fc2ブログ

鈴木の滝・備中白糸の滝

鈴木の滝05

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

鈴木の滝・落差50m 段瀑
備中白糸の滝・落差45m 段瀑

岡山県高梁市備中町西山
滝の地図はこちら→ Google Map

県道33号線から県道107号線に入って西へ、新成羽川ダム方面に向かいます。
ダムが見え出した頃、左カーブの右側にもちょっとした滝があります。

備中白糸01

↑備中白糸の滝
かなり落差はありますが、水量が少ない上にほとんど葉隠れしてしまっていて、あまり見映えする滝ではありませんでした。

ダムを越えて更に県道107号線を西へと走ります。
備中湖に沿って走る細い道は、奈良県の池原ダム~坂本ダム間の国道425号線にも似た雰囲気はありましたが、路面状態も良いこちらのほうが断然走り易い道でした。
県道33号線から約9km地点の大きな赤い橋を渡った先を左折、続いて同じような赤い橋が現れるので、2つ目の橋は渡って右折、西山高原への案内に従うように進みます。
すると間もなく駐車スペースと滝の案内板が見えてきます。

鈴木の滝01

沢の左岸にある案内板側から滝見道に入ります。

鈴木の滝02

整備された遊歩道ではないので途中で分かりにくい箇所もありますが、ある程度の踏み跡と赤テープのマーキングがあるので迷う事は無いと思います。
後半はやや巻き気味のルートや沢沿いなど複数のルートが有るようでしたが、どれも方向を見失う様なものではなく、最後は滝前へと出るので歩き易そうなルートを選択すればいいと思います。
ヒルの心配も無さそうですし、ヘビなどの爬虫類も見かけませんでした。
そして15分ほど歩いて滝前に到着です。

鈴木の滝03

一番下の二条の滝は本滝には含まれなさそうですが、それでも落差50mの岡山県南部一番の名瀑と言われるのも納得のスケールです。

鈴木の滝04

この日はこれでも水量が少ないほうでしょう。

鈴木の滝05

この傾斜なら上段まで行けたなぁ…。
いつも帰ってから気付くんです(笑)

来訪日 2020年9月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント