fc2ブログ

元越大滝

元越大滝06

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

落差15m 分岐瀑

滋賀県甲賀市土山町大河原
滝の地図はこちら→ Google Map

最近は滝活の相方として定着しつつあるめぐちゃんと滋賀~三重方面に向かいました。
この周辺は中規模の名瀑揃いなのですが、沢登り主体だったりヒル多発地帯だったりでなかなか近寄り難いエリアです。
12月でもヒルに遭遇した例もあるので要注意(汗)

日野町方面から国道477号線(鈴鹿スカイライン)を東に進み、野洲川ダムを過ぎて1つ目の林道を右に入ります。
やがて行き止まりになるのでそこに駐車し、柵の先から廃林道をテクテク歩きます。
元越谷は沢登りで有名なので沢屋さんのレポートをよく見かけますが、林道から急斜面を降りても滝前に行けるようです。

元越大滝01

大きな堰堤の脇には無名滝が見えました。
鈴鹿山系はかなり水が綺麗で、透明で黄緑がかった独特の色をしています。
大峰ブルー・仁淀ブルー・阿寺ブルーなどは美しい青で有名ですが、この周辺は何か呼び方無いのかな?
そしてめぐちゃんが命名したのが“滋賀グリーン”
滋賀は県名やし~!しかもグリーンって!(笑)

元越大滝02

15分近く林道を歩くと分岐が現れ、橋を渡って右に進むと宮指路岳へ、滝へは左に進みます。
そこから更に15分ほど歩くと、右下の支流の谷に落差10mほどの仙ノ谷の滝がチラっと見えました。
杉林の斜面を適当に降りてみましたが、最後が崖になっていたので断念。
どこかから降りられると思いますが、あまり時間を掛けるのもどうか…と諦めました。
そこからまた15分ほど歩くと、左手の斜面の上の部分がそのままの形で落ちてきていました。

元越大滝03

その先から小規模の崩落がいくつか見られ、そろそろ滝への降下ポイントの気配♪
下の写真の左カーブの先から下の谷に小滝が見えますが、GPSで確認すると元越大滝よりもやや上流のようなので、左カーブより手前から降ります。

元越大滝04

この部分は比較的傾斜も緩く、ロープ無しで降下可能です。
そして小尾根伝いに直線的に降りて行くと、やがてマーキングが現れました。

元越大滝05

無事に沢に降りて上流側へ数10m遡行すると元越大滝が見えました。

元越大滝06

落差は20mも無いやや斜瀑気味の分岐瀑ですが、強さと優しさの両方を感じられてとてもいい~♪
高さ・幅・水量・分岐具合・岩のバランスがいいんでしょうね。

元越大滝07

元越大滝08

まだ朝も早くて日が差し込んでいませんが、このエリアの淡い色の花崗岩は昼間の日差しを受けると、水に濡れた部分が金色に輝きます♪
それを勝手に“鈴鹿ゴールド”と命名しました。
スズカゴールド?
なんか競争馬みたい(笑)
しかもG1を2つ3つぐらいは勝ってそう♪

来訪日 2021年12月


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント