FC2ブログ
“滝”初心者ですが、身近な関西から徐々にエリアを広げ、各地の名瀑を堪能したい!
迷滝
迷滝06

迫力 ★★★★
癒し ★★★★
アクセス ★★★

落差80m 分岐瀑
奈良県五條市大塔町篠原

国道168号線から林道に入り宮の滝経由、又は県道235号線で東へ向かいます。(お勧めは林道ルートです)
この2つの道は宮の滝の先で合流した後すぐに二股に分岐するので、右の道に入って舟の川沿いの林道をしばらく走ります。
道は細くてやや荒れていますが、普通車でも問題なく走れると思います。
やがて「山火事注意」の幕が掛かった広場に出るのでそこに駐車し、対岸の廃林道に入っていくのですが、いきなり道の上を流れる川を渡る事になります。

迷滝01

迷滝02

水が少なければ何とかなりそうですが、この日の水量だと15cm以上の深さがありました。
この先はトレッキングシューズ向きの道ですが、ここだけは靴を履き替えるか裸足が良さそうです。
場合によっては車で渡って対岸に駐車するのもいいかも知れません。

ここからは日裏谷に沿って廃林道を1時間強ひたすら歩きます。
全体的に勾配が緩めなのが救いですが、小さいものを入れると道が10か所以上崩落しており、そのうち5か所ほどはかなり危険な状態です。
足場を選んで慎重に進めばすんなりクリア出来ますが、万が一の時は数十メートルぐらい滑落しそうです。
一番初めに現れる崩落場所がなかなかハードなので、ここで危険を感じた場合は引き返すほうがいいかも知れません。

迷滝03

廃林道を進んで行く途中で迷滝を遠望できる所が2箇所ほどあり、感覚的には道程の1/3と2/3ぐらいの地点なので、どれぐらい進んだかの目安になると思います。

迷滝04

いくつもの崩落地を越え、休憩無しなら約1時間ほどで林道終点に到着します。
終点周辺には錆びたドラム缶や一灯缶、ワイヤーやトタンが所々に転がっており、まだ林道が生きていた頃の残骸だと思います。

それまでにもいくつか枝沢を渡っていますが、林道終点にも支流の沢が横切っています。
終点からそのまま真っ直ぐ枝沢を越え、その先の踏み跡を辿って行くと、やがて河原に出るので適当な所で渡渉します。
そこから左岸を上がって行くと迷滝なのですが、直下には20m級の前衛滝があるので、林の中を巻いて上がったほうが断然楽で安全です。
明確な道はありませんが、ほぼどこでも歩けるので、谷から離れ過ぎず近付き過ぎず進んで下さい。

迷滝05

下流の滝を左手に見ながら進んで行くとすぐ、断崖に囲まれつつも縦横に大きく開けたスペースに出て、迷滝が目前に姿を現します。
高度のある岩壁から落ちる雄大な分岐瀑です。
元々水量は多くはない滝ですが、そのスケールと迫力に圧倒されます。

迷滝06

落ち口の大きな岩が滝の流れを2つに分け、さらに下部では複雑に分岐していく特徴的で優しい流れです。
そしてその幾重にも分岐した流れは、目の前を斜めにカットしていくような流れとなって収束し、下流へと続いていきます。

迷滝07

迷滝08

左右の流れは落口からもっと前方に向かっているのかと思っていましたが、よく見ると横方向へ流れ落ちていました。
滝を横から見ると良くわかりますが、大岩の表と裏に分かれて流れ落ちる感じです。

迷滝09

迷滝10

滝前は上下左右と比較的自在に移動できますが、上に80m下に20mの急斜面が広がっているので、徐々に平衡感覚が麻痺しそうになります。
分岐した左右の流れの間や滝の向こう側にも行ってみたかったのですが、この日は意外と水量があったので断念しました。

この滝は山桜・青空・紅葉・雪、どれでも似合うので、季節ごとに何度も訪れる方もおられるようです。
個人的には空の青と木々の緑と滝の白の組み合わせが好きなので、途中から青空が広がってきたのでラッキーでした。
朝から昼前ぐらいまでは滝の約半分に影が出来てしまうので、訪れるなら昼前ぐらいに到着するのがベストだと思います。

迷滝11

来訪日 2019年7月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

不易の滝
不易01

迫力 
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差40m 直瀑+潜流瀑
長野県木曽郡木曽町三岳

こもれびの滝から少し上がった所にある滝ですが、遊歩道は土砂や倒木で荒れていて、まだほとんどが補修工事中でした。
これも数年前の御嶽山の噴火の影響でしょうか?
それでも10分ほどで問題無く滝前の東屋まで行く事ができます。
意外と大きな滝ですが、東屋からでは見るアングルが限られてしまうので、少々危険ですが河原まで降りてみました。

縦横に広がる岩盤の所々に大きな孔が開いており、岩の隙間から無数の滝が滲み出している潜流瀑で、周りの木々とも相まって幽玄な雰囲気です。

不易02

不易01

水量が多い時には中央付近に直瀑が現れるそうですが、この日も岩盤の一番高い所から、薄っすらと直瀑らしきものが落ちているのが見えました。

不易03

来訪日 2019年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

こもれびの滝
こもれび06

迫力 ★★
癒し ★★★
アクセス ★★★★★

落差15m 段瀑
長野県木曽郡木曽町三岳

国道19号線から県道20号線及び473号線を走り、御嶽山の油木美林遊歩道を目指します。
6月下旬ですが山頂付近には雪がまだ残っているのが見えました。
遊歩道入口には数十台は駐車可能な大きな駐車場があり、その脇に不易の滝入口の案内板があるので、ここから歩いて奥へと進みます。

こもれび02

不易の滝の手前にこもれびの滝があり、遥か先にあるのが百間滝ですが、百間滝までのルートは崩壊して通行止めになっていました。
こもれびの滝には数分で到着しますが、ウッドチップが敷き詰められた遊歩道は柔らかいのにしっかり踏み応えがあり、やみつきになりそうな脚に優しい感触です。
よく競馬の調教で脚元の弱い馬にはウッドチップコースを使いますが、なるほどこういう事かぁ!と納得しました。

こもれび03

滝前に到着すると、清涼感いっぱいの美しい渓流の奥に、小さいながらも存在感のある滝が流れていました。
訪れたのは夕方前でしたが、午前中などは滝名どおり木洩れ日が映えると思います。

こもれび04

こもれび06

滝の中段にも行けますが、後ほど寄ろうと思い先に不易の滝に向かったので、そのまま忘れてしまいました。

来訪日 2019年6月



200.jpg
滝のリンクサイト制作中です

にほんブログ村 旅行ブログ 日本の秘境へ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用