fc2ブログ

桂の滝

桂の滝05

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

落差30m 直瀑

兵庫県美方郡新温泉町海上
滝の地図はこちら→ Google Map

シワガラの滝から折り返して、序盤に案内板が立っていた分岐点まで一旦戻りました。
続いてここから上流にある桂の滝を目指します。

シワガラ02

傾斜は緩めの登山道で草木も綺麗に刈り取られているので、思ったよりも歩き易い道です。
ただ、シワガラの滝の倍以上の距離があるので、地味に疲労が蓄積されていきます。
念の為に熊鈴を鳴らしながら歩いていたので、それに反応したシカが物凄い勢いで斜面を逃げ去って行きました。
やがてネットで見ていた倒木です、ここは下をくぐってクリアします。

桂の滝01

後半は崩落気味の箇所やぬかるみも増えますが、特に問題なく進んで行けました。
分岐から40分ほど歩いて滝の音が聞こえだした頃からはロープ場が続き、谷まで一気に急降下していきます。
ロープがしっかりと設置されているので大丈夫だと思いますが、かなりの急斜面が続くので注意して降りましょう。

桂の滝02

無事に下まで降りると今度は急な登りに転じますが、すぐに滝の姿が見えてきます。
向かって右に桂の滝、左にはそれ以上の落差がありそうな無名滝が夫婦滝のように流れていました。
(実際は桂の滝の右にも水の少ない無名滝があります。)
これも関の塩滝と同じ、“なんとか岩擽岩”の上を流れてるのかなぁ?

桂の滝03

本滝は勢いのある直瀑で、途中で岩に当たりくの字に折れ曲がっています。
シワガラの滝ほどではありませんが、ここも緑が多く茂り秘境感たっぷり♪

桂の滝04

滝下まで近づくと落差があるのでフレームからはみ出してしまいそうです。

桂の滝05

そしてシワガラの滝では霧雨だったのが、この頃には本降りになったので急いで引き返しました。

桂の滝06

今までにも復路の下り坂で膝が痛くなる事はよくありますが、スパイク長靴で長時間歩いたせいか太腿から足の裏まで全てが痛く、もし誰かに見られたら恥ずかしい歩き方をしてたと思います(笑)
そして車まで戻ると雨が止むという、滝見あるある…。

その直後、駐車場を出発するタイミングで20代前半の女の子3人組がシワガラの滝に向かって行きましたが、3人とも素足にサンダルで1人はロングスカートでした…(汗)
雨も降ってるし、さすがにそれは厳しいんじゃないかな~?

雨が止んでいるうちに下流の布滝にも向かいましたが、滝へ向かう田んぼの畦道の途中でついに左膝が悲鳴を上げ、帰りの運転でクラッチペダルを踏む事も考えてここで断念…(泣)
帰路の国道9号線まで出た時には雨もかなり強くなり、夜まで止む事はありませんでした。
お~い!この雨の中で3人組の女の子達は大丈夫なのか~?(汗)

来訪日 2020年9月

200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント