fc2ブログ

袋尻一休様の滝

袋尻一休様02

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差3m 分岐瀑

岡山県久米郡美咲町和田北
滝の地図はこちら→ Google Map

続いては名前に惹かれて訪れてみた滝です。
袋尻一休って誰やねん(笑)
ってことでGoogle先生に聞いてみたところ、“袋尻”は苗字ではなく、「一休さんが大蛇を捕らえ入れていた袋をここでひっくり返した」という昔話が由来だそうです。
一休さんってあの有名な一休さんかな?
新右衛門さんもここまで馬で走って来たのかな?

さて、この滝は県道脇にありますが、この県道373号線は険道としても知られていて、特に滝のある西側の区間が過酷とのこと。
でも旭川湖からのほうが距離は短いので、思い切って西側から突入してみました。
結論から先に言うと特に問題無く到着しましたが、無難に東側から迂回するほうがいいと思います。
ちゃんとした舗装路ですが落石も有り、道幅は車1台分なので運悪く対向車が来ると離合は不可能です。
さらに路肩から伸びた藪や垂れ下がった枝を車でかき分けながらの走行で、道の途中でウリ坊が遊んでいる程でした(笑)

旭川湖からは約2km、滝の近くにちょっとしたスペースが有るので駐車し、林道を少し下流側に戻った辺りの踏み跡から設置されたロープを頼りにすぐに沢まで降りられました。(このロープが無かったら手こずるかも?)
鬱蒼とした雰囲気の空間で、落差はありませんが何とも個性的な滝です。
地形的には向かって左が本流で、右は支流の滝になると思います。

袋尻一休様01

左岸側のステージの様な岩の上で、一休さんは大蛇を放したのかな?

袋尻一休様02

来訪日 2020年7月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント