FC2ブログ

文蔵の滝


文蔵1

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★★

落差10m 直瀑
和歌山県伊都郡かつらぎ町東谷

大阪と和歌山を結ぶ国道480号線。
つい最近まで細く険しい林道で、できれば避けたい道でしたが、長く立派なトンネルが開通して非常に走りやすい道になりました。
大阪側からだと2つ目のトンネルを抜けてすぐ左折、少し坂を登ると10台ほど停めれそうな無料駐車場があります。
そこから歩くこと2~3分、こじんまりとした神社らしきものが見えてきます。

文蔵2

鳥居の上にわずか見える白いものが滝ですが、この先に道は無い?どうやって行くの?
どうやら鳥居の左側を流れる小川に入るしか道は無さそうです。

文蔵3

画像ではトリックアートのように中央の岩が一番手前に見えなくもないですが、左右の岩が手前で中央の岩が奥です。
滝自体はこの場所からは見えませんが、簡単に言うと上から見るとC型になった筒に滝が流れ込み、Cの切れ目の部分から外に流れ出てるイメージです。
どうしても「足が濡れるのがイヤ!」という方はここまでで終わりですが、せっかくなので奥に進んでみましょう。
左の岩にロープが打ち付けてあり、それを伝って奥に入ることができます。

文蔵1

文蔵4

中は意外と狭く、ものすごい水しぶきです。
狭くて滝が近い為、広角レンズでもないと滝全体を捉えるのが難しそうなので、少し戻った川の中から撮ってみました。
規模は大きくないですが、特徴的でなかなか面白い滝でした。

文蔵5

この日は国道を挟んだ反対側にある三重の滝にも行きたかったのですが、台風災害により道路が通行止めだったので、またいつかリベンジします。

※話は変わりますが…
最近林道を走る機会が多くなったせいか、衝動で中古のジムニーを買ってしまいました。
マフラー替えて…足回り替えて車高を上げて…バンパー切って…あれもして…これもして…全て自力でイジっていきます。
ある意味「大人のおもちゃ」です(笑)

来訪日 2018年9月



にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する