fc2ブログ

火焔滝

火焔滝06

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差40m 分岐瀑

山形県米沢市李山
滝の地図はこちら→ Google Map

県道151号線の直江石堤の1km西の交差点から最上川上流方向に南下します。
途中でトトロの森を通過して狭い林道を最奥まで走ると大平温泉に到着です。
駐車場は温泉利用者用なので、その手前の広場に駐車すると良いでしょう。
ここまでの林道は比較的路面も綺麗ですが、終盤の8kmほどは狭い登りカーブの連続なので、林道に慣れていない方はヒヤヒヤするかも知れません。《火焔滝難関その①》
火焔滝01

駐車場から先は車両進入禁止なので、九十九折りの急な下りの林道を歩きます。
15分程度で温泉宿と吊橋に到着しますが、帰りの登りはもちろん、下りでもかなり疲れました。《火焔滝難関その②》
火焔滝02

滝に向かうには大平温泉滝見屋さんの露天風呂奥から河原に出ます。
入浴中の場合は通れないので、滝見屋さんに声を掛けてから向かいましょう。
温泉利用者からの苦情が多いそうです。
露天風呂の状況と沢の増水も含め、林道に入る前に電話で確認するのも手かも知れません。《火焔滝難関その③》
火焔滝03

無事に沢に出たら、まずは右からの支流を徒渉し、続いて本流を徒渉して右岸の“最上川源流之碑”まで行きます。
大岩ゴーロ伝いの徒渉ですが、大幅な増水時はかなり厳しいかも知れません。《火焔滝難関その④》
火焔滝04

ここまで来ればあとは上流に向かうだけなので、火焔滝はスタートまでが難関と言えます。
そして石碑から15分で滝前に到着しました。
夕日に照らされると山中で炎のように赤く輝くので火焔滝と呼ばれるそうです。
火焔滝05

これも柱状節理なのかな?
規則的に整った並びや断面ではないので、むしろこの方が味があります。
火焔滝06

沢屋さんは左岸の階段状の岩場を登って上流の剣巉滝に行くそうなので、自分もちょっとだけ登ってみました♪
火焔滝08

訪れた方の写真を見ていて、もっと暗くて圧迫感のある谷を想像していましたが、開放的でとても清々しい場所です。
火焔滝09

今回の東北遠征で最も楽しみにしていた滝で、多くの滝好きさんが絶賛するだけある本当に素晴らしい滝でした。
そして、行ってみると意外とお手軽なのもGOOD♪

来訪日 2023年6月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント