両界の滝かな?

犬鳴04

ここは渓谷沿いの散策路と参道がミックスされた感じで、心地良い渓流を眺めながら進んでいると突然立派な門が現れたりします。

犬鳴05

犬鳴06

そして両界の滝から10分ほどで塔の滝に到着します。
小さい滝の割りに大きな釜を持っていました。

犬鳴07

さらに七宝瀧寺に向かってどんどん進んで行くと、道路が交差しており駐車場がありました。
少し北の林道からここまで来れるようなので、下流の滝をパスするならこの駐車場まで車で来れば楽ちんです。
ここにあった地図で全体をイメージできるでしょうか?
名のある滝が7つで犬鳴七滝だそうですが、今回は弁天の滝と布引の滝には寄っていません。

犬鳴08

さらに参道を奥へと進むと、右手に身代不動、左手にボケよけ不動尊があります。

犬鳴09

まだボケたくはないから少し祈ってみました(笑)

犬鳴10

そのボケよけ不動尊の奥に流れているのが固津喜の滝です。
2つの流れが合流する意外と珍しい形状ですが、思っていたより小さいかな?
水量が増せばカッコいい~♪事になりそうです。

犬鳴11

では犬鳴山渓谷のメインへと向かいます。

来訪日 2021年5月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

竜仙の滝

竜仙の滝04

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差13m 段瀑

大阪府高槻市萩谷
滝の地図はこちら→ Google Map

茨木の市街地方面から府道46号線を北上します。
古くから京都の亀岡方面に抜けるルートとして利用され、私も十数年ぶりに通りましたが、周囲はかなり開発が進み道も良くなっていました。
新名神開通後はトラックも増えて、建設中の大型ダムの影響かダンプもビュンビュン走っています。
そんな府道沿いに滝見道入口がありますが、駐車スペースはありません。
少し南の路肩に辛うじて1台分のスペースがあるものの、大型車が頻繁にスレ違うような道なのでお勧めはできません。
南側の車作集落に駐車は出来ますが、そこからダンプだらけで歩道の無い府道を歩かなければならず、それもどうかと…。
地図を見ると府道の車作トンネルの北側からUターンする様に左折した先に林道があるので、そこから滝へ向かってみました。
青が通常の登山道で、赤が今回歩いたルートです。
ちなみに入口は茨木市で、滝のある場所は高槻市です。

竜仙の滝00

林道のヘアピンカーブ脇に駐車、そこから明確な道が水路と共に続いており、平坦で歩き易いです。

竜仙の滝01

竜仙の滝02

時間的にも5分ほどで本来の滝見道に合流しました。
正規ルートを進んだ場合で滝まで10分ぐらいだと思います。

竜仙の滝03

この滝は普段の流れはチョロチョロらしいですが、さすがに2日間雨が続いた後なので水量が多く見応えがありました♪

竜仙の滝04

地元近くなので雨後のタイミングを狙って訪れましたが、遠方だとそうはいきません。
滝に恵まれた地域に住まれている方が羨ましいです♪

竜仙の滝05

来訪日 2021年3月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

十兵衛の滝

十兵衛の滝03

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差30m 段瀑

大阪府箕面市粟生間谷
滝の地図はこちら→ Google Map

大阪で滝と言えば箕面大滝
他に石澄滝と十兵衛の滝とで「箕面三滝」と呼ばれるそうですが、この2つは地元の人でも知らず、訪れる人もほとんどいないようです。
石澄滝は以前に墓参りの帰りに寄ったので、今日は残りの1つに向かいました。

箕面市の粟生や彩都から府道4号線を北へ、勝尾寺方面に進みます。
箕面大滝から勝尾寺経由で南下して逆から向かう事も出来ます。
古くは十兵衛の滝と勝尾寺の間の登山道には茶屋が立ち並び人で賑わっていたそうですが、それもはるか昔の話で、今ではその登山道もすっかり荒廃してしまったようです。
府道4号線の西田橋交差点から北へ1.5kmのポンプ場が目印ですが周辺に駐車スペースは無く、ポンプ場の少し手前の路肩に1台分のスペースがある程度です。
週末の早朝だったのでポンプ場入口に駐車しましたが、平日の日中などはどうでしょう…?
ポンプ場から少し上流側に進むと、右手にフェンス付きの法面と左手に広場のような場所があり、その辺りの傾斜が緩いのでそこから川へと降ります。

十兵衛の滝01

そこから川を100mほど溯行すると対岸に滝が見えてきました。
本流の河原はゴミや投棄物が目立ちましたが、滝の周辺は比較的綺麗です♪

十兵衛の滝02

下から見えるのは最下段の15mぐらいで、その上の段もチラッと見えています。
ボランティアの計測によると、4段で合計47mの滝だそうですが、見た感じではせいぜい25~30mぐらいでしょう。
計測時の画像もWEB上にありますが、滝の斜面に沿ってロープを垂らしているので、恐らく落差ではなく長さが47mのように思います。

十兵衛の滝03

滝右岸の斜面をよじ登ると旧登山道に出ました。
そこから上段まで行けますが滝を見下ろすような位置になるので、滝前に出るには結局は斜面をまた降りる事になります。
上段は比較的簡単に行けますが、中段はやや危険でした。
↓中段です。

十兵衛の滝04

↓上段です。

十兵衛の滝05

ここより上の流れは傾斜も緩いので、滝とは呼べないかな?
4段全てを一望できないのは残念ですが、大阪ではなかなかの良瀑だと思います。

来訪日 2021年3月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

権現滝(滝畑)

滝畑権現05

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差15m 直瀑

大阪府河内長野市滝畑
滝の地図はこちら→ Google Map

次は滝畑エリアでは最北に位置する石川支流の滝に向かいました。
滝畑ダムの北から府道218号線を1km走った分岐を右に鋭角に曲がって林道に入ります。
そこから500mのカーブミラーの先に入口がありますが、かまぼこ板サイズの案内板なので運転していると見つけ難いと思います(笑)
そしてこの周辺にいい駐車スペースはほとんど有りません。

滝畑権現01

滝畑権現02

そこからはなかなかの急斜面を降りますが、ロープが設置してあるので問題無く2分ほどで滝前に到着します。

滝畑権現03

ここが大阪だという事を忘れてしまうぐらい秘境感の漂う場所で水も苔も綺麗です。

滝畑権現04

滝畑エリアは集水域が広いのか、渇水期の支流でも水量に問題は無さそうです。

滝畑権現06

分類は直瀑になると思いますが、途中で岩に当たってバウンドする流れもあって楽しめる滝でした。

滝畑権現05

この日は地元にもいい滝がいっぱい在ったんだと再認識されられました…。
滝畑には他にも名の有る滝が存在しますが、ここでエリアを移動します。

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

尼滝(滝畑)

滝畑尼04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差15m 段瀑

大阪府河内長野市滝畑
滝の地図はこちら→ Google Map

続いて府道61号線を和歌山方面へ南に走り、滝畑最上流(無名滝は除く)の滝に向かいます。
荒滝への林道分岐から南へ2km走ると小さな橋があり、その橋を渡った左手のスペースに駐車して、少し先のカーブミラー付近から沢に降ります。

滝畑尼01

1分ほど歩くと滝の最下段が見えてきました。
少し奥まった狭い場所に落ちているので、写真は撮りにくいです。

滝畑尼02

そこから右岸の岩場を登ると、この滝のメイン部分に到着しました。
大阪でもこんなに綺麗な水が見られるんだなぁ…、しかも野生動物やヒルと遭遇する心配が無いのもいいです♪

滝畑尼03

滝畑尼04

更に右岸の斜面をよじ登ると最上段が見られます。
大小合わせて少なくとも4段以上ある滝で、右に左にクネクネと曲がって落ちているので全てを一望は出来ません。
それでも各段に滝壺が有って、なかなか面白い滝でした。

滝畑尼05

最上段付近から斜面を登るとすぐに府道に復帰。
なので上段側から降りて来る事も可能ですが、急な斜面なのでやや危険だと思います。

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

御光滝(滝畑)

滝畑御光03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差18m 分岐瀑

大阪府河内長野市滝畑
滝の地図はこちら→ Google Map

荒滝から林道に戻って、石川本流沿いに奥へと進みます。
いい道なので車で入れると楽なんだけどなぁ…。
ここは今回の滝畑エリアでは1番期待している滝で、荒滝から10分ほど歩いて滝の入口に到着しました。

滝畑御光01

そしてここから滝見道を歩く事3分で滝が見えてきました。
苔むした岩と鬱蒼とした木々に囲まれた幻想的な場所です。
向かって左に落差のある滝、右には僅かに脇滝の流れが見えました。

滝畑御光02

落ち口は複雑な流れをしており、2か所でX字にクロスしています。
そう言えば何十年も前ですが、セリカXX(ダブルエックス)っていう車があったなぁ…(笑)

滝畑御光03

渇水期でも充分な水量があり、黒い岩の凹凸上で綺麗な流れを見せています。

滝畑御光04

しばらくのんびりと滝の流れを見ていると、ここが地元の大阪だという事を忘れていて、高速で他の地域へ遠征して滝見してるような感覚でした♪

滝畑御光05

好みは人それぞれですが、箕面大滝をも凌ぐ大阪トップクラスの良瀑だと思います。

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

荒滝(滝畑)

滝畑荒03

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差8m 分岐瀑

大阪府河内長野市滝畑
滝の地図はこちら→ Google Map

光滝から府道61号線を南に走り荒滝キャンプ場を目指します。
こちらのキャンプ場は基本的に閉鎖されているので、光滝の駐車場のチケットを見える所に置いておけば、ゲート横のスペースに2台ほど駐車出来ます。
キャンプ場の閉鎖はいいとしても、林道は入れるようにして欲しいなぁ…。
しかも、まだ先へと続く府道よりもこちらの道のほうが広くて綺麗なんです(笑)

滝畑荒01

そこから5分ほど歩くと荒滝の案内があり、木橋を渡って支流の河原を進みます。

滝畑荒02

すると約2分で滝前に到着します。

滝畑荒04

流れの綺麗な分岐瀑で、滝壺の色もまずまずです。

滝畑荒03

ここも落差の小さい滝ですがアクセスも簡単なので、滝畑に来たなら寄る価値はあると思います。

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

光滝(滝畑)

滝畑光03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差10m 直瀑

大阪府河内長野市滝畑
滝の地図はこちら→ Google Map

全国47都道府県で滝偏差値はワーストクラスの大阪府。
生まれも育ちもず~っと大阪ですが、箕面大滝以外にまともな滝は無いという認識でした。
なので今回は"地元再認識"の為に、大阪では箕面大滝の次に有名と思われる滝畑四十八滝に向かいました。

国道170号線から関西サイクルスポーツセンターと滝畑ダムを越え府道61号線で光滝寺キャンプ場を目指します。
滝畑四十八滝は川に沿った遊歩道でほぼ全ての滝を回れるタイプの滝群ではなく広範囲に散らばって点在していますが、メインとなるエリアには路肩等の駐車スペースが無いのでキャンプ場の駐車場に停めることになるでしょう。
(滝見のみでも1000円は高い気が…。)
駐車場から最奥の堰堤へ向かい、右の遊歩道か左の河原を歩いて奥へ進みます。

滝畑光01

途中の左岸にある坊滝は崩落で荒れており、その先の無名滝のほうがまだ見映えがマシかも?
そして5分ほどで光滝が見えてきました。
キャンプ場奥に落ちる滝畑の顔とも言える代表的な滝で、「大阪!意外とやるじゃないか~♪」といった感じ。

滝畑光02

落差の小さい直瀑ですが、落ち口から三条に分かれた少し変化のある流れです。
滝前に立つと包み込まれるように切り立つ岩壁が見事で、それとは対照的に解放感のある綺麗な河原は、水遊びやバーベキューにも最適なスペースでした。

滝畑光03

そして想像していたよりも水が綺麗です。
ちょっと見直したぜ!大阪♪

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

箕面大滝《日本の滝百選》

箕面大08

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差33m 直瀑

大阪府箕面市箕面公園
滝の地図はこちら→ Google Map

注文していたカメラが届きました、上級者からも高評価のリコーGRです。
とは言え、型遅れの中古ですが…。
これで腕不足を少しはカバーできるかな?
早速試し撮りに向かうのは、地元から30分で行ける百選の滝…箕面の滝。
子供の頃から5回ぐらい訪れていますが、ちゃんと写真を撮るのは初めてです。
ここは紅葉が有名で、シーズン時には観光バスも訪れ渋滞や交通規制で大混雑するので、その時期には近付きたくありません。
まだ新緑には早いようですが、ひとまずここに向かう事にしました。

箕面大滝へは2通りのアクセス方法があり、阪急箕面駅から徒歩で小1時間ほど川沿いの遊歩道を登る方法と、車で直接滝近くまで行く方法です。
紅葉のシーズンは、のんびり遊歩道からのルートが見どころも多くお勧めです。
車の場合は、国道171or423号線から府道43号線に入り勝尾寺方面に向かうと、途中の箕面公園内に滝があります。
手前に10台程度の駐車場と、奥には観光バスも停まれるような広い駐車場があり、行楽シーズンの休日以外は無料のようです。

箕面大01

箕面の滝と言えば“ニホンザル”と“もみじの天ぷら”が有名で、以前はこの駐車場にも猿が大量に出没し、車から降りてきた人間の荷物や食べ物をひったくっていたものですが、年々猿の数が少なくなってきてるように思います。
もみじの天ぷらはお土産でいただく事もよくあり、子供の頃には「もみじは野菜だ」と思っていたぐらいです(笑)
この日は朝の通勤ラッシュぐらいの時間帯に駐車場に到着しましたが、すでに5~6台の車があり、サイクリングやジョギングをしている方もおられました。
駐車場から下流方向に少し進むとトンネルがあり、そこから滝へと向かいます。

箕面大02

やはり新緑には少し早かったようですが、冬・春・夏の色が混在して色とりどりです。

箕面大03

滝までは下りの遊歩道を15分ぐらい歩きますが、4月中旬で一面綺麗な青紅葉でした。
秋にはこれらが真っ赤に染まります。

箕面大04

箕面駅から徒歩で登ってきたコースとの合流が近づいた頃、徐々に大滝が見えてきました。

箕面大05

観光客の団体はいませんでしたが、それでも10人以上おられ、大半が散歩やジョギング姿の年配の方でした。
そして滝に近寄り撮影開始、天気も良いのでNDフィルター装着です。

箕面大06

箕面大08

今日の水量は、やや少ないようでした。
さすがにカメラがいいと、下手っぴでも綺麗に撮れているような気分になります。

箕面大10

箕面大09

設定を色々試しながらカメラに夢中になっていると、右のほうから何やら不気味な気配が…。
ヤツがこちらの様子を伺っていました(汗)

箕面大11

来訪日 2019年4月

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

石澄滝

石澄11

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差25m 段瀑

大阪府池田市畑
滝の地図はこちら→ Google Map

箕面の滝以外に有名な滝が少ない大阪ですが、その箕面の滝の近くに知る人ぞ知る名漠が潜んでいる!という記事を見付け早速行ってきました。
箕面の滝と同じく数十万年前に誕生し、今の日本海の位置が陸地で大阪のほとんどがまだ海だった時代、この滝は海へと流れ落ちていたと言われています。
以前は地元の家族連れがハイキングなどに訪れていたそうですが、今では人がほとんど入らない為に山道も荒れ果ててしまい、WEB上ではオカルトスポットとして色んな噂が飛び交っているようです。

池田市と箕面市の境界付近、府道9号線の東畑交差点から北へ400m登った住宅街の端に滝への入口があります。
ちなみに周辺に駐車場所はありません。

石澄01

ゲートを抜け少し進むとすぐに未舗装の登山道になり、程なく最初のスポット丸太橋が現れます。

石澄03

高さ2m弱、長さ4m、丸太の直径は20~30cm程度、やや不安定ですが平均台のつもりでゆっくり進めば、さほど難なく渡れます。
不安な方はすぐ横を迂回できるので、そちらのほうが無難だと思います。

石澄04

そこから寂びれた道をテクテク歩いていると、いきなり目の前に廃屋が…。
看板には“一心寺”とありますが、お堂のような建物は無く住居のような造りです。

石澄06

さらに先にもまた!

石澄07

もういっちょ!

石澄08

こちらも寺院跡のようですが、こんな山奥に?
これらの廃屋や道中にある謎の石碑がオカルトスポットと言われる理由のようです。
さらに進んで行くと今度は謎の洞窟が!
もう訳がわからなくなってきました(笑)

石澄09

このまま洞窟の裏から真っすぐ登っても行けますが、ここで右へ進むのが正解だそうで、少しわかりにくいですが確かに右の斜面に道が見えています。
落ち葉の季節なのでルートは見付けられましたが、夏場は木々が生い茂って道を完全に覆ってしまうので、ここで迷って断念するケースもあるそうです。
そして右手の斜面を越え沢を進んで行くと、少し先に石澄滝が姿を見せました。

石澄10

ここからは岩場を奥へと進んで行きますが、左右の岩にロープが張ってありますので、それを使って滝壺の前へと辿り着きます。
そしてご対面の石澄滝がこちら。

石澄11

岩が大きいので写真ではわかり辛いですが、上下段を合わせるとかなりの高さがあります。
水量は少なめで派手さはありませんが、なかなかの美漠です。
この日は雲1つ無い快晴で日光が滝を直撃していたので、滝壺付近に小さな虹も見られました。

石澄12

市街地からのアクセスが良く、滝までもさほど距離がなくアップダウンも少ないのですが、道中はなかなか荒れています。
しっかりした靴と手袋ぐらいはあったほうがいいと思います。
かつて滝へのルートは確保したものの維持していくのは難しいのでしょう。
それでも地元の山友会の方が手を入れてくださってますので無事にたどり着く事ができました、有難うございます♪

石澄13

来訪日 2018年11月

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

しょろ上の滝


しょろ01

迫力 
癒し ★★
アクセス ★★★★

落差8m 分岐瀑

大阪府河内長野市滝畑横谷
滝の地図はこちら→ Google Map

この日は地元大阪の数少ない滝の中から、滝畑の光滝・御光滝・荒滝・夫婦滝を目指し、国道170号線から関西サイクルスポーツセンターを過ぎ滝畑ダムへ。
ダムの先の駐車場に停めようとすると管理人のおばちゃんが、「キャンプするの?滝?」「滝はアカンよ、こないだの台風でメチャクチャになってて行かれへんわぁ」との事。
大型の台風21号の被害による落石や倒木で滝への道が寸断され、滝壺も倒木が転がり無残な姿になっているそうです。
仕方なく断念して、ダムの手前にある別の滝を目指すことにしました。

滝畑ダムの横から地元の車ぐらいしか通らなさそうな林道を進むこと約15分、道路の下からどうも滝が流れているような音が聞こえたので道路脇に駐車、下へ降りるとすぐこじんまりとした滝がありました。

しょろ02

しょろ01

この周辺も倒木だらけでしたが、滝のすぐそばだけは無事でした。

来訪日 2018年9月

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
         
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: