FC2ブログ

金剛の滝

花園金剛02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差15m 分岐瀑
和歌山県伊都郡かつらぎ町花園新子

高野山から有田川沿いの国道480号線を南西に向かうと金剛緑地オートキャンプ場があり、その敷地内に滝があります。
車を停めてすぐ滝に行けますが、滝前には吊り橋と野猿、滝横には恐竜のオブジェ?と水車、上流には建造物があるので、滝だけを撮るのは少し苦労します。

花園金剛01

花園金剛02

かつてこの地域では大規模の土砂災害があり多数の死者が出たそうです。
その時の土砂崩れにより有田川が埋まり堰き止められました。
水の流れを作る為に土砂を取り除いた際に生まれたのがこの滝だそうです。
人の手が加わっているので人口滝という分類にはなりますが、ある意味自然が作ったものと言えるかも知れません。

最後に、滝と桜とドラゴンを…。

花園金剛03

来訪日 2019年4月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



落ヶ滝

落ケ滝09

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差18m 段瀑
滋賀県大津市上田上桐生町

国道1号線の立命館大学方面から南東へ、県道108号線を通り金勝アルプスを目指します。
上桐生のバス停を過ぎ、行き止まりのようになった所に大きな一丈野駐車場というのがあります。
シーズンオフだったので無料で停められましたが、春から秋の間は有料になるようです。

落ケ滝01

この先はハイキングコースとなっており、数々の奇岩が有名なようです。
特に険しい山でもなく、バラエティーに富んだコースが色々あって、軽装の家族連れでも一日中楽しめそうな感じでした。

落ケ滝02

目指す滝は、この広いハイキングコース案内図で言うところの左上の部分、駐車場から20~30分ぐらいの所にあります。

落ケ滝03

ハイキングコースに入って初めのうちは、車で走れそうな綺麗な舗装道ですが、徐々に登山道へと変わっていきます。

落ケ滝04

途中いくつかの分岐ルートもありますが、「落ヶ滝」の案内板を辿って進めば迷う事はないと思います。

落ケ滝05

とにかくこの山には大きな花崗岩がそこら中にあり、まさに岩山という感じで、その岩を上手く利用してルートが作られています。
下の写真もルートの一部で、この岩のスロープを登って進みます。

落ケ滝06

山の上には変わった形の岩が見えています。

落ケ滝07

ちょうどその頃からウグイスの鳴き声が聞こえてきました。
その鳴き声に合わせて、一緒に「ホーホケキョ♪」と鳴きながら歩いているおっさんが一人… そう、わたしです(笑)

そうこうしているうちにいきなり滝が見えてきました!

落ケ滝08

落ケ滝09

古代遺跡のような…城壁のような…そびえ立つ岩の壁!
しかし水はほとんどありません、元々普段から水量は少な目なようです。
下段は割と簡単に登ることも出来ました。

落ケ滝10

落ケ滝11

落ケ滝12

水量が乏しいので、滝としてではなく岩として見れば、これはこれで迫力がありました。

まだ関西の一部と徳島県の滝しか見ていませんが、各地域ごとの特色、水や岩の質の違いが徐々に解るようになってきたような気がします。

来訪日 2019年3月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

三筋の滝

三筋の滝04

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差6m 分岐瀑
滋賀県甲賀市信楽町田代

瀬田方面・信楽方面どちらからでもアクセスできますので、まずは県道12号線を目指します。
滝の近くにはメイプルヒルズや信楽カントリー倶楽部などのゴルフ場がいくつかあるので、それを目標に走っていると、徐々にMIHOミュージアムという美術館の看板を見かけるようになります。
MIHOミュージアムへ向かう最後の分岐付近、県道沿いに三筋の滝があり、路肩ですが数台分の駐車スペースがあります。

三筋の滝01

駐車位置から川へ向かうとすぐに滝が見えてきますが、川の水はあまり綺麗ではないようです。

三筋の滝02

この位置から更に河原へと降りる事が出来ますが、これがなかなかの急斜面です。
ロープが設置されているので比較的楽に降りられますが、くれぐれも滑らないように注意してください。

河原に降りると、滝を正面や斜め横から見る事が出来ますが、やや滝までの距離があります。
もっとこじんまりした滝を想像していましたが、意外と落差があり水量も多いので、同じ信楽町の鶏鳴の滝ぐらいのスケールに感じました。

三筋の滝03

三筋の滝04

上流側の右岸にベンチとちょっとした広場があり、仕事途中のサラリーマンが缶コーヒー片手にほっこりくつろいでいました♪

来訪日 2019年3月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

黒滝

黒滝10

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差4m 直瀑
兵庫県三木市吉川町

中国道吉川インター近くにある、あまりメジャーではありませんが、最近流行りのインスタグラムとやらの影響で徐々に名前が広まりつつある滝です。

三木市の案内によると、徒歩15分ぐらいの場所にある“山田錦の郷”に駐車して下さいとの事で、滝の右岸にも以前は駐車場だったらしき跡がありますが現在は閉鎖されています。

黒滝01

黒滝02

滝の右岸は、ちょっとした公園のように綺麗に整備されていて、ベンチや石段があります。
ここから滝を見下ろしますが、落差4m・幅が30mある横長の滝で、「兵庫のナイアガラ」と呼ばれているそうです。

黒滝03

ナイアガラと呼ぶには規模はかなり小さく、周辺には民家やゴルフ場も多いので水は決して綺麗ではありません。
下の写真、滝上の岸辺近くに浮かんでいるのは、ゴミではなく水鳥の群れです。

黒滝04

人工的な滝のようにも見えますが、地殻変動により生まれた滝で、よく見ると自然の滝だとわかります。
残念ながら水質は良くありませんが、日本では珍しい横長の滝でした。

黒滝05

黒滝06

黒滝07

そして、最近この滝がインスタグラムで注目されている本当の理由とは?!
ある時間帯にある角度からの写真がとても美しいらしいのです♪

という訳で、実は日の出より前の時間に到着し、対岸でスタンバイしていました。
対岸へは畑の脇を通って河原へ下りるか、水量が少なければ川を渡って行く事ができます。

早朝の5時過ぎ、まだ真っ暗な中を懐中電灯で照らしながら河原へ降りました。
すぐ近くで滝の音は聞こえますが、ぼんやりとしか見えません。
そして薄っすらと空が明るくなり出した頃、河原にしゃがんで下から滝を見上げる角度でカメラをスタンバイ!とは言っても落差4mの滝ですが…(笑)
やがて数分で空が紫がかってきました、朝焼けやバニラスカイとまではいかないものの、とても美しい光に滝が照らされて幻想的です♪
もう少し雲でもあれば、朝日を受けて空が赤く染まっていたのかも知れませんが…。
前半でご紹介したのとはまるで別物の滝のようです。

黒滝08

さらに日が高くなると、滝の水がキラキラと輝き出しました。

黒滝09

黒滝10

滝と共に清々しい日の出を迎えられ、」とても心地の良い朝でした♪

黒滝12

アクセスも楽なので、早起きして是非どうぞ♪

来訪日 2019年3月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

灌頂ヶ滝

灌頂ケ滝4

迫力 
癒し 
アクセス ★★★★★

落差70m 直瀑
徳島県勝浦郡上勝町正木

県道16号線の正木ダム近く、上勝小学校から山へ向かって北向きに走ります。
途中、分岐や十字路など多数ありますがほぼ道なりで、慈眼寺や滝の案内を目安にしてください。
とは言え、麓辺りからでも山の中腹に大きく開けた断崖の岩壁が見えており、そこが滝の場所になります。
そうこうしているうちに到着、駐車スペースもあります。
ここから長い階段を上がると滝下に出られるようです。

灌頂ケ滝2

灌頂ケ滝1

そして、階段の下からでも大きくそびえる岩壁が見えているのですが…。
あれ?滝がありません!

灌頂ケ滝3

灌頂ケ滝4

この断崖のやや右寄りに滝が落ちているはずなのですが、雨が降ったり止んだりしていた割には水が無い様です。
近くまで行けば雫ぐらいは落ちているのかも知れませんが、陽も暮れかけてきたので今回は諦めてまたリベンジしたいと思います。

少し後味の悪いまま、今回の徳島遠征は終了です。

来訪日 2019年3月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ