FC2ブログ

今福の滝

今福04

迫力 ★★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

総落差78m 滝群
京都府宮津市字喜多

金引の滝から南へ約2km、京都府一の規模を誇る滝です。
京都縦貫道の宮津天橋立I.C.そば、府道9号線から京都丹後鉄道の喜多駅に向かい、線路の下と京都縦貫道をくぐって東に進みます。
やがて獣除けのゲートがあるので、一旦開けて中へ入ると間もなく滝入り口に到着し、3~4台分の駐車スペースもあります。

今福01

今福02

今福の滝は一から七の7つの滝の総称で、落差78mというのも7つを1つとして見た総落差です。
メインとなるのは二の滝と三の滝で、その落差は40mあります。

入口を入ると遊歩道と言うよりむしろ登山道ですが、要所要所に案内板があり、五~七の滝を見るには道を右に逸れ少し遠回りする必要があるようです。
下流の滝はパスし道なりに進んで行くと、やがて四の滝が見えます。

今福03

そこから少し登ると、メインの三の滝の下に到着しました。
上には二の滝の姿も見えています。

今福04

この日の水量は多くはなかったのかも知れませんが、落差があり流れの美しい滝なので全く問題なく、むしろこれで充分とも言えます。
日本海側の丹後や若狭方面は雨が多いイメージだったのですが、意外と水量は豊かではないようで、この地域に大きな河川が無いというのも、その裏付けと言えるかも知れません。

今福05

今福06

三の滝からは向かって右側(左岸)から二の滝まで上がる事ができます。
横着して階段状になった岩場から登ろうかと考えましたが、濡れていてかなり滑るので危険です、素直に藪の中の踏み跡から巻いてください。
それでも急斜面でけっこう滑ります。
木の枝や蜘蛛の巣と5分ほど格闘しながら登ると、二の滝の前に出ました。
滝前は平らで広いスペースになっているので、あちこち動きながら存分に鑑賞する事ができます。
下からではわからなかったのですが、逆くの字に曲がって流れており、三の滝よりこちらのほうが落差がありそうでした。

今福07

今福08

再度三の滝まで降下してから登山道に戻り、次は一の滝を目指します。
途中で二の滝と三の滝の遠望ポイントがありましたが、滝の上に太陽があり綺麗に撮れませんでした。

今福09

ここで折り返す人が多いのか、この先から道が若干荒れていましたが、10分もかからず一の滝に到着しました。
二の滝や三の滝とはタイプの違う優しい滝で、下流のナメっぽい流れも綺麗です。

今福10

今福11

一の滝のすぐ上に橋が見えたので行ってみたところ、右に進めば入口まで降りられそうでしたが、地図を見ると少し遠回りになりそうなので、素直に来た道を降りる事にしました。
よく「こっちのほうが楽なんじゃないか?」という発想でルートに逆らおうとしますが、無理せず素直になる事が肝心ですね(笑)

来訪日 2019年10月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する