fc2ブログ

権現の滝(仏主)

権現仏主07

迫力 ★★★
癒し ★★
アクセス ★★★★

落差20m 段瀑

京都府船井郡京丹波町仏主
滝の地図はこちら→ Google Map

上和知川沿いの府道51号線を北上し、和知青少年山の家を過ぎて仏主地区に入ると、やがて路線バスの転回場があり終点っぽくなります。
(実際には各方向に林道が続いています。)
そのまま少し直進すると、右手にゲートが開きっぱなしの林道入口があるのでそちらに進みます。

権現仏主01

400mほどで白い建物と案内板があり広くなっているので、その辺りに駐車します。

権現仏主02

その前の小さな橋を渡ると分岐になっており、右は長老ヶ岳への登山道、滝へは正面の権現谷方向に歩きます。

権現仏主03

歩き出して数分で、何やら“七色の木”なるものが現れました。
この木は1本のカツラの木に、スギ・ケヤキ・モミジ・フジ・カヤ・カエデの6種類が宿るというなんとも不思議な木だそうで、天然記念物にも指定されています。
ここでは滝よりもこっちが有名みたいです(笑)

権現仏主04

ちなみにこの七色の木の奥の方にも、それなりの大きさの滝がチラっと見えていました。
さて、ここから権現谷を進んでいくと少し遡行っぽくなってきますが、要所要所には鎖が設置されていました。

権現仏主05

七色の木から10分ぐらい進んだ所で沢は二股になり、右股に30m級の滝が見えました。
初めはこれが権現の滝?とも思いましたが、どうも違うっぽい…?
福井県の市野々不動滝によく似た滝でした。

権現仏主06

確信が無いまま、恐らく左に滝があるんだろう♪と左股を進んでいくと、所々に滝見道の残骸がありホッとしました。
以前は階段や鎖が設置された滝見道だったようですが、そのほとんどが崩れ落ちており、何度も渡渉をしながら軽い沢登りの要素もあるので、ちゃんとした靴やスパ長がいいと思います。
そして二股から25分で権現の滝に到着しました。

権現仏主07

右股にあった無名滝より落差は小さいですが、水量が全く違います。

権現仏主08

崩落気味の右岸には滝見道の残骸が見えるので、そこから上段へ~♪
下からだと2段の滝に見えますが、実際は間に小さくもう1段ありました。

権現仏主09

そこから見下ろした下段です。

権現仏主10

崩落が進んで滝見道の大半が消滅していますが、これと言った難所は無く、駐車場所から約45分。
楽しむには丁度いい滝見ができました♪

来訪日 2022年4月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: