fc2ブログ

大熊谷不動滝

大熊谷不動滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差60m 段瀑

三重県多気郡大台町滝谷
滝の地図はこちら→ Google Map

大台町から宮川沿いの県道53号線を大台ケ原方面に向かって南西に走ると、右手に丸西産業という土木関係(?)の会社があり、その角を西に入ると大熊谷林道になります。
1kmほど進んだ辺りで左に広い駐車スペースと、その対岸に小さな木の梯子があるので、車を停め対岸を目指して川を渡渉します。
普段は川の水も少なく伏流していることも多いそうですが、この日はたっぷりと水が流れており、深い所では股下ぐらいありそうでした。
スタートからいきなり挫けそうでしたが、長靴に履き替えて浅瀬を選んで進み、なんとか対岸に渡る事ができました。

大熊谷不動滝01

朽ちた木の梯子を登り、大熊谷の東俣谷に入ります。
ちゃんとした道はありませんので、遡行と踏み跡を辿る巻き道の繰り返しになります。
間もなく「くの字滝」や「腰折れ滝」が現れるので、これらは向かって左(右岸)から越えます。
要所要所にはロープやマーキングがあるので、谷から離れずに進めそうな方向に登っていけば、迷いはしないと思います。

大熊谷不動滝03

そこから何度か渡渉しながら進んで行くと、木と大岩の向こうに何やら大きな滝がチラチラ見えてきました。
ここまで30分ぐらいだったと思います。
最後の大岩群を越えていくと急に視界が開け、最初の目的の滝に到着しました。

大熊谷不動滝05

微妙に角度を変えて落ちる段瀑なので、1つの滝として全体を見ると、少し変わった形をしています。
今までの薄暗い谷から一変し、大きく開けた空間と青い空、そこから降って来るような大滝は感動ものです♪
ここに至るまでの疲れも忘れ、しばらく水飛沫を浴びながら滝を満喫しました。

大熊谷不動滝04

もしこの上流にも素晴らしい滝がある事を知らなければ、満足感に浸りながら下山するところですが、本当の目的は更に上にあります。
はたしてロクな装備も無しに、60mもあるこの滝を越えられるのだろうか?
でも下調べはしてきています…
見た感じ確かに登って行けそうに思います…
では上を目指して行くとします♪

来訪日 2019年10月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: