fc2ブログ

宇佐の大滝

宇佐の大滝01

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差28m 分岐瀑

山口県岩国市錦町宇佐
滝の地図はこちら→ Google Map

寂地峡への分岐付近から国道434号線を南西に約2㎞走った道沿いに小さな看板があり、そこから滝が見下ろせます。
宇佐の大滝02

草木が刈られているのか?季節的なものか?
思ったよりはスッキリと滝の姿が見えました。
宇佐の大滝01

でもこれは直下に行きたいなぁ♪ということで、少し下流の小尾根から踏み跡を降りてみます。
宇佐の大滝03

この日は途中から雨模様で、ここに着いた頃には雨も本格的に。
尾根を下ると最後の10mぐらいは崖になっていて、ロープを出せばなんとか降りられるかなぁ?という感じです。
少し横に寸足らずの残置ロープも見えていますが、そこまで移動するにしても雨で緩んだ足元がズルズル(汗)
まぁ頑張って降りたところで増水していて徒渉も厳しそうだしなぁ…。
遠征初日からケガしても困るので、ここは潔く引き返す事にします。
一応滝は見えたし、まぁいっか~(笑)
宇佐の大滝04

これにて遠征初日の広島・山口編は終了~♪
むいかいち温泉で雨で濡れた体を温めた後、翌日の福岡に向けて出発します。

来訪日 2024年4月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

犬戻の滝

犬戻の滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差25m 段瀑

山口県岩国市錦町宇佐
滝の地図はこちら→ Google Map

龍神の滝から遊歩道を上流に少し歩くと犬戻の滝に到着しました。
左上に横向きの上段があり、そこから右方向にワープする面白い流れの滝です。
犬戻の滝01

下段の向かって左の流れは、水が少ない時には見られないようです。
犬戻の滝02

右側の流れに近づいてみます。
犬戻の滝04

犬戻の滝03

お次は左の流れです。
犬戻の滝05

下段は一見登れそうに見えるけど、実際はなかなか厳しいだろう…と思いつつもチャレンジしてみると、意外とすんなり登れました♪
左右の分岐部です。
犬戻の滝06

そこからツルンといかないよう慎重に進んで上段に到着です。
犬戻の滝07

犬も登れないほど険しい滝なので犬戻の滝と呼ばれたそうですが、おっさんに登れたんだから犬なら楽勝でしょうね(笑)

来訪日 2024年4月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

龍神の滝(犬戻峡)

龍神錦05

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差16m 段瀑

山口県岩国市錦町宇佐
滝の地図はこちら→ Google Map

寂地峡五竜の滝入口から寂地林道をさらに奥へ走った右カーブに東屋があり、そこが犬戻峡の入口になります。
龍神錦01

遊歩道を数分歩くと、眼下に龍神の滝が見えてきました。
龍神錦02

でもやっぱり遠望では物足りないので、滝正面付近のガレたルンゼを降りて滝前へ~♪
ありゃ?なんか小さくなったなぁ…(笑)
龍神錦03

3段16mの滝。
下段の角度が寝ているので、正面以外のアングルだと大きく感じるようです。
龍神錦04

ズブ濡れになるのは苦手だけど、やっぱり滝には近づきたいものです♪
龍神錦05

来訪日 2024年4月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

寂地峡五竜の滝《日本の滝百選》②

寂地峡五竜の滝09

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

竜門の滝・落差18m 直瀑
竜頭の滝・落差14m 段瀑

山口県岩国市錦町宇佐
滝の地図はこちら→ Google Map

寂地峡五竜の滝①からの続きです。
寂地峡五竜の滝01

白竜の滝から遊歩道を少し進むと、メインの竜門の滝が見えてきました。
左右から張り出した岩が門のようで、竜門という名前がピッタリです。
寂地峡五竜の滝05

階段を少し登ると滝全体が見下ろせました。
寂地峡五竜の滝06

寂地峡五竜の滝07

ちなみに別方向にも門があるのですが…。
寂地峡五竜の滝08

旧遊歩道の残骸のような場所まで行くと、また違った角度から竜門の滝が見えます。
ただちょっと危険で一般向けではないのと、水飛沫と風が凄くて撮影向きでもないです。
寂地峡五竜の滝09

そして竜門の滝の上には5つめの竜頭の滝があります。
この滝が竜の頭で、最初に見たのが竜の尾…。
連なる5つの滝を昇り竜に見立てているんでしょうね。
寂地峡五竜の滝10

約300mの距離の急峻に5つの滝が連なり、しかも手軽に訪れられるお得な場所です。
でも「滝直下に行かないと気が済まない!」という滝グルメの方には少し物足りないかも知れないですね(笑)

来訪日 2024年4月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

寂地峡五竜の滝《日本の滝百選》①

寂地峡五竜の滝03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

竜尾の滝・落差15m 段瀑
登竜の滝・落差8m 斜瀑
白竜の滝・落差10m 斜瀑

山口県岩国市錦町宇佐
滝の地図はこちら→ Google Map

中国道の吉和ICから南西に約15㎞の国道434号線沿いに寂地峡の案内板があります。
六日市ICからだと北東に約22㎞です。
そこから案内に従い道なりに走ると、寂地峡の広い駐車場に到着します。
遊歩道の入口は林道を少し奥に進んだ所にあります。
ここは遊歩道がしっかりと整備され、短い距離に5つの滝が連なる百選滝です。
寂地峡五竜の滝01

遊歩道に入るとすぐに見えてくるのが1つめの竜尾の滝です。
寂地峡五竜の滝02

2つめは登竜の滝で、ここは滝正面に降りるのは厳しそうでした。
すぐ上には3つめの白竜の滝も連なっていて段瀑のようです。
寂地峡五竜の滝03

白竜の滝は滝横まで行ける道がありますが、ここも滝壺まで降りるのはかなり厳しそうです。
寂地峡五竜の滝04

ここまで3つの滝は近距離にあり、残りの2つも近いので連瀑とも言えそうでした。
では五竜の滝のメインに向かいます。

来訪日 2024年4月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

徳仙の滝

徳仙の滝02

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差12m 段瀑

山口県下関市豊田町江良
滝の地図はこちら→ Google Map

県道34号線の豊田下郵便局付近から案内に従い県道262号線を西に走ると、まもなく滝と駐車場が見えてきます。
現在Googleマップでは道と川が逆になっていますが、上流に向けて走った場合は右側が川です。
落差12mは下の段も含むのかな?

徳仙の滝01

右岸に県道が見えるぐらいお手軽な場所ですが、流れも周囲の岩も美しくなかなかいい滝です。

徳仙の滝02

想定外の積雪で予定の一部変更もありましたが、これにて山陰遠征も無事に終了~♪
のはずだったけど…あと1つ…(笑)

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

維新の滝

維新の滝04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

雄滝・落差6m 直瀑
雌滝・落差4m 直瀑

山口県下関市豊田町杢路子
滝の地図はこちら→ Google Map

農業公園みのりの丘の西、県道269号線の下杢路子地区から大風畑川沿いに農道のような道を西に進むと、道沿いに雌滝と雄滝の小さな看板が見えます。
滝の付近に駐車スペースはほとんど無く、路肩の落ち葉の下には鋭利な石がゴロゴロしているので、前後の少しだけ離れた場所に停めると良いでしょう。

維新の滝01

看板脇から川に下りるとすぐに雌滝があります。

維新の滝02

一旦道路に戻り少し上流の雄滝の看板を下りると、独特の形状の岩のテラスが広がっていました♪

維新の滝03

あれ程のインパクトは無いとしても、鍋津呂谷にもちょっと似てるのかな?という感じです。

維新の滝04

雄滝自体はそれほど大きくはありません。

維新の滝05

雄滝のすぐ上にも、小ぶりな三連滝がありました。

維新の滝06

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

白滝(豊北)・大岩之滝

白滝豊北04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

白滝・落差7m 直瀑
大岩之滝・落差10m 直瀑

山口県下関市豊北町田耕
滝の地図はこちら→ Google Map

以前は長い登山の果てに見られる秘境の滝だったそうですが、風力発電に伴い車道が完成してからはお手軽な滝になったようです。
国道435号線の豊北町田耕から杣地川沿いの道を北上し、山の上に並んだ風車を目指します。

白滝豊北01

道中で大岩之滝という看板が見えたので降りてみましたが、水がぁ…(泣)

白滝豊北02

そして国道から約7.4kmで正面に風車が見える左手に滝入口がありました。
ここは木材の搬出場も兼ねているので駐車位置にちょっと注意が必要です。
ちょうどトラックに木材を積んでいる方がいたので聞いてみると、トラックの出入りと木材の積み下ろしが出来れば問題無いとの事なので、滝見道入口前いっぱいに寄せて駐車しました。
因みにその方は白滝をまだ見た事がないそうです(笑)

白滝豊北03

そこからフラットな登山道を5分ほど歩くと落口側に到着します。
左岸も降りられますが、それより傾斜の緩い右岸側を降りると、美しい滝前空間が開けます♪

白滝豊北04

まだ朝早いのにこの色~♪
もっと日が差す時間帯になるとどうなるんだろう?
この滝に限らずですが、山口県が中国地方で一番水が綺麗なように感じました。

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

天井ヶ滝

天井ヶ滝豊田03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差18m 直瀑

山口県下関市豊田町一ノ俣
滝の地図はこちら→ Google Map

下関側から国道491号線を北上した場合は、狭いクネクネ区間が始まる辺りの左手に入口があります。
私は長門側から南下しましたが、狭くクネクネなだけで走行には何も問題の無い道でした。

天井ヶ滝豊田01

入口の辺りに駐車して歩いても距離はありませんが、なるべく歩きたくない私はここまで車で進みました(笑)

天井ヶ滝豊田02

駐車場所からは登山道のような登りが続き、およそ15分で滝前に到着しました。

天井ヶ滝豊田03

直瀑とは言っても斜瀑に近い感じでしょうか?
ただ真っ直ぐ落下するだけではなく、岩肌に沿う流れが綺麗でした。

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

阿惣の大滝

阿惣の大滝02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差11m 直瀑

山口県長門市油谷河原
滝の地図はこちら→ Google Map

国道191号線の新大坊交差点から国道491号線を1.2km南下した角を阿惣ダムへと右折します。
しばらく走るとダムの所で終点になっており、小~中規模の駐車場が数か所とトイレがありました。
とても静かで綺麗な場所ですが、深山の物寂しさや閉塞感が無いので、車中泊にバッチリな場所かも?
滝へは終点から車でも走れそうな平坦な舗装路をダム湖に沿って歩きます。

阿惣の大滝01

そしてテクテクと15分ほど歩いて滝前に到着しました。
スマートで綺麗な滝ですが、意外と観る位置が限られてしまいます。

阿惣の大滝02

滝前まで車で入れれば、もっと手軽でいいんですけどねぇ…。

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

二位の浜の滝・観音滝

二位の浜の滝06

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

二位の浜の滝・落差20m 海岸瀑
観音滝・落差8m 段瀑

山口県長門市日置中
滝の地図はこちら→ Google Map

二位の浜は観光地として有名な長門市の千畳敷の東側にある海岸で、ルートの説明がちょっと難しいのですが、付近には二位の浜と千畳敷の案内板が随所に出ています。
国道191号線の古市交差点を北に曲がり、JR長門古市駅の手前から県道66号線を北東に向かうルートが一番走り易いのかな?と思います。
終点の二位の浜には200~300台駐車出来そうな広大な駐車場がありますが、この日は自分を含めて2台だけ(笑)
天気も良く綺麗な波が立つ海岸では、サーファーが1人波待ちしていました。

二位の浜の滝01

駐車場の入口脇には観音滝と呼ばれる小さな滝があり、落差は10m無いぐらいですが小さな上段もあります。
滝の下流側は波で打ち上げられたゴミだらけなので見ないようにしましょう(笑)

二位の浜の滝02

さて、今回の目的は海岸の西側の崖から海に落ちる海岸瀑です♪
2ブロックに分かれた奥の駐車場の更に奥から千畳敷に向かって遊歩道が延びています。

二位の浜の滝03

荒れ果てた険しい道を想像していましたが、遊歩道と登山道がMIXされたような意外にも綺麗でしっかりとした道でした。
駐車場から10分ほど歩くと展望所のような場所に出て、そこからなんとなく左右に道が分かれています。
右側のやや廃れた感のある道を進むとすぐに終点になり、そこから海に落ちる滝の横顔が見えるのですが…。
ありゃ~…水が無いなぁ(笑)

二位の浜の滝04

滝前までの道は無く、その先は自己責任でガレガレの急斜面を海辺まで降りる事になります。
ただ現地には太い残置ロープがあったので、有難く使わせていただきました。

二位の浜の滝05

近づいて正面から見てみると、ちゃんと水が流れてる~♪
れっきとした滝ですよね?
梅峯の滝よりも滝ですよね?(笑)

二位の浜の滝06

すぐ背後は日本海、もし大津波が来たら逃げ場はありません。

二位の浜の滝07

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

八窪の滝

八窪の滝03

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差12m 直瀑

山口県下関市豊田町地吉
滝の地図はこちら→ Google Map

俵山温泉方面から県道34号線を南下し、豊田湖西側の県道319号線に入ります。
豊田湖畔公園の案内を東に曲がるとすぐに八窪の滝と書かれた異様に広い駐車場がありました。

八窪の滝01

駐車場の奥から滝見道を進み、滝付近のT字路を右に下ると滝前に出ます。
水量が増えると倒木の左側の乾いた岩にも滝が流れるのかな?

八窪の滝02

八窪の滝03

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

千代の滝

千代の滝俵山02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差15m 直瀑

山口県長門市俵山小原
滝の地図はこちら→ Google Map

飛び飛びで部分的に開通している山陰道。
長門市から下関市方向に走ると、現時点では終点になっている俵山北ICのすぐ西の国道沿いに駐車場があり滝も見えています。

千代の滝俵山01

落差15mのストレートな直瀑です。

千代の滝俵山02

いかにも直瀑らしい直瀑は、中国地方では意外と少ないようにも思います。

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

秋芳白糸の滝

秋芳白糸の滝03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差30m 段瀑

山口県美祢市秋芳町嘉万
滝の地図はこちら→ Google Map

県道36号線の須賀神社近くに白糸の滝の大きな看板があるので、案内に従って南東に進みます。
この辺りではメジャーな観光滝なのでもっと広い道をイメージしていましたが、いかにも普通の林道っぽい道でした(笑)
しばらく走ると広い駐車場がありますが、もう少し先の入口階段付近にも若干のスペースがあるので、平日など貸切り状態の短時間なら問題無いかと…。

秋芳白糸の滝01

林道から遊歩道へ下りる階段は数か所あり、数分で滝前に到着します。

秋芳白糸の滝02

落差もドッシリ感もあり綺麗な流れなので、万人受けする滝だと思います。

秋芳白糸の滝03

この日の水量はやや少ないようにも感じましたが、貫禄は充分でした♪

秋芳白糸の滝04

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

薬王寺の滝

薬王寺の滝07

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

男滝・落差20m 段瀑
女滝・落差20m 段瀑

山口県美祢市美東町綾木
滝の地図はこちら→ Google Map

国道435号線の薬王寺トンネルの600mほど東に、薬王寺男滝女滝の案内板があるので北東に曲がります。
そこから600mで再度案内板があるので左折して少し走ると林道ゲートがあります。

薬王寺の滝01

車で進む気満々でゲートを開けようと奥を見ると、すぐ先で倒木に塞がれていました。

薬王寺の滝02

この林道では何度かクマが目撃されているようで、2月なので大丈夫だろうとは思いながらも、念の為にチリンチリン鳴らしながら歩くこと15分。
道中でンゴンゴとイノシシの鳴き声が聴こえた程度で無事に本来の駐車場に到着しました♪

薬王寺の滝03

そこからすぐ左手に見えるのが雌滝です。
それなりに落差はあるので、あとは水量さえあれば…。

薬王寺の滝04

そして林道から右の階段を下りるとすぐに雄滝前に出ます。
こちらも水量が多い時には二条になって豪快に落ち、かなり貫禄のある滝になるようです。

薬王寺の滝06

下から見る分には15mあるかなぁ?という印象ですが、滝の上部がやや寝ているので、実際には落差20m程度と言われています。

薬王寺の滝07

薬王寺の滝08

しかしこの滝はすぐ上にも続いているようなので、左岸を巻いて上の滝に行ってみました。
そこには2段の滝があり、落差は両方で10m少々といったところでしょう。

薬王寺の滝09

薬王寺の滝10

帰りはこの滝の右岸にマーキングが見えたので、そこから林道までよじ登って戻りました。

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

鼓の滝

鼓の滝龍蔵寺02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差37m 段瀑

山口県山口市吉敷
滝の地図はこちら→ Google Map

国道9号線の吉敷交差点から国道435号線に入り美祢方面に1.2km走ったローソンのある交差点を左折し道なりに西に進んでいくと、終点の龍蔵寺に到着します。
滝は龍蔵寺の境内にあるので拝観料200円が必要です。

鼓の滝龍蔵寺01

境内の右奥へと歩いていくと、まずは落差18mの下段に到着しました。
鼓の滝は上中下の3段構成の滝ですが、微妙に間があるのでスッキリと一望は出来ません。

鼓の滝龍蔵寺02

そこから奥の院へと続く参道を少し上がると、3mの中段と16mの上段が同時に見えました。

鼓の滝龍蔵寺03

上段前に行く道もちゃんとあります。

鼓の滝龍蔵寺04

上段もなかなか立派な滝ですが、やはりここの主瀑は下段になるのでしょう。
錦鶏の滝犬鳴の滝と共に山口三名瀑と呼ばれています。

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

梅峯の滝

梅峯02

迫力 
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差12m 分岐瀑

山口県山口市上宇野令
滝の地図はこちら→ Google Map

国道9号線の県庁西門口交差点から山口県庁の西側を600m北に向かい、柳の水と書かれた方向に左折すると、やがて道沿いに梅峯の滝の看板が現れます。

梅峯01

そこから滝見道を進みすぐに滝前です。
水量に難があるとは聞いていましたが、さすがにこれじゃなぁ…(汗)

梅峯02

水がある時はなかなかの見栄えで、古くから大切にされてきた由緒正しい滝だそうです。

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

錦鶏の滝

錦鶏の滝05

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

雄滝・落差30m 段瀑
雌滝・落差15m 斜瀑

山口県山口市上宇野令
滝の地図はこちら→ Google Map

国道9号線の上堅小路交差点から県道62号線を北上し、一の坂ダムを過ぎた先の右カーブをそのまま直進すると、すぐに滝駐車場があります。
その先も写真の場所まで車で進めますが、歩いてもそんなに距離はありません。

錦鶏の滝01

滝見道に入るとすぐに分岐があるので、まずは右の雌滝に向かいました。

錦鶏の滝02

落差15mのシンプルな形状で、可もなく不可もなくの佳瀑といったところでしょう。

錦鶏の滝03

分岐まで戻って次は雄滝へ~♪
まずは下の滝壺から見上げてみました。
ここから落口までで30mちょっとあるかなぁ?という印象です。

錦鶏の滝04

続いて少し高い場所から見た上段です。
この部分だけで20mチョイぐらいかな?

錦鶏の滝05

現地の看板には60mとありますが、さすがにそんなにあるようには見えず、一般的には落差30mと言われています。
滝の長さを落差として表記されているケースも多く、どこからどこまでを滝とするかでも変わるので、公称落差は参考程度でしょう。
実際に見た人が大きいと感じるか小さいと感じるか、凄いと感じるかショボいと感じるか、そのほうが大事ですね。
落差の件は置いといて…、滝は山口三名瀑に相応しくとても良かったです♪

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

天神の滝

天神山口03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差17m 分岐瀑

山口県山口市徳地鯖河内
滝の地図はこちら→ Google Map

県道9号線の串地区を走っていると天神の滝の新しい看板を頻繁に見掛けました。
案内板に従って県道から北に曲がると、小学校と郵便局の間の突き当たりT字路に駐車場があります。
滝近くまで車で行ける道もありますが、車での侵入はご遠慮願いますとの事…。
この日は平日で積雪もあったので誰も来ないだろうと車で入りましたが、滝入口の先に倒木がいくつもあり、方向転換するにも軽自動車でも大変な道幅でした。
しかも雪の為にハンドルを切った方向に車が進まず、一向に向きを変えられずに手こずりました(笑)

天神山口01

入口からはしっかりとした道が続き、5分ほどで滝前に到着しました。
上部は断崖に沿って真っ直ぐに落ち、下部ではゴツゴツした岩肌を縫うように流れ落ちています。

天神山口02

この日の水量はやや少ないと思いますが、流れが美しいなかなかの良瀑でした。

天神山口03

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

犬鳴の滝

狗鳴の滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差24m 分岐瀑

山口県山口市仁保上郷
滝の地図はこちら→ Google Map

道の駅仁保の郷から県道123号線を北東に約5km走った案内板を左に曲がり自然道場ふれあい館に駐車します。

狗鳴の滝01

そこから綺麗に整備された遊歩道を10分ほど歩くと滝に到着します。
小さな滝の向こうに犬鳴の滝(別名:狗鳴の滝)が見え、手前に淵があるのであまり近づけません。

狗鳴の滝02

「こんな見え方なのかぁ…」と思いながら周りを見ると、まだ先にも遊歩道が続いていました♪
左岸の巻き道から見た犬鳴の滝です。

狗鳴の滝03

最後はちょっと急な斜面ですが、もちろん滝前に降ります。

狗鳴の滝04

直下からだとやや小さく見えてしまいますが、やっぱり滝壺まで行けると満足感が違いますね♪

狗鳴の滝05

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

八丁の滝

八丁の

迫力 
癒し 
アクセス ★★★★★

落差22m 渓流瀑

山口県山口市宮野上
滝の地図はこちら→ Google Map

金山の滝金吹滝から県道196号線を南下する途中に滝の看板があったので停車しましたが…。

八丁の

まぁ滝と言えば滝かなぁ?(笑)

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

金吹滝・渕ヶ浴の滝

金吹06

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

金吹滝・落差18m 直瀑
渕ヶ浴の滝・落差5m 直瀑

山口県山口市宮野上
滝の地図はこちら→ Google Map

金山の滝へ向かった分岐まで戻り、今度はT字路を左に走ります。
宮野湖の南の端まで行くと渕ヶ浴と書かれた案内板があり、そこにも小さな滝がありました。

金吹01

道はそこからダム湖を周回するようにUターンしていますが、その奥へと向かう道もあるのでそちらに進みます。
未舗装ですが普通車でも問題無いと思います。

金吹02

やがて路面が舗装に変わる所がアプローチポイントで、駐車スペースもあります。
左手に下の写真のような場所があり、ロープが張ってある山側ではなく左の沢へと下ります。

金吹03

そこから道は明瞭で、一部小さなゴルジュ上を通過する足場の狭い区間があり、シャリシャリの雪が残っているのでイヤだなぁ…と思っていると、しっかりとロープがありました。

金吹04

そして入口から10分足らずで滝前に到着です。

金吹05

斜めのカットラインに沿って水が広がる綺麗な滝です。

金吹06

流れが面白くて落差は程々の、こういう滝がやっぱり好きなのかな?

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

金山の滝

金山の滝山口07

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差16m 段瀑

山口県山口市宮野上
滝の地図はこちら→ Google Map

県道196号線から荒谷ダムへと西に曲がります。
そこから400m先の分岐を右に曲がり、宮野湖を渡った突き当りのT字路を右に進みます。
滝まで車で行けると思っていましたが、すぐに倒木で通せんぼされたので、ここから歩きました。

金山の滝山口02

それでも10分もかからずに到着です。

金山の滝山口03

そこから滝見道を下りるとすぐに上の滝に着きました。
看板には一番滝と二番滝とありましたが上が一番滝かな?

金山の滝山口04

金山の滝山口05

そこから下の滝へは踏み跡程度の道になりますが、これもすぐに到着します。

金山の滝山口06

名前は一番滝と二番滝に分かれていますが、この間隔で続いているので段瀑と言えますね。

金山の滝山口07

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

淵ヶ平の滝

淵ヶ平の滝03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差4m 渓流瀑

山口県萩市佐々並
滝の地図はこちら→ Google Map

道の駅あさひの南側の佐々並小学校付近から滝の案内に従って日南瀬川の左岸の道を進むと、終点が入口になっています。
右岸側にも入口があるようですが、そちらは少し荒れているようにも見えました。

淵ヶ平の滝01

そこから上流に少し歩くと淵ヶ平に着きました。
滝そのものと言うよりも、渓流全体がなかなか見応えアリです♪

淵ヶ平の滝02

たまにはこういう滝もいいですね。

淵ヶ平の滝03

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

七曲の滝

七曲の滝萩03

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差15m 分岐瀑

山口県萩市明木
滝の地図はこちら→ Google Map

癒しの滝の道路向かい、切通し(?)の岩の下のほうに滝らしきものの姿が見えます。
まずはそこから谷に向かって斜面を降りてみました。

いやし02

七曲の滝萩01

が…、最後が微妙に崖になっていて行き詰まったので、少し下流まで移動してから沢に降り立ちました。
そこには10m程度の滝がありました。

七曲の滝萩02

この滝を七曲の滝と紹介しているサイトを見た記憶があったので、これがそうなんだと思い込んで撮影~♪
ふと考えると、道から見えていた滝と、場所も形も全然違うぞ~?と気づき左岸を登ると、そこに本物の七曲の滝がありました。
褐色の岩肌をハの字に分岐して流れていましたが、これは水量が増えればなかなかの美瀑に化けるんじゃないでしょうか?
七曲とは言っても滝や沢が曲がりくねっている様子は無いので、昔の登山道がこの辺りでクネクネ道になっていてそう呼ばれたのかも知れないですね。

七曲の滝萩03

帰りは滝の右岸からやや下流に向けて登り易そうな所を進むと、滝看板の数十m下辺りから林道に出ました。
一応100均のラメ入りピンクテープを巻いておきましたが、いつまで残ってるかな?

七曲の滝萩04

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

癒しの滝

いやし03

迫力 
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差30m 分岐瀑

山口県萩市椿
滝の地図はこちら→ Google Map

萩市明木の県道308号線から惣田川の北側に渡り石ノ巷山への林道に入ります。

いやし01

そこから舗装された林道を10分ほど走ると、2つの滝名が記された看板がありました。
この看板の前に1~2台駐車出来るスペースがあります。

いやし02

まずは道路沿い左手に見える癒しの滝から~。

いやし03

上部がほとんど葉隠れしていますが、落差はそこそこありそうでした。
遠征での滝巡り、水量まではなかなか狙えないので仕方ないなぁ…。

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

長谷滝

長谷滝04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 分岐瀑

山口県萩市川上長谷
滝の地図はこちら→ Google Map

県道67号線の川上駐在所の角を北に曲がり阿武川を渡った突き当りを左折、そしてすぐに右折して長谷川沿いを北上します。
長谷の集落を過ぎて少しすると左下に滝がチラっと見えるので、その手前のカーブミラーのある路肩に駐車します。
滝が見える辺りのガードレール(山口県はほとんどが黄色です)の切れ目から下に向かって踏み跡がありました。
ここには地蔵の滝と書いてあり、古くはそう呼ばれていたようです。

長谷滝01

滝壺に枝や枯れ葉が大量に溜まっていたので、まずはサッとお掃除してから~♪

長谷滝02

赤い岩肌をサラサラと分岐する美瀑です。

長谷滝03

でももう少し水量がある時のほうが綺麗なのかなぁ?

長谷滝04

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

扇子落滝

扇子落滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差50m 分岐瀑

山口県萩市川上惣ノ瀬
滝の地図はこちら→ Google Map

鳴海の滝に向かった立野川沿いの道の分岐を今度は右の福井方面に2.6km北上すると、左手の林道入口に小さく扇子落滝の案内が見えました。
それまでは快適な走り易い道でしたが、この分岐を左に入ってからは本格的な林道になります。
そしてそこから約2kmほど走ると右手に滝入口が現れました。
この滝へは上流側にも入口がありますが、そちらからだと落口に到着するそうなので、もちろん滝前を目指して下流側から向かいます。

扇子落滝01

遊歩道とまでは言えないものの、意外としっかりした道を15分ほど歩き、最後に鬼の階段を登り切ると滝横付近に到着します。
そこから滝前へはちょっとした崖状の所を下りるので、最後の階段を登る途中から右方向に見える踏み跡に入るほうが安全かも知れません。

扇子落滝02

天気がいいので滝上部が飛んでしまう~!
倒木も無いに越した事はないけど、これは仕方ないですね。

扇子落滝03

太陽が一瞬雲に隠れたタイミングで♪

扇子落滝04

巨大で豪快な直瀑よりも、中規模で個性的な流れの滝が好きな自分にとって、山陰は素晴らしいエリアです♪

来訪日 2023年2月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

鳴海の滝

鳴海の03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差70m 段瀑

山口県萩市川上横坂
滝の地図はこちら→ Google Map

松陰神社前交差点から県道67号線を南東に5.2km走ると、左にカーブする広くて新しい道に出ます。
その道を650m走った三差路を左折して立野川沿いを1.7kmほど北上すると、←横坂・福井→と書かれた分岐があるので、左の横坂方面に向かいます。
しばらく走ると未舗装の荒れた路面になるので、様子を見ながら途中から歩いて向かうのが無難でしょう。
この日は林道途中のチェーンが開いていたので更に奥に車で進んだところ、チェーンのすぐ先に倒木があり通せんぼ状態でした(泣)

鳴海の01

チェーンの場所から歩いても10分かからないと思います。
林道の終点に鳴海の滝の下段が見えました。

鳴海の02

鳴海の滝は3段構成で総落差は70mと言われており、基本的には下段しか見る事が出来ません。
下段左手の岩場を這い上がると、なんとか中段もチラっと見えました♪

鳴海の03

上段と中段に行くルートも有るようですが、この時点で17時前。
冬場はあっという間に日が暮れるしどうしよう…?と考えていると、下段の少し手前の左岸に残置ロープが見えました。
こんなのを見てしまうと行かずにいられません(笑)

鳴海の04

ロープを登り足場の脆い急斜面をトラバース気味に下段落口上へ向かって中段前に到着しました♪
落差は15m程度のスマートな滝で綺麗な釜を従えています。

鳴海の05

さてさて、現在17時。
上段へは林道の終点手前から大巻きのルートがあるそうですが、とてもそんな時間はありません。
中段の左右はほぼ崖のような急斜面ですが、立木が豊富なので登れなくもないのかな?
なんとか登れたとしても、撮影しているうちに暗くなりそうだし…。
これがもし単独でなければ少し心強いけど、逆に「もう諦めようよ」と止められるパターンだな(笑)
という事で、無難にここで引き返すとします。

来訪日 2023年1月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

如意ヶ滝

如意が02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差20m 段瀑

山口県萩市椿東
滝の地図はこちら→ Google Map

県道11号線の如意ヶ嶽トンネルの南側に広くなった路肩があり、下の写真の看板辺りが滝への降下ポイントです。
斜面を降り始めるとすぐに滝が見え出し、数分で滝壺に到着しますが、その間道路から投げ捨てられたゴミの多いこと…。
炊飯器やらベビーカーやらまで転がっている始末でした。

如意が01

コントラストが強く上段が飛び気味ですが、なかなか見応えのある面白い滝です。

如意が02

右岸側にもチョロっとした下段の流れがあり、その間の岩場から上段に登れます。

如意が03

ゴミが多かったのは残念ですが、滝壺の水は意外と澄んでいました。

如意が04

来訪日 2023年1月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

道永の滝

道永の滝03

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差70m 段瀑

山口県萩市弥富下
滝の地図はこちら→ Google Map

県道14号線の弥富公民館から県道124号線へと南に曲がると、高齢者施設の付近から滝への案内板が出ています。
案内に従って及谷川沿いを2kmほど走ると駐車場に到着します。

道永の滝01

そこから遊歩道を数分で滝前です。

道永の滝02

とても個性的で面白い形の滝ですが、見えているのは下のごく一部で、実際は落差70mとも言われる大きな滝だそうです。

道永の滝03

見えていない上の滝に向かう道は特にありません。
実際に最上段まで登った人の話では、「無理してわざわざ見るほどでもないかなぁ?(笑)」だそうです。

道永の滝04

来訪日 2023年1月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
         
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: