FC2ブログ

鍋津呂谷の滝

鍋津呂谷04

迫力 ★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★★

落差5m 直瀑
和歌山県西牟婁郡白浜町久木

八草の滝から引き返して日置川沿いを歩きます。
それにしても綺麗な色だこと♪

鍋津呂谷01

素堀りの隧道手前の分岐まで戻ると、今度は真ん中の道に入ります。
道とは言っても、古い水路跡の上を歩く感じです。
左上に見えているのが庄川まで続く道で、右下には行きに渡った倒木の橋がある沢が流れています。
この水路跡は足場が悪い箇所もあるので、思い切って沢を遡行するほうがスムーズだったかも知れません。

鍋津呂谷02

分岐から15分ほど歩くと、何とも言いようのない異空間に辿り着きました。

鍋津呂谷03

青く透き通った水と周りを板状節理に囲まれたスペースで、右岸の階段状になった節理は本当に階段のように昇り降りできます。
そしてこの右奥に滝が落ちていました。

鍋津呂谷04

まるで古代建造物のようにも思える水の回廊です。
滝のある部分の岩は、一見すると堰堤かのように見事な平面になっています。
落差はそれほどではありませんが、下流部も含めて見飽きる事のない滝でした。

鍋津呂谷05

カメラが傾いている様にも見えますが、ここも八草の滝と同じく左下がりの節理です。
水面だけが水平位置を示しているはずなのですが…。

鍋津呂谷06

周囲を斜めになった節理に囲まれていると、平衡感覚がどんどんおかしくなり、どれが水平なのか分からなくなりました(笑)

来訪日 2020年1月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する