fc2ブログ

田岡谷大滝

田岡谷大滝04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★

落差45m 段瀑

和歌山県東牟婁郡北山村下尾井
滝の地図はこちら→ Google Map

大懸谷大滝への林道入口から国道169号線を西に1kmの左カーブの田岡谷橋が滝への入口で、その付近の路肩に数台駐車出来ます。

田岡谷大滝01

ここは下流から小滝→中の滝→大滝と続きますが、巻きがなかなか厄介なようなので、今回は大滝だけに絞って一気に巻き道で向かいます。
田岡谷橋から左岸の踏み跡を登りますが、途中から踏み跡は消えてかなり危険な急斜面のトラバースになりました。
もしかするとルートを見失ったのかも?(汗)
結果的に中の滝の落口上に降りたので、いつの間にかルートに復帰していたのかも知れませんが、久々にヒヤヒヤしました。

田岡谷大滝02

あとは美しい渓谷を上流に向かうと大滝に到着です。

田岡谷大滝03

個性的で繊細な分岐が特徴の美瀑ですが、さすがにこれは水量が物足りないかな?(笑)
でも紅葉と青空があるだけでも良しとしよう♪

田岡谷大滝04

水は綺麗だし虹も現れたのでOK~♪

田岡谷大滝05

大滝のすぐ右に滝らしきものがあったのでよく見てみると、落口に小屋の様なものが見え、そこから放水されていました。

田岡谷大滝06

「ん?あんな所に小屋があるという事は…もしかして道があるのでは?」
来たルートを戻るのも不安だったので、この放水滝の左側斜面を無理矢理登っていくと、しっかりした作業道に出ました♪
大滝だけが目当てならこの作業道を通って、取水小屋の先から斜面を降りるほうが安全かも知れません。
ただ、登りは木の根を頼りに攀じ登れましたが、降りる場合は簡易的にロープやスリングを使うのが無難だと思います。
作業道で帰っていくと徐々に谷から離れていくのが分かりましたが、快適な道なのでそのまま進むと、写真の少し右手から国道に出ました。
田岡谷橋から250mほど東の地点です。

田岡谷大滝07

正確なログは取っていませんが、大体のイメージで書いた今回のルート図です。

田岡谷大滝00

来訪日 2022年11月

Camera / OLYMPUS Tough TG-5
Smartphone / AQUOS SH-RM15
Drone / DJI Mavic Mini
Develop / Adobe Photoshop 2023


にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ちゃぴおブログにようこそ♪

ちゃぴお滝MAP

ブログ内で紹介している滝をGoogleマップに記しました。
 →こちらをクリック
名称未設定-1

プロフィール

ちゃぴお

Author:ちゃぴお
◇instagram◇
https://www.instagram.com/ochappyo/

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: