fc2ブログ

不動の滝(初生谷)

初生谷不動の滝04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差30m 直瀑

和歌山県海草郡紀美野町初生谷
滝の地図はこちら→ Google Map

県道4号線の初生谷にある滝で、南の国道370号線側から向かう場合は三本松トンネルや上ノ城トンネルを通ると良いでしょう。
滝入口には看板があり、その脇に1台ならなんとか駐車できます。

初生谷不動の滝01

そこから滝見道を2~3分で到着します。
意外にも大きな滝でびっくり♪

初生谷不動の滝02

下から見上げるとなかなかの迫力です。

初生谷不動の滝03

現場では感じませんでしたが、写真で見ると岩肌がけっこう赤いですね。

初生谷不動の滝04

来訪日 2021年9月




SUNDAY MOUNTAIN 【アウトドアSHOP】


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

滝本の滝

滝本の滝05

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差20m 段瀑

和歌山県海草郡紀美野町毛原中
滝の地図はこちら→ Google Map

国道370号線の栩原バス停前の橋を渡り毛原オートキャンプ場方向へ進みます。
Y字路の左にキャンプ場の赤い屋根が見えているので、一旦左に進んですぐ右に曲がります。
ここが道には見えず私有地っぽく感じますが、容赦なく入って下さい(笑)
すぐに住居が1件あり、その横の川沿いの草むらに駐車して右岸を進みます。
左岸側は恐らく住居の敷地内なので注意してください。

滝本の滝01

すぐに多段の滝が見えてきますが、全部で何段なのか?
細かく分けると6~7段ぐらいになりそうです。
最上段もチラっと見えているので、とりあえず下段の滝を直登していきます。

滝本の滝02

そしてここまで来て行く手を阻まれました。

滝本の滝03

一旦下まで戻って、今度は左岸の林の中を登り上の三段の直下に到着しました。

滝本の滝04

最上段は細い筋のようにバラけて落ちているので、写真では寂しく写ります。
水量が増えるとなかなか楽しめる滝だと思います。

滝本の滝05

来訪日 2021年9月




洗練されたソロキャンパー向けギアブランド【ZEN Camps】


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

赤滝(垣内谷)

赤滝垣内谷05

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 段瀑

和歌山県伊都郡かつらぎ町新城
滝の地図はこちら→ Google Map

国道480号線から県道115号線を北上して国道370号線を高野山方面に右折、そこから1.8kmの左手にバス停があるので、その向かいの道へ南東に曲がります。
小さな橋を渡ってすぐ右側に駐車スペースがあるので、そこから歩いて支流沿いの林道を進みます。

赤滝垣内谷01

防獣ゲートを越えるとすぐに対岸に渡る橋がありますが、橋を渡って左岸側を進むと堰堤の下流側に出るので堰堤を越えなければいけません。
ここは橋を渡らずに林道を直進すると堰堤の上流側に出て、そこから右下へ向かう分岐を下ると沢に出ました。
すぐに沢は二手に分岐しているので、向かって右の沢を進みます。

赤滝垣内谷03

この辺りから滝まではピンクテープだらけなので簡単に行けると思います。
そして歩き出して30分足らずで滝前に到着しました。

赤滝垣内谷04

名前のとおりの赤い岩が特徴的で、苔や木々の緑との調和も綺麗です♪

赤滝垣内谷05

紀伊半島の中でも和歌山県北部はヒルやクマの心配が無いので落ち着いて滝を眺められました。
ほとんど話が出ないし会った事も無いだけで、実際にはいるかも知れませんが…。
でもマムシは普通にいます(汗)

赤滝垣内谷06

滝としては三段の段瀑になるのでしょうか?
その下にもう1段あるので、四段を入れて撮ってみました。

赤滝垣内谷07

紀伊半島を真ん中から東西2つに分けると東側に名瀑や巨瀑が集中しているのでそちらに目が向きがちですが、西側にも20~30mクラスの良瀑が多く点在し、自分としてはなかなか好きなエリアです♪

来訪日 2021年9月




日本発のオリジナルアウトドアブランド【JOYVACK】


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

不動滝(大股)

不動滝大股04

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 段瀑

奈良県吉野郡野迫川村北今西
滝の地図はこちら→ Google Map

国道371号線龍神スカイラインから東へと川原樋川沿いの林道を走り、ここで一旦奈良県の野迫川村に向かいます。
あまご釣場やアドベンチャーランドを過ぎた二股を左に上がると、すぐ右手にトイレと駐車スペースのある滝入口に到着します。

不動滝大股01

ここから沢沿いに歩くと、取水ポンプがひょんぐっていました(笑)

不動滝大股02

本来は滝見道が整備されていたようですが、今では土砂に埋もれてしまい土台の地面も崩れてしまっています。

不動滝大股03

やがて東屋に到着し、そこから何段かの前衛滝の上に不動滝が見えますが、どうも見栄えがイマイチ…。
傾斜は急ですがグリップしそうな岩なので、上を目指して下流の滝を直登して行きます。
そして上の二段の直下まで来ました。
入口にあった落差20mとは、この二段の事だと思います。
水量が多ければもっと見応えがあるでしょう。

不動滝大股04

右岸側には完全に倒壊した滝見台の残骸が!
元々はここまで滝見道が続いていたようですが、現在右岸側の斜面は崩落していて歩ける状態ではありませんでした。

不動滝大股05

来訪日 2021年9月




スポーツ用品・アウトドアPYKES PEAK


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

越戒の滝

越戒の滝05

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差20m 直瀑

和歌山県田辺市龍神村龍神
滝の地図はこちら→ Google Map

衛門嘉門の滝から遊歩道を分岐まで戻り今度は左に降りると、越戒の滝に到着しました。

越戒の滝01

ただし滝の斜め上からの見下ろしで、木に遮られてよく見えません。
その先の急斜面から滝下に向かうのもかなり無理がありそうで危険です。

越戒の滝02

なので林道まで戻って少し下流側へと進むと、ちょうど滝壺がチラっと見える斜面に残置ロープがありました。
このロープを頼りに斜面を50mほど降下します。
ロープはしっかりと固定されていますが、細いトラロープなのでいつまで残っているやら…。
もしかすると今日で最後かも知れません(汗)

越戒の滝03

足場が脆いのでロープ無しでは少し手こずりそうな斜面を降り切ると滝前に到着しました。

越戒の滝04

上から見ていたよりも大きく感じ、やはり頑張ってでも下から観るべき滝でした。
たまに下からよりも上から見下ろす方が立派に見える滝もありますが、それって何なんでしょう…。

越戒の滝05

来訪日 2021年9月




FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

衛門嘉門の滝・三段滝

衛門嘉門06

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

衛門嘉門の滝・落差16m 段瀑
三段滝・落差15m 段瀑

和歌山県田辺市龍神村龍神
滝の地図はこちら→ Google Map

国道371号線龍神スカイラインの道の駅ごまさんスカイタワーの北西1.7kmに林道の入口があり、そこから滝入口まで約4kmです。
この林道は未舗装で崩落箇所も多いので、皆さんほとんどが途中で断念して歩いて滝に向かうようです。
ちょうど半分ぐらいの地点の大崩落箇所では、もう何年も工事が行われています。
しかし工事車両が出入りするお陰で、そこまでは普通車でも難なく進めそうです。
問題はそこから先、落石でガレた路面は水流で掘れた部分もありそこそこハードでした。
それでもある程度整地され落石も除去されているようなので、また崩落が起きる前の今がチャンスかも?
そしてゆっくり走って滝入口に到着しました。

衛門嘉門01

そこから意外にもしっかりと整備された遊歩道を進んで行くと分岐がありました。
ここには3つの滝があり、まずは右の階段を降りる事にします。

衛門嘉門02

川まで降りると見えてくるのが三段滝です。

衛門嘉門03

三段滝の上二段です。

衛門嘉門04

そこから先も遊歩道が続き、三段滝を越えると衛門嘉門の滝に到着しました。

衛門嘉門05

それぞれ別沢から2つの流れ込みがあり、左が衛門の滝で右が嘉門の滝だそうです。
Johnnyの曲「ジェームスディーンのように」が頭の中を流れます。
同世代の方ならわかるかな?(笑)

衛門嘉門06

落差はそれ程でもありませんが、個性的な流れで迫力もある良瀑でした♪

衛門嘉門07

来訪日 2021年9月




あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: