fc2ブログ

布引三段滝

布引三段滝09

迫力 ★★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

落差150m 段瀑

三重県松阪市飯高町森
滝の地図はこちら→ Google Map

国道166号線から県道569号線へと南に曲がって蓮ダムを目指します。
森のホテルスメールへの交差点を過ぎて約250mの分岐を左に入って川沿いに走ると蓮ダム下で終点になり、その少し手前に平瀬橋と駐車可能な広場があります。

布引三段滝01

ここから平瀬橋を渡ってダム下流の右岸側に進みます。

布引三段滝02

橋を渡って左に少し歩くと杉林に入っていく道があります。
登山道の表示は無く杣道のような感じですが、迷岳への登山道として使われているようです。
急勾配の杉林の中を九十九折りに約40分ひたすら登るので、いきなりかなりの体力を消耗しました。
やがて少し開けた場所に出ると、中央にテーブルの様な石と、その奥に倒壊した小屋があります。

布引三段滝03

小屋の横から奥の道に入ると、そこからは平坦で平和な道が続きます。
思っていたよりも道は明瞭でマーキングがしっかりとありますが、部分的に道が崩れやや危険な箇所もあります。
道中には大崩落個所もあり、ここはほぼ水平に横切ります。

布引三段滝04

そして小屋横から20~30分で分岐目印の切株に到着しました。

布引三段滝05

直進すると迷岳への登山道で、その途中でコースから外れて降下すると三段滝の下段前にも行けますが、降下ポイントの判断が難しいように思います。
前衛滝も見たいので、ここは右に降りて遡行コースを進みました。
布引三段滝は前衛滝込みも見応えがあるそうで、北精進ヶ滝九段の滝の様なイメージです。
分岐を右に降りて沢を1つ渡渉し、あまり標高を上げないように西に進むと布引谷に到着しました。
ここからは三段滝を目指して遡行の開始です♪
この辺りで左岸の植林地を上まで登ると布引三段滝を遠望できる唯一の場所があるそうですが、この時点でそんな気力は有りませんでした(笑)

布引三段滝06

布引谷に下りてからはマーキングは見掛けなかったので、軽い渡渉もしながら歩けそうな場所を進みます。
前衛滝の前衛滝です。

布引三段滝07

そして約30分遡行すると、三段滝と前衛滝が突如現れました♪
デカいデカいとは聞いていたけど本当にデカい(笑)
公称落差は212mですが、前衛滝抜きで実際は120~150mと言われています。

布引三段滝08

他の方の全景写真と滝の流身や左岸の岩を見比べると3段全て見えているように思いますが、上段か中段のどちらかが隠れているようにも思え、実際のところどうなのかよく分かりませんでした。

布引三段滝09

ちなみに前衛滝は20mも無いと思います。

布引三段滝10

さてここから三段滝直下へと前衛滝を越える訳ですが、パッと見た感じでは登れそうには感じませんでした。
実際に進み出すと意外とグリップが効いてあっさりクリア出来ましたが、滑落の可能性もありなかなか危険です。
無理をせずに右岸から一旦登山道に戻って上を目指すという選択肢も頭に入れておいて下さい。
ちょうど“ホントにここ登るの~?思案中の図”があるのでそれでご説明します(笑)

布引三段滝11

眺めている方向にV字に切れ込んだルンゼがあり、まずはその右手から登り始めます。
登れる場所を選んで慎重に進むと、自然と少し右に流れて写真右端の岩壁の上に出ると思います。(ここまでが一番危険に感じました。)
そこから落口までちょうど人が通れる幅があるのでトラバースします。
その先は、先行者は難儀しながら左岸を巻いていましたが、若干水飛沫を浴びながらでも、写真中央の大岩まで落口上流を横切るほうが安全だと思います。
あとはチョチョイと進めば待望の滝前です♪
下段だけで落差は80mと言われており、爽快で豪快な大迫力の滝前です♪
写真は左岸の岩棚からかなり引きで撮っています。

布引三段滝12

着水点に大岩がある影響もあって物凄い水飛沫でした。

布引三段滝13

とても雄大で気持ちのいい水の飛び出し方なのですが、いつもスローシャッターじゃなく、時にはハイスピードで撮る事も覚えないとダメですね(笑)

布引三段滝14

帰りは来たルートを下るのは危険なので、右岸の斜面を登って登山道に復帰して下山します。
滝巡りを始めた頃に知りつつも、単独では躊躇していた滝。
数日前に滝の先輩方からお誘いがありつつも、仕事で参加出来なかった滝。
急遽訪れましたが大満足の滝見でした~♪

来訪日 2022年5月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント