fc2ブログ

常虹の滝

常虹の滝06

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

蛇歯見の滝・落差25m 分岐瀑
夫婦滝・落差15m 直瀑
不動滝・落差10m 直瀑
五色ヶ滝・落差6m 分岐瀑

富山県富山市猪谷
滝の地図はこちら→ Google Map

国道41号線の猪谷洞門の北から猪谷川沿いを西に曲がります。
道はすぐに分岐し、右は滝の上側入り口へ、左が下側の入口です。
写真はJRの橋脚下にある下側の入口駐車場です。

※長らく常虹の滝は立入禁止になっていますので、くれぐれもご注意下さい。
今回は自己責任のもと下側の入口から訪れましたが、遊歩道はかなり荒廃が進んでおり、特に五色ヶ滝の周辺などはかなり危険なトラバースが必要です。
もし訪れる際には上の入口からを推奨しますが、事故等が起きましても当ブログでは一切の責任を負いませんのでご理解願います。

常虹の滝01

下側の入口から荒れた遊歩道を進むと、まずは最下流の五色ヶ滝が見えます。
この辺りが一番崩落が多かったので、滝前までは行きませんでした。

常虹の滝02

そこから少し歩くと滝見橋があり、蛇歯見の滝・夫婦滝・不動滝を一望できます。

常虹の滝03

橋の両側もかなり崩れていましたが、残置ロープがあったので下に降りてみました。
水辺の石はかなり滑るのでご注意を。
まずは左に見えるのが夫婦滝です。
名前からして本来は二条の滝なのですが、余程の事がない限り二条にはならないようです。

常虹の滝04

その夫婦滝のすぐ上流にあるのが不動滝で、左岸側からだとよく見えます。
この不動滝の滝前に降りられたなら、夫婦滝の落口を大掃除すれば二条になるのかも知れません♪

常虹の滝05

そしてそれらの滝の右側にあるのが、ここのメインの蛇歯見の滝です。

常虹の滝06

常虹の滝はこの4つの滝の総称で、名前の由来は蛇歯見の滝に頻繁に虹が出るからだとか…。
この時は雨が降ってるかどうか?ぐらいの微妙な天気だったので、残念ながら虹は出ませんでした。

常虹の滝07

帰りはそのまま遊歩道を上がるとすぐに上の入口に出たので、もし訪れる場合は上からのルートが断然おすすめです。

この滝がある旧細入村は2005年に富山市と統合されました。
自治体の方針により遊歩道の整備などは放置されているようですが、旧細入村の住民により「常虹の滝を守る会」が結成され、独自に遊歩道の整備を進め復興を目指しているとの事です♪

来訪日 2022年6月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: