fc2ブログ

阿古滝

上多古24

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★

落差50m 直瀑

奈良県吉野郡天川村洞川
滝の地図はこちら→ Google Map

六字の滝から出合いまで戻って、今度は再び本谷を進みます。
この先も大岩だらけで更に傾斜がきつくなっていくので、ルートファインディングと体力が重要になってきます。
上多古本谷は洞門の滝から多治良淵までの巻きの連続が最も危険だと聞いていましたが、感覚的には六字の滝と阿古滝周辺が一番手こずりました。
やがて沢が分岐するので左の阿古滝谷に入り、またまた斜度のあるゴーロ帯をよじ登っていくと、遠目に高さのある岩壁が見えてきました。
これがゴールの阿古滝です。
ここまでゆっくり休憩や撮影をしながらで約8時間、思ったよりも時間が掛かってしまいました。
この滝は支流の源流付近になるので、水量もずいぶん減り静かな流れです。

上多古24

写真はこの1枚、しかもスマホ撮影です。
どうして…?
実は、この手前でいらん事をして、倒木の上から水中に滑り落ち、全身びしょ濡れでカメラも水没してしまいました…。
まぁまだ早い段階じゃないだけマシかな?(笑)

ここからの復路は上多古本谷右岸の阿古滝道を使って下山します。
阿古滝少し下の右岸のガレ場から尾根まで登ると、支流の滝の音が聴こえました。
その滝の上流で渡渉するとマーキングが現れます。
あとはマーキングに従って下るのみですが、2時間以上要します。
疲れ切った体にこの下りはかなり堪えました(泣)
ちなみに古い地図の尾根に沿う道は消滅しており、実際はそれよりも少し谷寄りの低い位置に道が続いているので、地図よりもマーキングを信じて進んで下さい。

上多古29

ちなみに水没したカメラですが…
作動自体は問題無さそうですが、レンズ内に湿気が入り完全に曇っていました。
カメラをバラしてレンズアッセンブリーで自然乾燥。
無事に復活しましたが、後日雨中の滝めぐりでご臨終する事になります(泣)

上多古25

来訪日 2022年8月

Camera / RICOH GR2 + K&F Concept ND2-32
Smartphone / AQUOS SH-RM15 + NEEWER ND2-400
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: