FC2ブログ

ふいご滝

ふいご06

迫力 ★★
癒し ★★★★★
アクセス ★★★★

落差12m 斜瀑
徳島県勝浦郡上勝町生実

剣山スーパー林道内の東寄りに位置するこの滝は、潜り滝と呼ばれる形状の、岩に空いた穴の中を流れる全国的にも珍しい滝です。
アクセスはそれほど困難ではないものの、明確な場所もあまり記されておらず案内板などもほぼ無くて分かりにくいのですが、位置的には鳥居滝の少し上流になります。
鳥居滝へのアクセスはそちらをご覧ください。

鳥居滝の駐車位置から約100mほど上流へ進むと1つめの堰堤があり、オフロード車や軽トラで頑張ればこの辺りまで車で来ることが出来ますが、鳥居滝から歩いたほうが楽かも知れません。
道はこの堰堤を渡り対岸へと続いていますが、これを渡らずに川沿いを徒歩で直進します。

ふいご01

数十mほど進むと2つめの堰堤があり、そのすぐ左手の斜面に水の流れが枯れてしまった枝谷のような跡があります。

ふいご02

ふいご03

その枝谷跡を10mほど登った右手に道が現れるので、その道を奥へ進むと数分で滝手前の分岐に到着します。

ふいご04

この分岐を右に降りると滝壺へ、左の斜面を登ると滝の全貌を見ることが出来ます。
まずは左を選択し、ロープを伝って登る事にします。

ふいご10

ロープの先は木にしっかりと固定されているので特に危険は無いと思います。

ふいご11

斜面を登り切ると対岸に滝が見えてきました。
上からだと見栄えのする滝ではありませんが、岩に大きく開いた穴の中を流れているのがわかります。
莫大な年月を掛けて水の力で岩に穴を開けたのか、元々このような形の所に水が流れ込んだのか、「卵が先か、鶏が先か」のような疑問が湧きました。

ふいご12

次は先ほどのロープを降りて分岐を右へ、滝壺に向かいます。
河原に出ると黒い岩に覆われた空間の先に滝が落ちているのがわかります。

ふいご05

ふいご06

ふいご07

しかし滝壺の淵からでは下の一部しか見えず、もっとよく見るには滝壺に入らないといけません。
今日は3月上旬の肌寒い日、恐らくこの辺りの気温は2~3度ぐらいでしょう、「あぁ~♪水が冷たくて気持ちいい~♪」とはならないのは明らかです(笑)
でもはるばる大阪から来た以上は入らない訳にはいかず、靴下を脱ぎ靴を履き替えて「いざ滝壺へ!」
水に足を入れた瞬間は「意外といけるかも♪」と思いましたが、30秒もするとだんだん足が痛くなってきました。
冷たい→痛い→感覚が無くなる…、時間の経過と共にこのように変化するんですね、感覚が無くなると水の中で踏ん張る力加減も分からなくなり、前にも後ろにも進めずにフラつき出しました(笑)

ふいご08

この時点で膝上まで水に浸かっていますが、おかげで滝の流れをバッチリ見ることが出来ました。
暗い洞窟の中に水と光が飛び込んで来るようです♪

ふいご09

もっと奥まで滝に近づきたい!という願望と、それには股の辺りまで水に入らないといけないという現実…。
股間まで冷水に浸かるという恐怖は男性ならお分かりでしょう(笑)
ここは潔く諦めて引き返す事にします。

来訪日 2019年3月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する