FC2ブログ

六十尋滝

六十尋04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差60m 直瀑
三重県多気郡大台町大杉

七ツ釜滝や堂倉の滝等があり、紀伊半島を代表する登山のメッカ大台ケ原大杉谷。
三重県側からは登り、奈良県側からは下りのコースで、どちらからアクセスしても片道だけで1日掛かりの過酷な場所です。
往復しようと思うと山中で1泊しないといけません。
そんな場所に軟弱なおっさん1人でチャレンジする訳もなく、今回目指したのはその手前にある滝です(笑)

松阪市から国道422号線または大台町から県道31号線を経由し、県道53号線で宮川貯水池方面へ約30km走ります。
ダムから更に大台ケ原へ向かいしばらく進むと、道路脇に数台分の駐車スペースと東屋があります。

六十尋01

六十尋02

東屋の奥へと進むと、滝まではすぐです。
落差は60mとか100m越えとか諸説あり、入口にあった案内板の説明から計算すると90mになりますが、下から見た感じではそんなには無いように感じました。
ただ、落ち口より上の流れを合わせると100mぐらいになるのかも知れません。

この日は水量もやや多めで、勢いよく真っすぐ落ちていました。
とにかく、真っすぐ~!

六十尋04

はい、真っすぐ~!

六十尋05

少し場所をズラして見ると、ようやく放物線を描きました。

六十尋06

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



清竜の滝

清竜の滝03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 段瀑
兵庫県豊岡市但東町西谷

国道482号線の但東町から県道56号線を南に進み、「清竜の滝・清竜不動尊」の案内板に従って分岐を南西に入ります。
あとは集落を抜けて道なりに進むと駐車場に到着します。
下の写真の右側が駐車場、左に降りると滝への入口です。

清竜の滝01

ここから歩いて1~2分で滝が見えてきます。

清竜の滝02

深く掘れたような岩の間を流れる下流も独特で、どことなく幽玄な雰囲気のある滝でした。

清竜の滝03

清竜の滝04

もう少し水量が増せば、なかなか見応えのある滝に化けそうです。

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

無明の滝

無明02

迫力 
癒し 
アクセス ★★★★★

落差40m 分岐瀑
京都府京丹後市久美浜町市野々

国道482号線又は府道706号線から府道671号線へと進みます。
久美浜町市野々の集落に入り、案内板に従って川上谷川に沿って走ると、間もなく獣除けゲートがあります。

無明01

ゲートを越えると舗装林道でそれほど距離もありませんが、道幅が狭く少し荒れているので大型車には向いていないと思います。
また、滝を越えて少し進んだ所まで転回スペースはありません。
ジムニーなので苦も無く滝まで到着しましたが…
なんと!水がありません(泣)

無明02

京丹後ではトップクラスの落差を誇る滝ですが、大雨の後でないとその雄姿を見る事は難しいのかも知れません。
ちゃぴおリベンジリストに滝がまた1つ追加されました。

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

不動の滝(網野)

網野不動03

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差8m 分岐瀑
京都府京丹後市網野町木津

国道178号線から府道666号線を南に入って1kmほど行くと、大きな右カーブの所に案内板とお堂が見えます。
お堂前は駐車禁止ですが、広い路肩に数台分のスペースがあります。

網野不動01

そこから歩いて1分足らずで、滝と下流の流れが見えてきます。

網野不動02

他の滝への移動のついでに寄った滝でしたが、ついででは失礼なぐらい美しい流れの滝でした。

網野不動03

網野不動04

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

霧降りの滝

霧降り02

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差21m 分岐瀑
京都府京丹後市網野町新庄

去年の秋に始めた滝巡りも、約1年で無事に100滝クリアしました♪
たまに日帰りで遠出はするものの、少しでも多くの滝を見たくてお手軽滝ばかりで、「頑張った」と言えるのは迷滝ぐらいのものです。
基本的に単独行動なので、人気の無い山奥でもし何かあったら…というのも理由の1つです。
でもせっかく名瀑の宝庫である紀伊半島も近いので、これからは少し難易度の高い滝にもチャレンジしていこうと思います。
↓とは言うものの、これも当然のようにお手軽滝です(笑)

網野駅から国道178号線を南西に約500mのY字路を左に入り、案内板に従い道なりに進むと終点の駐車場に着きます。
この日は途中から工事のため通行止めだったので、横を並走している迂回路(農道?)からのアクセスでした。
終点には4~5台分の駐車場とトイレがあり、そこから遊歩道を5分ほど歩くと滝が見えてきます。

霧降り01

水量はそれ程多くはありませんが、綺麗な流れで見栄えの良い滝でした。
台風後などで増水すると、逆にこの滝の良さが消えてしまうのかも知れません。

霧降り02

霧降り03

手軽に期待以上の滝を見られて大満足です♪

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ