fc2ブログ

常清滝《日本の滝百選》

常清滝04

迫力 ★★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差126m 段瀑

広島県三次市作木町下作木
滝の地図はこちら→ Google Map

三次市街地方面から国道375号線を北西に走り港交差点を右折。
そこから1kmで右折すると広い駐車場に到着します。
駐車場から奥の階段を進んでも、上に見える車道に出ても、権現神社で合流するのでどちらでもOKです。

常清滝01

その先から遊歩道に入り、滝までは10分ぐらいでした。
道中の写真も撮りましたが、どうやら湿気でレンズが曇っていたようです…。
滝壺の前を一旦スルーし、まずは先に観瀑台に上がって全貌を確認~♪
こりゃ確かに100m越えの立派な滝だぁ!
集水域が狭く普段は流れが寂しいようですが、この日はソコソコ流れていました。

常清滝02

では続いて滝壺へ~♪
あまり近づくと上部がギュ~っと縮まって見えます。
それでも十分にデカい!

常清滝03

やや引き気味のほうが全体を綺麗に見渡せます。

常清滝04

レンズをかなり上に向けるので、雨の水滴を拭きながらの撮影が大変でした。
中国地方では、ここと神庭の滝が二大巨頭としてお馴染みですね。

来訪日 2022年7月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

八重滝《日本の滝百選》

八重09

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

八汐滝・落差15m 直瀑
八塩滝・落差20m 段瀑
姫滝・落差3m 斜瀑
姥滝・落差3m 直瀑
河鹿滝・落差3m 直瀑
紅葉滝・落差3m 斜瀑
滝尻滝・落差7m 直瀑
猿飛滝・落差2m 渓流瀑

島根県雲南市掛合町入間
滝の地図はこちら→ Google Map

ここは龍頭ヶ滝とセットで百選に選ばれており、八重滝というのは8つの滝の総称で、メインは一番上流の八汐滝+八塩滝です。
国道54号線を道の駅掛合の里から7.5km南下して、八重滝の案内板の出ている角を左折します。
するといきなり道路脇に1つめの猿飛滝が現れました。
やや広い路肩に停めて滝前へ~♪
落差2~3mの小さな滝で、落口が人工化されているのがちょっと残念…。

八重01

その少し先に広い駐車場があり、そこから遊歩道のスタートです。

八重02

歩き出して10分足らずで滝尻滝に到着しました。
小さなゴルジュの奥に見えるチョックストーン滝です。

八重03

その次の紅葉滝まではやや距離があり、アップダウンしながら10分ぐらいで到着しました。
ちなみに2022年7月現在、右岸側の遊歩道は通行止めになっています。

八重04

その先からはポンポンと滝が続いて現れます。
↓河鹿滝

八重05

八重06

↓姥滝

八重07

↓姫滝

八重08

そしてメインの、上段が八汐滝で下段が八塩滝です。
写真を撮りながらで、ここまで40分ぐらいでした。

八重09

八塩滝の右岸の岩には鎖が設置されていて、八汐滝の前まで登る事が出来ます。
当初は登る気まんまんで訪れていましたが、ここで雨が本降りになってきたのと、渡渉しようにも水が深くて長靴では浸水確実なので断念しました。
誰かと一緒ならノリで行ってたかな?(笑)

来訪日 2022年7月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

龍頭ヶ滝《日本の滝百選》

龍頭島根百選09

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

雄滝・落差40m 直瀑
雌滝・落差20m 斜瀑

島根県雲南市掛合町松笠
滝の地図はこちら→ Google Map

2日目に島根県東部をじっくり回る計画でしたが、予定を早く切り上げて初日に百選のみ訪れる事にしました。
という訳で高速で一気に移動~♪
松江道の雲南吉田or吉田掛合ICから県道38号線経由で国道54号線に出て北上します。
道の駅掛合の里の少し北で県道39号線へと左折。
そこからは案内に従って進むだけですが、駐車場と入口は滝の上流と下流の両方にあり、私は下流側から向かいましたが、上流側のほうが若干楽かも知れません。
雨降りの平日でもあり、広い駐車場にポツンと1台(笑)

龍頭島根百選01

そこから上流側へと遊歩道を進みます。

龍頭島根百選02

5分ほど歩くと分岐があり、そのまま直進(右岸と左岸両方に遊歩道有り)すると雌滝、橋を渡って階段を登って行くと雄滝に通じています。

龍頭島根百選03

まずは直進方向に進むとすぐに雌滝が見えました。
滝の下流がナメになっているので、履物次第で流れの中を歩いて近づけます♪
左右から水が流れ込んでいますが、向かって右の隠れ気味のほうが本流かな?

龍頭島根百選04

やや小ぶりで纏まりのない流れですが、なかなか雰囲気のいい滝でした。

龍頭島根百選05

龍頭島根百選06

雄滝へは長い木製階段が続いていますが、分岐まで戻らず雌滝左岸の道を上がると、その半分ぐらいショートカット出来ます♪

龍頭島根百選07

すると雌滝のすぐ上に雄滝がありました。

龍頭島根百選08

流れ自体はシンプルでも、周囲の岩盤が個性的です。

龍頭島根百選09

そして、龍頭雄滝と言えば裏見ですね~♪

龍頭島根百選10

貸切りだったので気兼ね無く存分に裏見を楽しめました♪

龍頭島根百選11

来訪日 2022年7月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

昇雲の滝

昇雲の03

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差51m 段瀑

広島県三原市久井町土取
滝の地図はこちら→ Google Map

白扇の滝から少し東の県道344号線近くにある滝で、ナビでは迂回するようなルートが案内されますが、実際は山陽道の南側に県道343・344号線を結ぶショートカットの道があります。
滝入口は仏通寺川右岸の下流側なので、県道344号線から滝の北側ではなく南西側の道に向かって下さい。
道沿いに5台分ぐらいの駐車場と、その脇に遊歩道の入口があります。

昇雲の01

遊歩道を進んですぐの観瀑台から遠望出来ますが、この時期はほとんど葉隠れ~(泣)
それでも確かに50m級のスケールの大きさは実感出来ました。

昇雲の02

観瀑台の少し手前の分岐を左に下ると、数分で滝壺に到着します。
そこから見えるのは下の1/3ぐらいでしょうか?
それでもかなり見映えが良く力強い滝です。

昇雲の03

そこで何とか上部も捉えようとドローンを出動させましたが、滝壺からでは衛星受信不足で全く高度が上がらず…。
折角なのでせめて肉眼では見られないアングルで撮影~♪
帰宅してからPCに取り込もうとすると、読み取りエラー!ファイル破損だと~!
「ディスクのフォーマットが必要です、フォーマットしますか?」
「はい…。」
「フォーマット出来ませんでした。」
次回の滝の為に早速マイクロSDカードをネット注文しました(笑)

来訪日 2022年7月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

白扇の滝

白扇の滝02

迫力 ★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差22m 斜瀑

広島県三原市本郷町船木
滝の地図はこちら→ Google Map

県道33号線の中筋下交差点から県道343号線を北上し、山陽道の手前400mの分岐を左下に進むと、左カーブの橋の袂に記念碑があります。

白扇の滝01

橋を渡った側に駐車スペースがあり、その奥のやや藪漕ぎ気味の滝見道を上流に向かうとすぐに滝が見えます。

白扇の滝02

流れは悪くないんですが、滝としてはどうかなぁ…。
まだ上にも滝があるのか?落差が22mあるようには見えませんでした。

白扇の滝03

来訪日 2022年7月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

瀑雪の滝

瀑雪の滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差30m 直瀑

広島県三原市本郷町船木
滝の地図はこちら→ Google Map

広島空港の少し北東にJRと並走して県道33号線が通っており、その道沿いの入漁券販売所が滝の駐車場も兼ねています。
駐車場の右手からJRの下をくぐって遊歩道を進みます。

瀑雪の滝01

瀑雪の滝までは徒歩数分で、上流側の棲真寺までの間にもいくつか小滝が続くようですが、本命が最初に現れるとそれ以上登る気にはならないですね(笑)
足元は普通の靴で大丈夫ですが、滝前での自由度を考えると沢靴か長靴がいいと思います。

瀑雪の滝02

花崗岩の一枚岩を豪快に落ちる滝で、直瀑と呼ぶにはちょっと複雑な流れを見せていました。
(落口付近には小さな段も見えます。)

瀑雪の滝03

瀑雪の滝04

ここから沼田川対岸の広島空港近くには有名な女王滝もありますが、もう何年も遊歩道が通行止めになっています。
実際は普通に歩けるそうですが、駐車場までの道がゲートオープン前の時間だったので、素直にパスしました。

来訪日 2022年7月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: