fc2ブログ

光滝(滝畑)

滝畑光03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差10m 直瀑

大阪府河内長野市滝畑
滝の地図はこちら→ Google Map

全国47都道府県で滝偏差値はワーストクラスの大阪府。
生まれも育ちもず~っと大阪ですが、箕面大滝以外にまともな滝は無いという認識でした。
なので今回は"地元再認識"の為に、大阪では箕面大滝の次に有名と思われる滝畑四十八滝に向かいました。

国道170号線から関西サイクルスポーツセンターと滝畑ダムを越え府道61号線で光滝寺キャンプ場を目指します。
滝畑四十八滝は川に沿った遊歩道でほぼ全ての滝を回れるタイプの滝群ではなく広範囲に散らばって点在していますが、メインとなるエリアには路肩等の駐車スペースが無いのでキャンプ場の駐車場に停めることになるでしょう。
(滝見のみでも1000円は高い気が…。)
駐車場から最奥の堰堤へ向かい、右の遊歩道か左の河原を歩いて奥へ進みます。

滝畑光01

途中の左岸にある坊滝は崩落で荒れており、その先の無名滝のほうがまだ見映えがマシかも?
そして5分ほどで光滝が見えてきました。
キャンプ場奥に落ちる滝畑の顔とも言える代表的な滝で、「大阪!意外とやるじゃないか~♪」といった感じ。

滝畑光02

落差の小さい直瀑ですが、落ち口から三条に分かれた少し変化のある流れです。
滝前に立つと包み込まれるように切り立つ岩壁が見事で、それとは対照的に解放感のある綺麗な河原は、水遊びやバーベキューにも最適なスペースでした。

滝畑光03

そして想像していたよりも水が綺麗です。
ちょっと見直したぜ!大阪♪

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

柳の滝

柳の滝06

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

不動滝・落差8m 直瀑
お釜滝・落差11m 段瀑
布滝・落差36m 分岐瀑

福井県越前市柳元町
滝の地図はこちら→ Google Map

市野々不動滝から県道117号線を西へ戻り、先程通り過ぎて来た柳の滝への分岐を北に曲がると、間もなく駐車場と遊歩道入口に到着します。

柳の滝01

「柳の滝」という滝が有りそうですが、この滝名は不動滝・お釜滝・ 布滝・窓滝・夫婦滝の総称です。

柳の滝07

遊歩道に入るとすぐに最初の滝、不動滝に着きました。
幅広で丸いフォルムの岩の上を三条になって落ちる…三条…三…
って、一条やがな~!
この日の福井県はどこも水量が少なめでした(泣)

柳の滝02

不動滝から3分ほど歩くと、お釜滝に到着です。

柳の滝03

落差は控えめですが、上段と下段でオフセットした流れが悪くない感じです♪

柳の滝04

お釜滝から遊歩道を約10分進むと布滝に到着しました。
「布引の滝」などに有りがちな、ヒラヒラと流れ落ちる分岐瀑です。

柳の滝05

落差は充分にあるので、水の多い時に見てみたかったなぁ…。

柳の滝06

さて、当初は窓滝まで行くつもりでしたが、この時点で16時20分。
ここから20分掛かるらしいし…、水量も少なさそうだしなぁ…。
この季節の山中は油断してるとすぐに真っ暗になるので、ここまでで引き返す事にしました。

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

市野々不動滝

市野々03

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差62m 段瀑

福井県越前市市野々町
滝の地図はこちら→ Google Map

北陸道の鯖江や武生IC方面から東へ向かって県道117号線に入り、この辺りで有名な柳の滝の案内板に従って進みます。
柳の滝への分岐を過ぎ県道をそのまま東に進んで行くと、市野々地区に入り"不動滝"の案内板が現れます。
案内に従い県道から右折して少し走ると、次は左手にこんな案内がありました。
一瞬「この周辺に駐車して遊歩道を進むのかぁ」と思ったのですが、よく見るとまだ奥へと車で進めそうです。
(歩いても5分ぐらいだと思います。)

市野々01

ここを左折して車で上がると、間もなく林道沿いに滝が見えてきました。

市野々02

落差62mとかなりの高瀑で、最上段は木に隠れた彼方にあってよく見えません。

市野々03

生憎、水量も少ないうえに紅葉も終わりかけでしたが、水さえ豊富に流れていれば迫力のある良瀑に化けそうでした。

市野々04

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

荒谷の滝

荒谷の滝05

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差15m 段瀑

福井県越前市荒谷町
滝の地図はこちら→ Google Map

国道8号線の庄田交差点から県道201号線を東に進み、北陸道をくぐる少し手前の案内板の角を南に曲がります。
北陸道を左に見ながら穴田川沿いを南に進んで行くとやがて日野神社に到着します。

荒谷の滝01

この付近に駐車して神社内を歩いて滝まで行けますが、神社の左の林道をそのまま車で滝入口まで上がる事も出来ます。

荒谷の滝02

滝の入口付近の道路は狭いので、どこか広い路肩が無いかと一旦通り過ぎるとすぐに終点になり、そこでは何やら要塞の様な建物の建設中でした。
こんな山奥に高層マンションでもないだろうし、やっぱり秘密組織の要塞?(笑)
ちょうど北陸道の日野山トンネルの真上ぐらいです。
工事車両の出入りもあるので、駐車位置には注意が必要です。

荒谷の滝03

さて、入口に戻って遊歩道に入ると、一瞬で滝が見えてきました。
鎖が張られた階段を最後まで上がると、滝の最上段に到着します。

荒谷の滝04

階段を少し下った所から、ちょっと鎖の外に出てみて一段目と二段目。

荒谷の滝05

この下にもまだ流れのある三段or四段の細長く流れの優しい段瀑で、最下段は滝なのかどうか…。
そこまで含めると15m以上あるようにも見えました。
滝見スペースの幅が狭い事もあり、最下段から撮ると“階段の写真”みたいになるので、上二段がメインになると思います。

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

勝蓮花の滝

勝蓮花の滝06

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差10m 段瀑

福井県越前市勝蓮花町
滝の地図はこちら→ Google Map

越前海岸から県道19号線を東へ進みます。
越前武生カントリークラブ近くで県道206号線と出合うすぐ手前の脇道を右に入って、滝入口近くの路肩に駐車します。
異次元にワープ出来そうな違和感あるゲート(?)をくぐると、すぐ左手に茶屋が有りました。

勝蓮花の滝01

勝蓮花の滝02

茶屋と言っても何も販売はしておらず、要するに休憩小屋でした。
滝見台まで1分もかからないけど休憩小屋?(笑)
中から出てきた管理人のおじさんが言うには「皆さんここで持って来た弁当とか食べて行きますよ」との事。
おじさんと暫しお話しましたが、回りから見るとただの"おじさん"と"おじさん"の立ち話ですね(笑)

そしてあっという間に滝見台に到着しました。
ここからは上段も見えており良い滝なのですが、どうしても距離が…。

勝蓮花の滝03

いかにも「通ってください」と言わんばかりの道が左岸側に有るので、滝見台の柵を越えてちょっとお邪魔します。
それでもまだ高さがあるので降りる所を探していると、あった!ありました!梯子♪

勝蓮花の滝04

この梯子、切株に引っ掛けてあるだけなのに意外としっかりしていました。
そして沢に降りると滝前です♪

勝蓮花の滝05

落差は10mほどですが、個性的で見映えのいい滝です。
ただこの位置からだと、どうしても落ち口上の建物が写ってしまいます。

勝蓮花の滝06

レモン絞り器? 栗?
こんな和菓子もありそうですね(笑)

管理人のおじさん曰く、寒い季節になると岩肌が赤茶けてくるそうです。
そう言えば冬に訪れた滋賀県の鶏鳴の滝も、こんな色だったなぁ…。

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

白竜の滝

白龍の滝0

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差20m 段瀑

福井県南条郡南越前町糠
滝の地図はこちら→ Google Map

入日ヶ滝から国道305号線を南に4.6km走ると白竜の滝公園があり、その前に駐車したままでも滝見が可能なお手軽滝です。
なかなかの落差があって下段で流れに変化もある滝なのですが、どうも上手く撮れませんでした。

最近どんどん写真が雑になってきてるなぁ…(汗)

白龍の滝0

来訪日 2020年11月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: