fc2ブログ

八ッ淵の滝《日本の滝百選》 part1

八ツ淵10

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

魚止の淵・落差2m 分岐瀑
障子ヶ淵・・落差10m 段瀑
唐戸の淵・・落差30m 段瀑

滋賀県高島市黒谷
滝の地図はこちら→ Google Map

今回の滝巡りは、何度かご一緒しているフォロワーさんのめぐちゃん
そしてめぐちゃんの相方さんははじめまして。
さらに、いつもアグレッシブでタフな滝巡りでお馴染みの滝チューバーkeiさんとも初顔合わせ。
総勢4名で滋賀県高島市を訪れました♪

滋賀県の百選滝“八ッ淵の滝”へは、ガリバー青少年旅行村を目指します。
この近くの楊梅の滝神爾の滝のように国道161号線から直接山へ入るのではなく、県道296号線に入って北から回り込む感じになります。
旅行村の管理施設の横から八ッ淵の滝の登山道へ。

八ツ淵01

ここは8つの淵にある滝が百選に選ばれていて、それぞれは滝ではなく淵という前提です。
ただ滝前の看板は“滝”の表記になっているので、絶対という訳でもなさそうでした。
そしてここには危険ルートがあり死亡事故も頻繁に起きているそうで、下流の魚止の淵・障子ヶ淵の2つとメインの貴船の淵へはなるべく向かわないよう、迂回ルートへ誘導される案内が多く見られました。
ルートは可能な限りしっかりと整備されていますが100%安全という訳ではないので、管理側としては「なるべく行かないように」と言いたくなるのは頷けます。

八ツ淵02

登山道をしばらく進むとまずは最初の選択肢、右は危険な魚止の淵・障子ヶ淵経由のルート、左はそれらをパスする迂回ルートになります。
登山や観光ではなく滝が目当てで訪れているので、ここは気を引き締めて右へと降りて行きました。
沢に出て最初に目にする滝、魚止の淵かと思い写真は撮ったものの無名滝でした(笑)

八ツ淵03

そしてまずは1つ目の魚止の淵です。
他の有名な〇〇ブルーのような青さはありませんが、このエリア特有の黄緑色に透き通った綺麗な水です♪

八ツ淵04

魚止の淵の先では左岸側の上の方から大規模な崩落跡がありました。

八ツ淵05

次の障子ヶ淵の下段ギリギリまで崩落が続いているので、慎重に岩を乗り越えて鎖場を登ります。

八ツ淵06

そして2つ目の障子ヶ淵です。
下段まで落石が及んでいました。

八ツ淵07

障子ヶ淵を過ぎると向かって右からの流れ込み、正面の岩壁には落水が見られます。

八ツ淵08

右からの流れ込みの正体は…。

八ツ淵09

落ち口がチョックストーンの個性的な斜瀑です。
そう言えばここ八ッ淵の滝はチョックストーン天国でした♪
これが3つ目の唐戸の淵の最下段になるのでしょうか?
少し登ると更に上にも2段見えています。

八ツ淵10

そして長い鎖場を登ると登山道に復帰します。
そこに唐戸の淵の看板が立っており、矢印が指す先にはこの滝が…。

八ツ淵11

木に隠れてよく見えませんが、これまたチョックストーン滝です。
位置的には途中で見えていた3段の滝の最上段になりそうで、これが3つ目の唐戸の淵の落口です。
落差も諸説あって、10mの説であればこの最上段のみ、30mの説であれば障子ヶ淵の上流部までの3段になるのでしょう。

つづく…。

来訪日 2021年7月




日本発のオリジナルアウトドアブランド【JOYVACK】


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメント

非公開コメント