FC2ブログ
“滝”初心者ですが、身近な関西から徐々にエリアを広げ、各地の名瀑を堪能したい!
楊梅の滝
楊梅11

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★

雄滝・落差40m 分岐瀑
雌滝・落差15m 直瀑
薬研滝・落差6m 段瀑
滋賀県大津市志賀町北小松

琵琶湖沿いの国道161号線から北小松駅の横を通り比良げんき村方面へ向かいます。
げんき村を過ぎるとすぐに駐車場があり、楊梅の滝の入口に着きます。

楊梅02

ここからルートはいくつかありますが、渓流沿いの急階段の遊歩道を進むと、10分ほどで雌滝に到着します。

楊梅03

落差15mで左右二筋に分かれて落ちる滝ですが、この日はやや水量が多めかも?
それでも雌滝らしい優しい流れです。

楊梅04

楊梅05

続いて雌滝前を渡渉し対岸側から雄滝を目指します。
一瞬不安になるような急斜面を、木の根を足場にして登ります。
大抵の方が普通に登れると思いますが、不安な場合は尾根沿いの迂回ルートもあります。
しかしかなり遠回りで足場も良くない登山道なので、体力的にはなかなかハードだと思います。

楊梅06

雌滝横の急斜面を登り川の方を覗くと薬研の滝が見えました。
今回は行きませんでしたが、頑張れば滝前にも出られそうです。
名前のある滝は、雌滝・薬研の滝・雄滝の3つですが、駐車場から雄滝まで全てが小滝の連続のような急流でした。
そんな急流が続くという事は…、道も急坂が続くのも納得です。

楊梅07

薬研の滝から先には金属製の梯子が設置されているので、そこを上がると間もなく雄滝に到着します。

楊梅08

滋賀県一の落差を誇り水量も多く、やや複雑な形状の見応えある滝です。

楊梅09

滝壺から見上げるとかなりの迫力なのですが、他の方々も撮影には苦労しているようで、滝壺周辺はあまり自在に動き回れないうえに滝の落差が大きいので、なかなか上手くカメラに収めることが出来ません。
いいポイントはあるのですが、水飛沫で一瞬のうちにレンズが濡れてこうなります(泣)

楊梅10

滝の雄大さや迫力、優しさは写真では伝わらない!実際に自分の目で見て、水の音を聞き、水しぶきを浴びてこそ!というような話をよく聞きます。
逆に写真のほうが良い滝もあるにはありますが、やはり滝はその場に行ってこそですね♪

楊梅11

帰りは雌滝横の急斜面を降りるか、尾根伝いの迂回ルートにするか悩み後者を選びましたが、やはり距離のあるハードな山道で、前者を選択したほうが楽だったかも知れません。
こちらは迂回ルート途中にある東屋から遠望の雄滝です。

楊梅12

来訪日 2019年8月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック