fc2ブログ

花房の滝

花房の滝02

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差19m 直瀑

鹿児島県霧島市牧園町高千穂
滝の地図はこちら→ Google Map

前日に訪れた手洗橋の滝の少し下流の滝です。
国道223号線の霧島高原乗馬クラブ近くの信号からでも行けますが、その少し先のエネオスの東側に旅行人山荘の案内が出ているので、そこから北に入って旅行人山荘を目指します。
旅行人山荘の駐車場に停めて遊歩道で滝まで行けるそうですが…。
実際は手洗橋の滝に向かった道の途中から上流側の遊歩道に入りました、少しでも歩く距離を短くしたいもので(笑)
上流側からの遊歩道は少し廃れていますが、観瀑台では何組かの人と会ったので、旅行人山荘からの遊歩道は綺麗に整備されているんだと思います。
観瀑台から滝までは若干距離があり少し葉隠れも…。
しかもこの日は滝に日差しが当たってギラギラで、逆に観瀑台周辺は木々に囲まれ暗いので写真になりません。
まぁ当初から直下を目指すつもりだったのでいいんですけどね(笑)

さて、滝壺へのルートですが、まずは観瀑台手前の左側に明瞭な踏み跡が見えたので進んでみます。
その奥で踏み跡は薄くなりながらもアチコチ色んな方向に続いているので、何度かウロウロしつつ沢まで降りる事が出来ました。
そこから滝がある上流を目指しましたが、これは水に入らないと進めな~い!
どっぷり水に入るか引き返すか少し悩んだ挙句、とりあえず引き返す事に。
そして適当に斜面を登るとすぐに観瀑台に着きました。
ウロウロと時間を掛けてさっき降りたのは何だったの?(笑)
さてさて、滝壺に降りた方のレポートには「斜面を降りる」とあるだけで沢を遡行するとは書いてなかったし…。
ふと観瀑台の右手を見ると、こちらにも明瞭な踏み跡が有りました。
ややトラバース気味に上流方向に真っ直ぐ下っています。
踏み跡が途切れた場所からは、崩落気味のガレ場を少し降りると再度踏み跡が復活!
そしてあっさりと滝壺に到着しました~♪
一度歩いて解ってしまえば簡単です、しかもこの地形なら観瀑台を経由せず上流側の入口付近から直接降りられるのかも?

花房の滝01

温泉成分を含んだ特有の水の色と褐色の岩盤、そして周囲の緑も元気いっぱいでとても綺麗です。
太陽直撃でただでさえギラギラしているのに、まだスマホを使いこなせず完全に白飛びしてしまいました。

花房の滝02

実質2日半の九州滝巡り、まだ若干の時間はありますが、夕方の飛行機に間に合うように福岡空港までのんびりと帰りま~す♪

来訪日 2022年9月

Smartphone / AQUOS SH-RM15 + K&F Concept ND2-32
Drone / DJI Mavic Mini + Kenko ND16
Develop / Adobe Photoshop 2022


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

非公開コメント