FC2ブログ

松山滝

松山02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差30m 段瀑
三重県熊野市紀和町小栗須

隠れ滝から林道を進むと、次に現れるのが松山滝です。
位置的には隠れ滝よりも楊枝川下流側の支流に架かる滝になります。
ここはあまり駐車スペースがありません。

松山01

看板の奥に滝が流れていますが、かなり上までありそうな上段は、このように木々に覆われていて見辛いです。

松山03

下段は橋の上からバッチリ見る事ができます。

松山02

看板横の木の間から奥へ入りましたが急な谷になっており、それ以上進む事は不可能でした。
上段から下段まで一望出来れば、なかなか見応えのある滝だと思います。

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



隠れ滝

かくれ04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差17m 直瀑
三重県熊野市紀和町小栗須

国道168号線の熊野川町から熊野川を対岸に渡り、楊枝川沿いの県道780号線を走り100選の布引の滝方面を目指します。
布引の滝下流にも立派な滝がいくつかあり、その中で最初に見る事ができるのが隠れ滝です。
小さな橋の手前に隠れ滝入口があり、その橋の前後に駐車スペースがあります。

かくれ01

入口から滝まで距離はありませんが、入ってすぐの所で大きく崩壊しており、その先も大きな岩を乗り越えながら進むので少々ハードです。
隠れ滝の名前のとおり、林道から少し奥まった所に立派な滝が姿を現します。

かくれ02

明るい場所にある桑ノ木の滝という印象で、水の落ち方がとても良く似ていました。
ちなみに、滝壺周辺は濡れた大岩が多く苔もあるので、トレッキングシューズでは短時間のうちに2回転倒しました(笑)

かくれ03

かくれ04

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

飛雪の滝

飛雪06

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差30m 分岐瀑
三重県南牟婁郡紀宝町浅里

国道168号線から熊野川対岸に見える滝の中で、一番目を惹くのがこの滝です。
対岸の県道は狭くて走りやすいとは言えませんが、この辺りで大きく開けており、飛雪の滝キャンプ場という立派で綺麗な施設の中に滝があります。

管理の行き届いた綺麗な場所なので、超お手軽滝です。
ヒールやサンダル、極端に言えばスリッパや裸足でも訪れる事が出来そうです(笑)
この日は夏休み中なので、何組かの家族がキャンプや水遊びをしていました。
キャンプサイト内は車の乗入れは禁止なので、すぐ手前の駐車場に車を停めて、そこから歩いて1分で滝前です。
高さや幅、水量も充分で立派な滝です。

飛雪02

飛雪03

この場所は風が通りやすいのか、かなり遠くまで水飛沫が舞っており、それが名前の由来になっているのかも知れません。
山奥にある滝とはまた趣が違いますが、広くて綺麗な空間は居心地も良く、のんびりと夏を満喫するのに良さそうな場所でした。

飛雪04

飛雪05

飛雪06

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

小鹿の滝

小鹿01

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差60m 斜瀑
三重県南牟婁郡紀宝町浅里

蛇和田の滝から南へ600mほど走ると小鹿橋という小さな橋があり、その横に長大な滝が流れ落ちています。
去年白見の滝を訪れた際に、ちょうど熊野川の対岸に見えていた滝です。

本来は無名滝だそうですが、前に架かる橋の名前にちなんで一般的に小鹿の滝と呼ばれています。
普段は水量も少ないようですが、それなりの水が流れると、スケール感のある大きな滝です。

小鹿01

この滝は数年前の豪雨被害によって新しく出来た滝だと言われています。
災害や森林開発によって消滅する滝もあれば、このように新しく生まれる滝もあり…。
ほとんどの滝が人類誕生前から存在するのに対し、新しく滝が生まれるという非常にレアな機会に出会えるチャンスは滅多に無いでしょう。

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

蛇和田の滝

蛇和田01

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差15m 直瀑
三重県南牟婁郡紀宝町浅里

熊野川沿いのお手軽巨瀑エリア、国道168号線の対岸側の県道740号線に渡ります。
とは言っても、新宮市街地か熊野川町にしか熊野川を渡る橋が無いので少々不便です。
走りやすい168号線に比べると、こちらはかなり道幅が狭く、最悪なポイントで対向車に出会うと少し面倒な事になります(笑)

布引の滝のちょうど対岸側に位置するのがこの滝で、滝前の広いスペースに駐車して茂みの奥へと斜面を登ると、1~2分で到着します。
意外と見栄えが良く、思っていた以上に立派な滝でした。

蛇和田01

木々の隙間から上流の滝もチラチラ見えており、時間と気力があればそちらにもアクセスしてみても良いかも知れません。

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ