fc2ブログ

湯子川の滝

湯子川の滝07

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

一の滝・落差100m 段瀑

和歌山県伊都郡かつらぎ町新城
滝の地図はこちら→ Google Map

日高川町周辺の滝巡りを終えて大阪に帰る途中に気になる滝があるので、少し遠回りになりますが寄ってみました。
国道480号線と370号線(高野西街道)が交わる花坂西交差点から南に3.1kmの角を東に曲がって湯子川沿いの林道を進みます。
国道から1kmほどの右側に滝の看板と崩れた観瀑台がありました。
この付近に駐車は厳しいので、前後の若干広めの路肩スペースが良いでしょう。
湯子川の滝01

実はこの時、林道に入る直前から大雨が降り出したので、雨が止むまで車で20分ほど待機してから突撃しました。
観瀑台も崩壊しており、対岸に見えるはずの長大な滝は木々に隠れて全く見えません。
湯子川に下りる木製階段も完全に朽ちているので、階段の残骸や立木を頼りに降ります。
慎重に降りても河原まで5分ぐらいでした。
湯子川の滝02

湯子川本流もこの日ぐらいの水量なら濡れずに簡単に徒渉できます。
湯子川の滝03

そして対岸に出ると、100m級の段瀑の最下段に到着です。
湯子川の滝04

さてさて、ここからどうやって登ろうか?
下段前から見上げると、右岸はとても登れそうになく、左岸側なら何とかなるかなぁ…?
そして左岸巻き途中の中段~下段間の連瀑です。
湯子川の滝05

しかしこの辺りから徐々に巻きも厳しくなってきました。
踏み跡っぽいものは見えるのですが(ただの獣道かも?)、無理矢理登って無理矢理トラバースしての連続です。
実際は登りよりも帰りの下りのほうがヒヤヒヤだったんですが…(汗)
そして何とか中段手前までやって来ました♪
そもそも下段前から左岸を選択したのが間違いで、本来は本流を徒渉した付近から右岸を大きく巻きに入るのが正解だったようです(笑)
湯子川の滝06

中段が見えてからは流れの中を直接登って行けます。
湯子川の滝07

そして中段前に到着~♪
大雨の直後なので滝壺は赤茶に濁っていました。
湯子川の滝08

さて、上段にはどっちから行けば?
相変わらず右岸は崖が立って見えるけど行けなくもなさそうな…。
でも左岸はバリエーション豊富で臨機応変に行けそうに見えたので左岸を巻きましたが、結果的にこれまた間違い(笑)
しかも巻きの途中で雨がまたポツポツと降り出し、ようやく上段が見えた頃には土砂降りに~!
大雨の中ササッと上段を2~3枚撮影して、未知の右岸よりは勝手知ったる左岸を必死の思いで本流まで降りました。
そして帰宅後に上段の写真を確認すると、レンズは水滴だらけでNDフィルター内も湿気で完全に曇り、何の写真なのか全く分かりませ~ん(泣)
ここは晴れた日にリベンジですなぁ…。
次回は右岸から(笑)

来訪日 2023年9月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント