FC2ブログ

観音滝・不動滝(付知峡)

付知05

迫力 ★★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 人口瀑
岐阜県中津川市付知町下浦

6月は梅雨に入る前に木曽路へと遠征しました。
御嶽山周辺を時計回りするつもりでしたが、100選の根尾の滝への林道が未だ通行止めとの事で、反時計回りに予定を変更しました。

中央道中津川ICから国道257号線を下呂方面に向かい、案内に従って付知峡を目指します。
「森林浴の森100選」「岐阜県の名水50選」などにも選ばれている秘境です。
下流にはキャンプ場などの設備もあり、付知峡入り口には数十台分の大きな駐車場があります。

付知01

写真のお食事処左側の入り口を入るとすぐに四方を緑に囲まれた秘境感いっぱいの場所に突入しますが、遊歩道はきっちり整備されているので歩きやすいです。

付知02

間もなく分岐点に出るので、まずは右へ進むと観音滝が現れます。

付知03

エメラルドグリーンの清流に落ちる美しい滝です。
滝壺には降りられず遊歩道からの観瀑となるので撮影ポイントは限られます。

付知04

滝の上流を見ればわかるのですが、この滝は人口滝とされています。
元々滝があった所に、水が流れ易いように導いているだけのようにも見えますが、実のところはどうなんでしょうか?
それでも見る価値は充分にあるので良しとしましょう。

付知05

そして観音滝の滝壺から一段下へと落ちているのが不動滝です。
こちらも遊歩道からの滝見で、滝を上方向から見る形になるのが残念です。

付知06

一度分岐地点まで戻り、次は仙樽の滝を目指します。

来訪日 2019年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



尼ン滝

尼ン滝02

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差8m 段瀑
兵庫県三田市上青野

三田市街地方面から県道308号線を北上すると、田園が広がりやがて渓谷沿いの道になります。
道路左側に滝の案内板が見えた辺りに駐車しますが、カーブの多い1.5車線幅の道で意外と交通量もありダンプなども通るので、極力ジャマにならないように停めてください。
道路脇の背の低い草が生えている部分に、やや無理矢理停めている軽トラがありましたが、可能ならそれがベストかも知れません。

尼ン滝01

道路横が川なので滝までは本当にスグで、まずは上段の横にたどり着きます。

尼ン滝03

尼ン滝02

そこから河原を下って下段へと移動しました。
上段が3条、下段が2条の流れの段瀑で、小さいながらもなかなか見栄えのいい滝です。

尼ン滝04

尼ン滝05

夏休みには子供が水遊びし、秋になると紅葉がとても綺麗だそうです。
この日も1本だけ赤い紅葉(園芸種かな?)が際立っていました。

来訪日 2019年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

桑ノ木の滝《日本の滝百選》

桑の木04

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★★

落差21m 直瀑
和歌山県新宮市相賀

国道168号線の新宮市街地寄り、相賀橋北詰の交差点から県道230号線を西に向かいます。
2kmほど進むと左手に桑ノ木滝の看板があるので、反対車線側の路側帯に駐車します。
駐車場になりそうな空き地はありますが、現在封鎖されているようでした。

看板横から小さな橋を渡って遊歩道へ向かいますが、看板には手書きで「五月中頃マムシあり ふめばかまれる」の脅し文句が…。
ちょうど今日、5月中頃なんですけど(笑)

桑の木01

そこからは綺麗で緩やかな流れの渓流に沿った遊歩道を進みます。
苔生した緑豊かな場所で、森林浴気分も味わえました。
若干狭い箇所はありますが、アップダウンがあまり無く歩きやすいです。
結局マムシは見掛けませんでしたが、真っ赤なサワガニが沢山歩いているので、気を付けないと踏んでしまいそうでした。

桑の木03

そして15分ほど歩くと滝前に到着しました。
木々に囲まれてやや薄暗いので、それが逆にこの滝の魅力を引き立てているようです。
夕方の訪問でしたが、朝の光芒や木漏れ日の時間帯も良さそうです。
百選の滝にしては小さいですが、滝下の流れや周囲の緑なども含めたトータルポイントは高く“和”を感じられる滝です。

桑の木04

桑の木05

滝の下部は段瀑や分岐瀑の要素も含んだ複雑な流れをしていました。

桑の木06

来訪日 2019年5月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

隠れ滝(上北山)

隠れ滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差100m 段瀑
奈良県吉野郡上北山村河合

不動滝から三重県方向に国道425号線を更に奥へと進みます。
どんどん山深くなっていき、木の上からニホンザルがこちらを見つめています。
この辺りの谷は、良くも悪くも自然のままの姿を保っているようです。

隠れ滝01

古川の右岸を通っていた国道が左岸へと変わった場所から少し進んだ左カーブの辺りで若干道幅が広くなっており、その道路沿いに隠れ滝の入口があります。
あと数100m走れば三重県に突入!という辺りです。

隠れ滝02

ちょっと弱々しい木製のスロープを上がった先にすぐ滝がありますが、隠れ滝と言うだけあって国道からは見えず、大きな滝が隠れるように落ちていました。
高さはありますが、水量は少なめで優しい流れです。

隠れ滝03

滝下の岩場は多少越えにくい箇所もありますが、滝壺や滝横まで登る事ができます。

隠れ滝04

滝壺は岩が丸く大きく削られているので、増水時にはかなり迫力のある流れになるのでしょう。

隠れ滝05

ここまで来たらいっそ尾鷲市まで抜けたかったのですが、国道はこの先で通行止め…。
池原ダムまでまた来た道を引き返すとします。

来訪日 2019年5月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

不動滝(池屋谷)

不動銚子03

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差30m 分岐瀑
奈良県吉野郡上北山村白川

池原ダム方面から千尋の滝を越え、細くクネクネした国道425号線を三重県との県境方向に進みます。

名前はわかりませんが、この道で頻繁に見かける小さい鳥がいました。
その鳥は車の前に突然現れ道路に沿って右カーブ左カーブを繰り返しながら、こちらの目線ぐらいの高さをずっと飛んでいます。
少し距離が開くと一旦道路上に止まり、車が近づくと再び飛び始め…。
よく散歩中に先を進む犬が立ち止まって、飼い主が来るまで待っているのと似たような感じです。
その鳥がいなくなると、また次の鳥がやって来るので、次の滝まで小鳥達に導かれているのだと思いながら走りました。
そして急な右カーブが現れた時、その鳥は突然左へ…!
そのまま小鳥に導かれるがまま付いて行くと、谷底へ真っ逆さまになるところでした(笑)

そうこうしているうちに坂本貯水池に架かる不動橋に到着。
深いエメラルドグリーンの水がダム湖いっぱいに広がって、街中では決して見られない景色です。
天気が良ければ、もっと明るい色に輝いていたと思います。

不動銚子01

不動銚子02

この橋の上から、貯水池の水面に直接流れ落ちる不動滝を眺める事ができます。

不動銚子03

不動銚子04

水量は少なく右端を控え目に流れていますが、増水時にはこの10倍以上の幅になるようです。
この位置からだと落口より上の流れが定かではないのですが、パッと見た感じでは岩のてっぺんを一度乗り越えてから落ちているようにも見えます。(恐らくアングル的にそう見えるだけですが…)
また、この岩の裏側にも流れが分岐し水が落ちているそうで、紀伊半島の三奇滝の1つとされています。

不動銚子05

ここからは不動滝の上方に銚子滝も遠望できるので、よくセットで紹介されています。
不動橋脇の登山道から銚子滝まで行く事ができ、更にその上流にも見事な巨瀑が存在するようですが、これがなかなかハードな道程みたいなので、雨の中を無理してチャレンジしても何かあったら大変です。
この周辺ではクマの目撃情報もあり、誰にも行き先を告げていないので捜索願いも出してもらえません(汗)
でもまたいつか機会があればチャレンジしてみたいと思います。

来訪日 2019年5月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ