fc2ブログ

赤滝・赤龍の滝・噴き出しの滝

霧ヶ滝渓谷27

迫力 ★★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

赤滝・落差60m 分岐瀑
赤龍の滝・落差15m 分岐瀑
噴き出しの滝・落差10m 直瀑

兵庫県美方郡新温泉町岸田
滝の地図はこちら→ Google Map

霧ヶ滝手前の出合いを、この小滝がある右俣に入ります。
霧ヶ滝渓谷22

そこから遡行するとやがて現れるのが噴き出しの滝で、昔は周辺に広場と遊歩道があったそうですが、今ではその名残りは全く見られませんでした。
霧ヶ滝渓谷23

この滝は左岸から越えるそうなので辺りをキョロキョロ…。
左岸のガレたルンゼを登って行きます。
霧ヶ滝渓谷24

やがて左手に巻き道の入口が現れますが、この道がなかなかの曲者でした。
道は明瞭なのですが、急斜面に付けられた狭いトラバース道で、油断すると滑落の危険もあります。
そして道が平穏になったかと思うと、いきなり赤滝の姿が飛び込んできました。
やや遠望の見下ろしでも、その美しさと迫力が伝わってきます。
霧ヶ滝渓谷25

一見上段に見える部分は単体で赤龍の滝と呼ばれており、龍が天に昇るような姿だそうです。
でもよく見えないなぁ…。
この滝へは落口から懸垂で降りるしかなさそうでした。
↓拡大
霧ヶ滝渓谷26

そしてここからは長い残置ロープで赤滝の前に降りられますが、ザレザレの急斜面で落石も発生するので、複数で訪れる場合はご注意を。
霧ヶ滝渓谷27

滝前は巨岩帯になっていますが意外と自由に動き回れ、角度によって滝の印象も変わります。
霧ヶ滝渓谷29


こうして見るとなかなか凹凸の激しい岩ですね。
霧ヶ滝渓谷30


霧ヶ滝よりもこっちのほうが好みかなぁ?
躍動感や変化のある滝が好きなので…♪
霧ヶ滝渓谷28

霧ヶ滝までのルートに比べると難易度は上がり万人向けではありませんが、可能であればセットで訪れて頂きたい滝です。
霧ヶ滝渓谷31

<おまけ>
道中の標柱のイラストがなんか可愛い…(笑)
霧ヶ滝渓谷32

来訪日 2023年11月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023

今までにブログ内で紹介した滝をGoogleマップに記しました。
ちゃぴお滝MAPは
こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント